村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:その他結婚

新元号の発表と天皇陛下の退位の日が近づき、天皇制について考えるうちにつくづく思ったのが、「天皇制は男尊女卑の吹きだまりだなあ」ということです。
天皇家の人がそうだというより、政府、宮内庁、保守派、メディアにおける男尊女卑思想が天皇制に凝縮して押しつけられている感じです。
 
たとえば雅子妃殿下ですが、結婚後体調不良となり、適応障害と診断されました。
雅子さまは小和田家や外務省にいるときは元気そうで、ちゃんと仕事もしていました。結婚後適応障害になったということは、天皇家や宮内庁に原因があるのではないかというのが普通の発想です。
ところが、メディアはもっぱら雅子さまに批判的で、公務を休むのも雅子さまに原因があるかのように報じてきました。
「嫁は婚家のしきたりに従うべきだ」といった価値観があるとしか思えません。
 
それに、雅子さまは文字通りの“キャリアガール”でした。こういうタイプの女性は保守派から嫌われます。雅子さまが皇室外交に意欲的だということも、「皇室が外交をしたら政治介入だ。勘違いしているのではないか」などと批判されました。
 
皇太子殿下は2004年に記者会見で「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」という、いわゆる「人格否定」発言をしました。よほどのことがあっての発言と思われますが、結局この発言の背後のことはまったく明らかになりませんでした。
 
美智子皇后陛下は一時期失語症になられました。これもよほどのことがあったのでしょうが、なにがあったかまったく明らかになっていません。
 
 
そして、最近は眞子さまと小室圭さんとの婚約問題です。
 
小室圭さんの母親の元婚約者は、借用書もないのに約400万円の借金を返せと主張しています。4年間なにも連絡せず、圭さんの婚約内定が発表されると、借金を返せと言いだしました。それも小室家に直接言うのではなく、週刊誌に言ったのです。
この400万円は婚約中に援助したお金で、婚約解消は元婚約者のほうから言いだしました。本来なら慰謝料を払ってもおかしくないところです。しかも、週刊誌などから取材協力費を得ているはずです。
また、元婚約者が選んだ交渉の代理人は、個人的つきあいのあるジャーナリストでした。弁護士のような守秘義務のない人間を相手に交渉ができるでしょうか。
マスコミは小室家よりも元婚約者のほうを十倍ぐらい批判してもおかしくありませんが、現実にはもっぱら小室家が批判されています。
眞子さまと小室圭さんの結婚を阻止したい勢力のパワーがよほど強いのでしょう。
 
そうしたところに、佳子さまが大学卒業に当たりマスメディアに文書を公表、その中にこんなくだりがありました。
 
 姉が結婚に関する儀式を延期していることについてですが、私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています。
 また、姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています。今回の件を通して、情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています。
 
「結婚においては当人の気持ちが重要」ときわめてまっとうなことを言い、メディアのあり方にも的確な指摘をしています。
ここまで指摘されたら、マスコミもさすがに反省するかと思っていたら、週刊文春は「奔放プリンセス佳子さまの乱」、週刊新潮は『「佳子さま」炎上で問われる「秋篠宮家」の家庭教育』と佳子さまの批判記事を掲載、ネットにも佳子さまを批判する声があふれて炎上状態です。
 
「若い女性が世の中に対して自分の意見を言う」ということが許せないのでしょう。
 
 
「眞子さまと小室圭さんの結婚を阻止したい勢力」は実在します
保守派は女性天皇にも女性宮家にも反対です。そうすると、天皇の孫世代の男性皇族は秋篠宮悠仁親王だけで、女性皇族は結婚するとすべて皇籍を離れるので、最終的に皇族の存続は悠仁親王一人が担うことになります。これでは天皇制の存続が危機に瀕します。
そこで、「女性皇族を旧宮家の男性と結婚させて、男性を皇籍復帰させる」という案があるそうです。
 
私はこの案を聞いたとき、さすがにそんなことはないだろうと思いました。
「血統のために結婚させる」というのは、個人の意志をまったく踏みにじっているからです。
ところが、安倍首相は3月20日の参院財政金融委員会で、安定的な皇位継承を実現する方策に関して「旧宮家の皇籍復帰も含めたさまざまな議論があることは承知している」と言いました。
安倍政権や保守派は現実的な案として考えているのかもしれません。
そうすると、眞子さま、佳子さまは格好の“ターゲット”になります。
そう考えると、今起きていることがよく理解できます。
 
