村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

カテゴリ: 大津市イジメ事件

最近ネットを騒がした話題といえば、河本準一さんの母親についての扶養義務違反問題と、大津市の中学校でのイジメ事件ですが、このふたつには共通点があります。
それは、どちらも親子関係に問題のある可能性があるのに、誰もがそのことをスルーしているという点です。
 
河本準一さんが母親に十分な仕送りをしていないというと、親子関係に問題があるのではないかと思うのが普通の発想です。河本さんの場合は、「一人二役」という母親についての本を出したり、オカン話を得意のネタにしていたりという事情がありましたが、それだけで親子関係は良好だとは判断できません。亡くなってもいない母親のことを本に書くというのは、母親に対するアンビバレントな思いがあるからかもしれませんし、最近は母親とほとんど連絡も取っていないということです。家族関係が悪いことを公言する人はまずいませんから、外からはなかなか判断がつきません。
 
実際のところはわかりませんが、もし親子関係がよくないなら、扶養義務違反ということが成り立たなくなり、全部の主張が無意味になってしまいます。しかし、誰もが親子関係は良好だという前提に立って主張しているのが、なんとも奇妙なところです。
 
 
大津市の中2男子生徒が自殺して、イジメが原因ではないかと騒がれている事件も同じです。中学生が自殺したら、その家庭はどうだったのかということを誰でも真っ先に考えるはずです。
もっとも、この場合は自殺した子は学校でイジメを受けていたということで、それも自殺の一因と考えられます。
もちろんあくまで「一因」です。いくら学校でイジメを受けていても、家庭での生活が楽しければ死ぬはずはないからです。
 
ところが、今のところ報道や世の中の反応を見ると、自殺の原因はイジメがすべてであるかのようになっています。
なぜそんなことになるのかと考えてみると、ひとつには犯罪被害者遺族との混同があると思われます。
たとえば通り魔事件などで人が死ぬと、その犯罪被害者遺族にはまったく罪がありませんから、遺族の心情を持ち出して犯罪を非難するということが行われます。今回も同じ図式が当てはめられて、遺族の心情を持ち出してイジメを非難するということが行われているわけです(もちろんこの事件は自殺ですから、自殺した子の遺族にまったく罪がないとはいえません)
 
それともうひとつ、自殺の原因をイジメに特化することで、家庭の問題から目をそらしたいと思う人がたくさんいることも理由だと思います。
つまり、自殺した子の家庭では、子どもがイジメられていることに気づかず、自殺するほど悩んでいることにも気づいていなかったわけですが、こうしたコミュニケーション不全の家庭はいっぱいあるに違いありません。そして、そうした家庭の親は、この問題に光が当たると都合が悪いので、半ば無意識に家庭の問題よりもイジメの問題を重視するのでしょう。
 
もちろんイジメはよくないことですし、学校や教育委員会の対応もひどいものです。しかし、子どもが自殺する家庭はもっとよくないのではないでしょうか。
イジメをなくすこともたいせつですが、親と子のコミュニケーションをよくすることのほうがもっとたいせつです。
イジメをなくすといっても、完全になくすことはできません。むしろイジメはあるという前提で、親子のコミュニケーションをよくすることに力を入れたほうがよい結果になると思われます。
 
また、子どもに十分な収入があるのにその親が生活保護を受けているというケースがあれば、扶養義務を強要して終わりにするのではなく、親子関係に問題はないのか検証し、もしあればその原因を明らかにしていくほうが国のためになります。
家族関係こそが国の基礎をなすものだからです。

子どもが自殺したら、親はどんな育て方をしていたのだろうということを誰だって真っ先に考えるはずです。ところが、そのいちばん肝心なところがすっぽりと抜け落ちたまま議論がどんどん先行しているのですから、まったく異常事態というしかありません。
自殺した子どもの家庭環境をなぜ報道しないのかと前回のエントリーで書きましたが、ようやく報道がありました。
 
