結婚は親でも世間でもなく当事者が決めるもの――という常識は日本から消えてしまったのでしょうか。
 
秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚問題がまたクローズアップされています。小室圭さんが母親の借金問題について「声明文」を発表したことがきっかけです。
 
母親の借金と子どもの結婚はまったく別の問題です。親が借金トラブルをかかえていれば子どもは結婚できないという理屈はありません。
 
400万円の借金があるといっても、借用書もないし、母親が婚約者から婚約中に受け取っていたお金です。しかも、婚約者は自分のほうから婚約解消を申し出ています。
そして、小室さんの婚約内定が発表されると、元婚約者は週刊誌にこの“借金”のことをしゃべり始めたのです。
元婚約者はお金を返してほしいだけだと言いますが、だったら週刊誌にしゃべったりせず、裁判に訴えるなどすればいいのです(裁判はまったく勝ち目がないでしょうが)
 
ところが、週刊誌に限らずさまざまな報道は、元婚約者への批判はいっさいせず、借金トラブルは小室さん母子が解決するべきだという論調になっています。
こうした報道の背後には、宮内庁や政府の意向があると思われますが、国民のほとんども乗っかっています。
つまり国民の大多数はこの結婚に反対のようです。
 
 
反対の理由は想像できます。この結婚は極端な“格差婚”だからです。
小室圭さんは早くに父親を亡くし、母子家庭で育ちました。母親はケーキ店に勤め、圭さんもアルバイトをして家計を助けたそうです。国際基督教大学を卒業後は銀行に勤め、婚約内定発表のときは法律事務所勤めでした。典型的な庶民の家柄です。
圭さんは在学中に「海の王子」に選ばれるなどしてイケメンですが、チャラ男のイメージもあります。
そういうことすべてが皇族の眞子さまの結婚相手にふさわしくないと思われたのでしょう。
しかし、「家柄が違いすぎるからこの結婚はだめだ」とは言えないので、「母親に借金トラブルがあるからだめだ」と言っているわけです。
 
しかし、「母親に借金トラブルがあるから子どもは結婚してはだめだ」という理屈があるはずはなく、どちみち理不尽な反対理由です。
 
結局、あまりにも反対が強いために昨年2月に結婚延期が発表され、小室圭さんは海外留学に出ました。
このまま破談になりそうな流れでした。理不尽なことですが、眞子さまが皇族という事情もあり、「昭和枯れすすき」風に「世間に負けた」というところかと思っていました。
 
ところが、今回小室圭さんが声明文を発表したということは、小室圭さんはまだ結婚する気だということです。
小室圭さんは眞子さまとも連絡を取っているはずなので、眞子さまも結婚する気と思われます。
「世間知らずの女性が一時的にチャラ男に熱を上げた」ということではなくて、2人は試練を乗り越えていたのです。
「ロメオとジュリエット」のように障害がさらに恋を燃え上がらせたのかもしれません。
 
こうなると若い2人を応援したくなりそうなものですが、世間というかマスコミはそうなりません。
小室圭さんの声明文にいちゃもんをつけ、元婚約者の反論を報じていますが、元婚約者の言い分はまったく信用できません。
 
たとえば婚約破棄について、小室圭さんは声明文でこう書いています。
 
 平成249月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。母は、突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。
 
これに対して元婚約者は、婚約解消の理由について、「度重なる財布扱いに嫌気が差したから」とあちこちのメディアで語っています。
しかし、財布扱いがいやなら、財布の口を締めればいいだけの話で、これは婚約解消の理由になりません(しかも、この言葉は貸付でなく贈与であったことを暗示しています)
両者の言い分を比べれば小室さん側に軍配が上がるはずですが、マスコミは元婚約者を批判することはいっさいせず、問題を解決しない小室さん側が悪いの一点張りです。

 
一流大学を出て一流企業に勤める家柄のいい男が眞子さまにふさわしいというのが世間の考えかもしれませんが、そんな男よりチャラ男のほうが好きという女性もいます(あくまで一般論で、小室圭さんがチャラ男だというわけではありません)
いずれにせよ結婚相手は自分で選ぶものです。
 
また、秋篠宮さまが誕生日の記者会見で「多くの人がそのことを納得し喜んでもらえる状況にならなければ、私たちは婚約に当たる納采の儀を行うことはできません」と述べられたことも、世間は重く受け止めているようです。
しかし、父親が娘の結婚に反対するのはよくあることです。「かわいい娘がよその男に盗られる」という心情でしょう。
普通こうした場合は、周りの人間がみんなして父親を説得するものです。
 
「父親の反対」や「家柄の違い」で結婚できない若い2人がいたら、なんとかして結婚させてやりたいと思うのが人情というものです。
「借金トラブル」を理由に結婚をつぶそうという人に人情はあるのでしょうか。