眞子さまを旧宮家の男性と結婚させるためには、とりあえず小室圭さんとの結婚を阻止しなければなりません。そのため借金トラブルを大げさに取り上げているのです。
そもそも眞子さまが「自分で結婚相手を選んだ」ということも許せないのでしょう。
佳子さまが「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています」と意見表明したことも許せません。
 
佳子さまの「結婚においては当人の気持ちが重要」という意見を批判する論理は、「公」より「私」を優先するのは皇族として許されないということと、(眞子さまの結婚に反対の)父親の秋篠宮さまの気持ちを踏みにじるのは許せないということです。
眞子さま、佳子さまが皇族であるのをいいことに、戦前の価値観で当人の意志を踏みにじっています。
 
そもそもは女性天皇、女性宮家を認めないというのが「男尊女卑」で、今では成り立たない考えです。
むりに成り立たせようとするので、眞子さま、佳子さまの意志を踏みにじることになってしまいます。
 
それにしても、「結婚においては当人の気持ちが重要」という意見を公然と批判する人たちがいるのにびっくりです。

前回の記事で私は「小室圭さんは眞子さまとも連絡を取っているはずなので、眞子さまも結婚する気と思われます」と書きましたが、結婚という重大な問題で人の心中を推測で書くのはよくなかったと思いました。
とはいえ、眞子さまの声がまったく聞こえないので、推測するしかなかったのも事実です。
 
秋篠宮さまは昨年11月の誕生日の記者会見で、眞子さまの結婚について「今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば,やはりそれ相応の対応をするべきだと思います」と語りました。
この言葉からは二人が結婚したいという気持ちがあるのかどうか、はっきりしません。
そこで記者も次のように質問しました。
 
関連質問2 眞子様と小室さんの御結婚に関する質問のお答えの中で,「相応の対応」ということを仰られましたけれども,これは,お二人の結婚の意思が今も非常に堅くて,そのお気持ちを今後も支えていかれるというふうに受け止めてもよろしゅうございますでしょうか。
殿下
それとは少し違い,それを支えていくという意味でお話ししたのとは違います。あの時の質問は,恐らく小室さんについての報道のことと,それから連絡を受けてというそれについての私の答えでしたけれども,やはりそれ相応の対応というのはこちらの対応ではなく相手側の対応ですね。その後にお話ししましたように,やはりきちんと,どういうことなんだということを説明をして,そして多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況を作る,それが「相応の対応」の意味です。
 
秋篠宮さまの答えはわかりにくいですが、二人の結婚の意思が堅いかどうかについては答えず、小室さんを突き放した感じで、「相応の対応」がなければ結婚は認めないという意味と思われます。
 
おそらくこの言葉を受けて小室圭さんは今回「声明文」を発表したと思われます。ということは、小室さんは結婚の意思が堅いということです。
私は、小室さんと眞子さまは連絡を取っているだろうから、眞子さまの気持ちも同じだと推測しましたが、あくまで推測です。
 
 
現在のマスコミの報道は、明らかに秋篠宮さまの言葉に沿っています。声明文を出すだけでは「相応の対応」にはならない、母親の元婚約者に対して具体的な行動をしてトラブルを解消しろという論調です。
元婚約者の言い分はまったくいい加減なので無視しても差し支えないぐらいですが、小室さん側が一方的に悪いように報道されています。
 
これは秋篠宮さまの言い分だけが表に出たからです。
たとえばあるテレビコメンテーターは、「小室さんは眞子さまの幸せを考えて身を引くべきだ」と語っていましたが、これなど完全に眞子さまの意思を無視しています。眞子さまの気持ちはブラックボックスなので、ないことにされているわけです。
 
眞子さまが記者会見して、「私は小室さんとの結婚を望んでいます」と言えば、マスコミの論調も変わらざるをえません。
 
眞子さまは皇族であるため政治的発言は制約されるでしょうが、自分の結婚について語るのは問題ありません。
皇族に日本国憲法は適用されないという説がありますが、眞子さまは結婚すれば皇籍を離脱して「国民」になるのですし、結婚という基本的なことには人権が認められるべきです。もちろん日本国憲法は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し」と規定しています。
 
今は、父親は娘の結婚について語ったが、娘は自分の結婚についてなにも語っていないという状況にあります。
しかも、父親は娘の結婚に「相応の対応」という条件をつけました(秋篠宮さまだけでなく宮内庁や政府の意向もあるかもしれませんが)。
これでは家父長制と同じです。
 
保守派や右翼は皇室は家父長制であるべきだと考えているかもしれませんが、国民は父親の反対で愛し合っている二人が結婚できないということは認めないでしょう。
 
ともかく、眞子さまと小室圭さんの結婚問題をめぐる混乱は、眞子さまの意思表示がないことからきています。
宮内庁は眞子さまが意思表示する機会をつくるべきですし、国民やマスコミはそれを要求するべきです。