 
大津自殺少年 祖父母から金盗み「悪い友と交際ない」と手紙
 
 滋賀県大津市で昨年10月、当時中学2年生だったAくん(享年13)は、14階建ての自宅マンションの最上階から飛び降りて、自ら命を絶った。その直後、Aくんの自殺について、学校が全校生徒に実施したアンケートでいじめが発覚した。
 
 しかし、大津市教育委員会は「いじめと自殺との因果関係は判断できない」と主張し、昨年11月に調査を打ち切っていた…。
 
 卓球部に所属していたAくんは、後輩の面倒見もよく、クラスでもムードメーカーだったという。祖母の作った卵焼きが大好物で、祖父母思いの優しい子でもあった。
 
「おばあちゃんは体調が悪くて、ほとんど寝たきりの生活なんですが、Aくんは、“おばあちゃん、つかまりや。男やから、強いんやで”といって、トイレにも連れて行ってあげて。服を脱いだり着たりするのまで手伝ってあげていたそうです」(Aくん一家の知人)
 
 だが、昨年の夏休みが終わったころから、突然、Aくんは仲良しグループの生徒たちからいじめられるようになり、やがて金銭も要求されるようになっていったという。初めは、自分の口座からお金を引き出し、いじめた生徒たちに渡していた。額は12万円以上にも及ぶ。
 
 それを不審に思った父親は、学校の担任教諭に2回にわたって相談した。だが、結局、その理由はわからず、Aくんを問い詰めても、「ゲームに使った」というのみだった。
 
 次第にAくんの口座も底がつき、今度は、祖父母の家からお金を盗んで渡していたという。
 
「お父さんはAくんを頭ごなしに怒ってね。“お金を何に使ったんや?”って。Aくんはただ泣くばかりだったそうですよ」(前出・知人)
 
 盗んだ理由を決して語ろうとはしない息子に対して、父親は祖父母宛てに謝罪の手紙を書かせたという。そこにはこんな文章が書かれていた。
 
<おじいちゃん、おばあちゃん、お金を盗ってごめんなさい。僕は悪い友達とは付き合っていません>
 
「もし、いじめのことを明かしたら、いじめっ子たちに何をされるかわからない、そんな恐怖もあったでしょうが、おじいちゃんおばあちゃんに心配かけたくないという思いから、そんな文面になったんでしょうね。Aくんの思いもですが、それを書かせることになってしまったお父さんの気持ちを考えると切なくて、切なくて…。いまにして思えば、お金がなくなったのは“いじめのサイン”。あの時に気づいて、もっといろいろ動いておけばと、お父さんは後悔してもしきれず、いまも自分を責めているんです」(前出・知人)
 
※女性セブン2012726日号
 
 
だいたい想像の通りです。学校でイジメられていることを父親は理解していなかったのです。逆に、お金を持ち出すのはなにか悪いことに使っているのだろうと決めつけて、子どもを責めていたというわけです。
謝罪文の中に「僕は悪い友達とは付き合っていません」とあるのが一見不可解ですが、想像するに、子どもは父親に「悪い友だちにお金をゆすられてるんだ」と本当のことを話したのに、父親は「人のせいにするな」と言って信じなかったために書かされたものでしょう。
また、『学校側は、9月に父親から男子生徒の金遣いについて2回にわたり相談を受けたが、父親が「息子には言わないでほしい」と話したため、調査しなかった』という報道がありましたが、それも納得がいきます。
それにしても、父親が子どもに隠れて担任と会っているというのは、子どもにとっては不気味なことです(そういうことは察せられるものです)
 
ともかく、子どもにとっては、学校では同級生にイジメられ、家では父親に責められるということで、どこにも救いがなく、それで自殺したのでしょう。
ですから、子どもの自殺には、学校でのイジメと、家庭内での問題と、ふたつの理由があったということになります。
 
これは当たり前の認識ですが、マスコミや世論は圧倒的に学校でのイジメだけを自殺の理由としているようです。これはあまりにも異常なことといわねばなりません。
 
この点に関しては、沢村憲次教育長は一貫してイジメ以外の自殺原因を示唆していて、ゆるぎません。自殺した少年の父親に問題があることを認識しているからでしょう。
 
 
大津いじめ自殺:因果関係断定できぬ、教育長認識変わらず
毎日新聞 20120712日 2234分(最終更新 0713日 0305分)
 
