2212059_m

菅義偉首相が日本学術会議の提出した105人の新会員推薦名簿を「見ていない」と言ったのには、誰もがびっくりしたでしょう。
菅首相が見たのは、6人が除外された99人の名簿だというのです。ということは、6人を除外する判断は菅首相以外の誰かがしたことになります。

菅首相は6人の任命拒否をしたことについて「総合的で俯瞰的な活動を確保する観点から判断した」「前例を踏襲してよいのか考えてきた」と言っていたので、どう考えても、自分で判断したという意味です。

前の発言とあからさまに矛盾しているだけではなく、学術会議は首相に対して105人の名簿を提出したので、首相に渡った名簿が99人だったら文書の改ざんになるという指摘や、学術会議の推薦に基づかず任命したのなら法律の規定に反するという指摘があります。

菅首相がなぜ混乱を招くだけの発言をしたのかというと、日本学術会議という地味な組織の人事にちょっと手を出しただけのつもりでいたら、思いもかけない批判の集中砲火を浴びたので、つい「やったのは僕じゃない」と言い訳してしまったのでしょう。

105人の名簿を見ていないというのは、嘘ではないかもしれません。部下が6人を排除する判断をして、菅首相は口頭で説明を受けて、99人の名簿にハンコをついたということは考えられます。

しかし、どんなことがあったにせよ、任命権者は首相なのですから、すべての責任は首相にあります。
責任逃れのようなことを言うのは卑怯と言うしかありません。

首相が責任逃れをすると、その責任は部下に行ってしまいます。
今後、首相に知らせずに勝手に決裁したなどということで誰かが詰め腹を切らされるかもしれません。

菅首相は「反対する官僚は異動してもらう」と公言し、実際反対意見を述べた官僚を左遷してきました。
「官僚の責任は問うのに、自分は責任逃れか」と思いましたが、菅首相としては「すべては官僚の責任」ということで一貫しているのかもしれません。


菅首相が政府に反対する学者6人の任命拒否をしたときは、反対意見を聞こうとしない狭量な人間だなと思いましたが、名簿を見ていないと発言したことで、部下に責任を押し付ける卑劣な人間だということになりました。


今の政治の世界は、右翼対左翼、改憲対護憲といったことにあまり意味はなく、ではなにに意味があるかというと、政治家の人格(パーソナリティ)です。
アメリカ大統領選のトランプ対バイデンにしても、政策の争いというより人格の争いになっています。
もちろん人格のあり方は最終的に政策に反映されます。

政権が変わって、安倍応援団はそのまま菅応援団になりました。
菅応援団は、菅首相の6人の任命拒否を正当化しようとして、デマを流したり、日本学術会議を攻撃したりしています。
菅応援団は、自分たちがどういう人間を応援しているのかよく見極めたほうがいいでしょう。