 大津市教委の沢村憲次教育長は12日、報道陣の取材に応じ、男子生徒の自殺原因について「さまざまな要因が考えられる。私どもの認識そのものは変化していない」と語った。この日午前の会見では「いじめが要因の一つ」と発言していたが、改めて真意を問われ、いじめと自殺との因果関係は断定できないとする従来の姿勢を示した。
 
 また自殺した生徒が生前、「泣きながら担任に電話をしてきた」とする在校生アンケートの回答について、「電話内容の詳細はプライバシーの問題があり言えないが、家庭内のことと聞いている」とした。
 
 警察による強制捜査については、「背景には学校内でのいじめもある」としながらも、「亡くなったお子さんが家庭内でどんな環境に置かれていたのか、家庭内で何が起きていたのかということも、背景調査で明らかになるのではないか」と述べ、自殺にはいじめ以外の要因もあるとの見方をにじませた。【千葉紀和】
 
 
もっとも、学校でのイジメも自殺理由のひとつであるはずですから、沢村教育長がその点についてほとんど謝罪する様子がないのも異常です。
 
つまり、自分の問題は棚に上げて学校ばかり追及する父親と、学校でのイジメは棚に上げてもっぱら家庭の問題を自殺理由にする教育長ら学校側と、どちらも異常であり、その異常の中で少年は自殺したのです。

大津市の中2男子生徒自殺事件についての騒ぎがますます拡大していますが、よくもまあ的外れの議論ばっかりできるものだと感心してしまいます。
誰もが肝心のことに触れようとしないのです。
これは「現代のタブー」ないしは「人類最後のタブー」というべきものでしょうか。
 
「週刊新潮」は「『いじめ自殺』加害生徒たちの家庭環境」というタイトルの記事で「母がPTA会長」「父が京大医学部卒」といったことを書いています。さすがに「週刊新潮」は読者のニーズに応えています。しかし、コンビニで立ち読みしてみましたが、私が知りたい肝心のことは1行も書いてありませんでした。
 
そもそもは中2男子生徒が自殺し、イジメが原因であるとして親がイジメたとされる同級生3人と保護者、市を相手に損害賠償を求めて提訴したことが始まりです。市側は最初、イジメはなかったとしていましたが、のちにイジメは認めたもののイジメと自殺の因果関係を否定して、争う姿勢を見せました。これに対して、イジメ隠蔽であるとして市側を批判する声が高くなり、越直美市長は「イジメがあったから亡くなったと思っている」と因果関係を認め、「和解したい」と述べました。しかし、教育長の考えは違うようで、混乱しています。
 
自殺との因果関係判断できぬ 大津市教育長主張変えず
 
 大津市で昨年10月、中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺し、いじめとの関連が指摘されている問題で、越直美市長が因果関係はあるとして訴訟での和解の意向を示したことに対し、澤村憲次教育長は11日、「いじめと自殺との因果関係は判断できない」と述べ、従来の市教委の主張が変わっていないことを強調した。市と市教委の認識のずれが、あらためて浮き彫りになった。
 
■市長との認識のずれ浮き彫りに
 
 越市長の意向について、澤村教育長は「(和解の意向は)直接聞いていない」とし、「市長がそう判断したと受け止めるしかない」と繰り返した。因果関係が判断できない理由は「他にもいろんな要素が考えられる」としたが、具体的な内容は明かさなかった。
 (後略)
20120711 1600分】
 
市長と教育長の考えが食い違っているのはもちろんいけませんが、越市長の考えにはおかしなところがあります。イジメと自殺の因果関係を認めたのはいいのですが、因果関係というのは「ある・なし」みたいにデジタルなものではないのに、まるで100%認めてしまっているようだからです。
イジメと自殺の因果関係というのは、「全面的にある」と「全面的にない」を両極端として、実際には「少しある」「中程度にある」「かなりある」のようにグラデーションとして分布する中のどこかになります。これは当たり前のことですが、どのマスコミもわざとか無意識にか、このことをごまかしています。
そういう意味では、「他にもいろんな要素が考えられる」と語った澤村憲次教育長のほうが、この点については正しい認識を持っていることになります。「具体的な内容は明かさなかった」というところも意味深です。
 
当然のことですが、人間はつねに総合的に判断して行動しています。昼飯になにを食べるかということにしても、総合的に判断して決めます。自殺するときも同じです。あらゆることを考えた末、まったく希望がないと判断したときに自殺するのです。
 
この事件の場合は、中2男子生徒です。この年齢の子どもは、家庭と学校が生活の場のすべてといっても過言ではありません。家庭と学校では、睡眠時間を含めると家庭ですごす時間のほうが圧倒的に多いはずですし、家族関係の重要さもいうまでもありません。
ですから、この年齢の子どもが自殺したら、家庭環境と学校環境の両面から自殺の原因を探らなければなりません。
常識的にいって、家庭環境に問題がなければ、学校環境に問題があっても、自殺することはないと思います。というか、まともな親なら子どもの様子を見て対処しますから、自殺にまでいたらせるということはありえないと思います。
 
自殺にまでいたったということは、家庭環境もまともでなかったと推測できます。つまり、校内イジメと家庭内イジメの両方に自殺の原因があったという可能性があるのです。
 
交通事故では「過失相殺」という考え方があります。子どもの自殺の原因を校内イジメに求めた民事訴訟も、この過失相殺という考え方によって判決がくだされる必要があります。たとえば判決文は、「校内でイジメがあったのは事実だが、家族関係の問題も自殺の大きな原因となったと推測できるので、よって損害賠償額は……」というふうになるべきです(ほんとうは親が学校を訴えるというのがおかしいのです。自殺した子どもの“真の代理人”が親と学校の双方を訴えるというのが正しい訴訟のあり方です)
 
では、自殺した男子生徒の家庭環境がどうだったのかということですが、これについては、私の知る限りまったく報道がありません。テレビに祖父が出てきて(顔は見せずに)語っているのを見たぐらいです。近所の人があの親子関係はどうだったとかいう証言をすることもありません。イジメた生徒の家庭環境は「週刊新潮」などが報道しているのですから、自殺した生徒の家庭環境について報道がないのはあまりにも偏った報道です。
最低限、自殺した子どもの親は、自殺の前に子どもの態度になにか異常を感じていたか、学校でのイジメを把握していたかどうかなどを明らかにしなければならないと思います。これは同様の事件を防止するためにもぜひ必要なことです(父親は担任に会ってお金のことを相談したということですが、具体的にどんな相談をしたかも語ってほしいものです)
 
なぜこのように偏った報道になるのかというと、報道する側の多くの人も家庭に子どもがいて、なんらかの問題をかかえているからでしょう。つまり、その問題はあばきたくないのです。
 
子どもが自殺したとき、家庭と学校の両方に問題があるに違いないという当たり前の認識を、とりわけマスコミは持つ必要があります。
 
 
ところで、滋賀県警は11日夜、自殺した生徒が通っていた中学校と大津市教育委員会に家宅捜索に入ったということです。イジメやイジメ隠蔽を刑事事件として立件する可能性があります。
これは当然やるべきことです。しかし、それだけで終わらせず、自殺した生徒の家庭も対象にして、生徒が親から虐待されていたのではないかも捜査するべきです。
 
私は「自殺した子どもの“真の代理人”」という言葉を使いました。これは今のところ神のようなものと思ってもらっていいですが、将来的には公的機関として設立されるものだと思っています。ですから、今の警察も「自殺した子どもの“真の代理人”」として捜査し、真相を明らかにすることはできます。

201110月、大津市で中2男子生徒が飛び降り自殺した事件が話題になっています。事件直後に大津市教委が全校生徒を対象に行ったアンケートの内容が最近明らかになり、「自殺の練習」を強要されていたなどというショッキングなことが伝えられたからでしょう。
 
とはいえ、この手の出来事はよくあって、パターンが決まっています。
生徒が自殺する→親はイジメが原因ではないかと調査を要求する→学校側はイジメはなかったと主張する→イジメはあったとする証言や証拠が出てくる→学校側はイジメと自殺との因果関係はないと主張する→親は納得がいかないので学校や加害生徒の親を訴える。
 
こうした事件が起きるたびに、教師や学校や教育委員会は自己保身ばかり考えて、生徒のことなど考えていないということがよくわかります。
 
今回、伝聞の情報が多く報道されていて、冷静な議論ができない状況になっています。そこに市教委が「いじめた側にも人権があり、教育的配慮が必要と考えた」などと発言したために、火に油を注ぐ結果となっています。市教委は生徒への聞き取り調査をしない理由に「いじめた側の人権」を持ち出しただけです。そもそも市教委など教育する側が生徒の人権を認めているわけがありません。人権を認めたら、勉強を強要することもできなくなってしまいます。
 
多くの人々は、イジメの加害者側を非難し、隠蔽する学校や教委を非難します。つまり悪者探し、悪者叩きをするわけです。これはなにかの犯罪が起きたときと同じパターンです。このやり方では問題の発生を防ぐことはできず、また同じ問題が発生して、悪者探し、悪者叩きを繰り返すことになります。こういう人たちは死ぬまで同じことを続けていくつもりなのでしょう。
 
私はこういう場合、被害者側、つまりこの場合は自殺した中2男子生徒の立場に立って考えるようにしています。
これは当たり前のことですが、こういう発想のできる人はなかなかいないようです。
 
中2生徒はイジメのせいで自殺したというのが一般的な考え方でしょうが、実際はイジメだけで死ぬわけではありません。イジメられても、一方で救いがあれば死にません。八方塞がりになり、まったく救いがないと思ったときに死ぬわけです。
学校でイジメられたとき、親に相談して、親が親身になってくれれば死なないでしょう。たとえば、学校に掛け合ってくれて、加害生徒の親に談判してくれて、場合によっては転校させてくれるなどすれば、死ぬ必要はないわけです。
ところが、たいていイジメられた子は親に相談しません。おそらく相談しても、お前が悪いからだと説教されるだけで、なにもしてくれないと思っているからでしょう。
つまり、学校で生徒にイジメられ、先生も助けてくれず、親も助けてくれない。まったく救いがないと思ったときに死ぬのです。
ですから、こういう場合、自殺した生徒の親が加害生徒の親や学校を訴えることには多少の疑問があります。親はいちばん子どもを救うべき立場なのに救わなかったという“罪”があるからです(とはいえ、死んだ子どもは訴えられないので、代わりに訴えるのは親しかいませんが)
 
では、この中2生徒もそうだったのかというと、事情が違います。この親は子どもが自殺する前に行動を起こして、学校側と交渉しているからです。
 
転落死の中2男子 大津市教委、いじめを確認
大津市のマンションで10月、住人の市立中学2年の男子生徒(13)が転落死した問題で、大津市教委は2日、全校生徒への調査で、男子生徒に対するいじめが確認されたと発表した。男子生徒は死亡の約1カ月前から同級生数人に殴られ、死んだハチを食べさせられそうになったり、ズボンをずらされたりするなどしていたという。学校側は父親から相談を受けていたが調査せず、死亡前にいじめを把握していなかった。
(中略)
また、学校側は、9月に父親から男子生徒の金遣いについて2回にわたり相談を受けたが、父親が「息子には言わないでほしい」と話したため、調査しなかったという。市教委の聞き取りでは、男子生徒が同級生から金品を取られるなどの事実は確認できなかった。
(後略)
 
このように子どものために親が行動して学校側と交渉するということは珍しいケースです。この場合、子どもが自殺するのがかなり不思議になってきます。
ただ、親は子どもがイジメられているという認識はなかったという報道もあります。「息子には言わないでほしい」と話したことについても、なぜかという疑問が残ります。
この父親は子どもを守る立場ではなく、教師と同じ教育的立場から子どもを見ていた可能性があります。たとえば、子どもが家のお金を持ち出したことを、イジメが原因ではなく、単なる盗みと見ていたのかもしれません。そういう視線で見られていれば、子どもは父親に相談する気になれないでしょう。
 
真相はわかりませんが、いっしょに暮らしている親が子どもの自殺を防げなかったという結果は事実です。死んだ子どもに口が利けたら、自分を理解してくれなかった親への恨みを口にしているかもしれません。
 
 
東京オリンピックのマラソンで銅メダルをとった円谷幸吉というマラソン選手がいます。まだ現役だった27歳のときに自殺しました。そのときの遺書が名文とされ、そこに記された感謝の心に感動したという人がたくさんいます。しかし、自殺する人にそんな感謝の心があるものでしょうか。私の理解はまったく違うのですが、ともかくその遺書を張っておきます。
 
 
「遺書」
 
父上様、母上様、
三日とろろ美味しゅうございました。
干し柿、もちも美味しゅうございました。
 
敏雄兄、姉上様、
おすし美味しゅうございました。
 
克美兄、姉上様、
ブドウ酒、リンゴ美味しゅうございました。
 
巌兄、姉上様、
しそめし、南ばんづけ美味しゅうございました。
 
喜久造兄、姉上様、
ブドウ液、養命酒、美味しゅうございました。
又いつも洗濯ありがとうございました。
 
幸造兄、姉上様、
往復車に便乗させて頂き有難うございました。
 
正男兄、姉上様
お気をわずらわして大変申し訳ありませんでした。
 
幸雄君、英雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、良介君、敬久君、
みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、幸栄君、
裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、
立派な人になってください。
 
父上様、母上様、
幸吉はもうすっかり疲れ切って走れません。
なにとぞお許し下さい。
気が休まる事もなく、
御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
 
幸吉は父母上様のそばで暮しとうございました。
 
 
円谷選手はメキシコオリンピックでのメダルを強く期待されていましたが、ウィキペディアの「円谷幸吉」の項目によると、椎間板ヘルニアを発症して手術を受け、かつての走りができる状態ではなく、また、婚約したのに「オリンピックのほうが大事」と考えるコーチによって破談に追い込まれたということです。
メダルを期待されても走ることができず、婚約も破談になったということで自殺した心境は容易に想像がつくでしょう。
 
で、そのように自殺した人がなぜこのように感謝の心を記した遺書を書いたのかということです。
感謝の心を持っている人は基本的に幸せな人だと思います。自殺するほど不幸な人に感謝の心があるとは思えません。
では、この遺書になぜ感謝の心が書かれているかというと、私が思うに、ここに名前をあげた人に後悔の念や良心の呵責を持たせるためではないでしょうか。
自分は死にたいほど苦しんでいるのに、周りの人はただメダルを期待するだけで、少しも自分の気持ちをわかってくれない。その恨みが心に満ちていたでしょう。
そして、その恨みを晴らすいちばんいい方法が、感謝の心を表現することによって相手に後悔の念や良心の呵責を持たせることだと思えたのでしょう。
 
もちろんいちばん恨んでいたのはコーチかもしれませんが、コーチの背後には全国民がいるわけです。
結局、恨みは自分をいちばん守ってくれていいはずの親族に向けられ、この遺書が書かれたのではないかと想像されます。
感謝の遺書ではなく恨みの遺書だというのが私の解釈です。
 
 
自殺した子どもの立場になって考えると、親や家庭がいちばんたいせつなことがわかるはずです。親がちゃんと子どもをささえていれば、学校でのイジメによって子どもが自殺することはないと思います。
 
私がこう書くと、これを根拠にして自殺した子どもの親を非難する人が出てくるかもしれませんが、それは悪者探し、悪者叩きであって、私が最初に否定したものです。誰かを非難して解決できることではありません。

このページのトップヘ