結婚は親でも世間でもなく当事者が決めるもの――という常識は日本から消えてしまったのでしょうか。
 
秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚問題がまたクローズアップされています。小室圭さんが母親の借金問題について「声明文」を発表したことがきっかけです。
 
母親の借金と子どもの結婚はまったく別の問題です。親が借金トラブルをかかえていれば子どもは結婚できないという理屈はありません。
 
400万円の借金があるといっても、借用書もないし、母親が婚約者から婚約中に受け取っていたお金です。しかも、婚約者は自分のほうから婚約解消を申し出ています。
そして、小室さんの婚約内定が発表されると、元婚約者は週刊誌にこの“借金”のことをしゃべり始めたのです。
元婚約者はお金を返してほしいだけだと言いますが、だったら週刊誌にしゃべったりせず、裁判に訴えるなどすればいいのです(裁判はまったく勝ち目がないでしょうが)
 
ところが、週刊誌に限らずさまざまな報道は、元婚約者への批判はいっさいせず、借金トラブルは小室さん母子が解決するべきだという論調になっています。
こうした報道の背後には、宮内庁や政府の意向があると思われますが、国民のほとんども乗っかっています。
つまり国民の大多数はこの結婚に反対のようです。
 
 
反対の理由は想像できます。この結婚は極端な“格差婚”だからです。
小室圭さんは早くに父親を亡くし、母子家庭で育ちました。母親はケーキ店に勤め、圭さんもアルバイトをして家計を助けたそうです。国際基督教大学を卒業後は銀行に勤め、婚約内定発表のときは法律事務所勤めでした。典型的な庶民の家柄です。
圭さんは在学中に「海の王子」に選ばれるなどしてイケメンですが、チャラ男のイメージもあります。
そういうことすべてが皇族の眞子さまの結婚相手にふさわしくないと思われたのでしょう。
しかし、「家柄が違いすぎるからこの結婚はだめだ」とは言えないので、「母親に借金トラブルがあるからだめだ」と言っているわけです。
 
しかし、「母親に借金トラブルがあるから子どもは結婚してはだめだ」という理屈があるはずはなく、どちみち理不尽な反対理由です。
 
結局、あまりにも反対が強いために昨年2月に結婚延期が発表され、小室圭さんは海外留学に出ました。
このまま破談になりそうな流れでした。理不尽なことですが、眞子さまが皇族という事情もあり、「昭和枯れすすき」風に「世間に負けた」というところかと思っていました。
 
ところが、今回小室圭さんが声明文を発表したということは、小室圭さんはまだ結婚する気だということです。
小室圭さんは眞子さまとも連絡を取っているはずなので、眞子さまも結婚する気と思われます。
「世間知らずの女性が一時的にチャラ男に熱を上げた」ということではなくて、2人は試練を乗り越えていたのです。
「ロメオとジュリエット」のように障害がさらに恋を燃え上がらせたのかもしれません。
 
こうなると若い2人を応援したくなりそうなものですが、世間というかマスコミはそうなりません。
小室圭さんの声明文にいちゃもんをつけ、元婚約者の反論を報じていますが、元婚約者の言い分はまったく信用できません。
 
たとえば婚約破棄について、小室圭さんは声明文でこう書いています。
 
 平成249月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。母は、突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。
 
これに対して元婚約者は、婚約解消の理由について、「度重なる財布扱いに嫌気が差したから」とあちこちのメディアで語っています。
しかし、財布扱いがいやなら、財布の口を締めればいいだけの話で、これは婚約解消の理由になりません(しかも、この言葉は貸付でなく贈与であったことを暗示しています)
両者の言い分を比べれば小室さん側に軍配が上がるはずですが、マスコミは元婚約者を批判することはいっさいせず、問題を解決しない小室さん側が悪いの一点張りです。

 
一流大学を出て一流企業に勤める家柄のいい男が眞子さまにふさわしいというのが世間の考えかもしれませんが、そんな男よりチャラ男のほうが好きという女性もいます(あくまで一般論で、小室圭さんがチャラ男だというわけではありません)
いずれにせよ結婚相手は自分で選ぶものです。
 
また、秋篠宮さまが誕生日の記者会見で「多くの人がそのことを納得し喜んでもらえる状況にならなければ、私たちは婚約に当たる納采の儀を行うことはできません」と述べられたことも、世間は重く受け止めているようです。
しかし、父親が娘の結婚に反対するのはよくあることです。「かわいい娘がよその男に盗られる」という心情でしょう。
普通こうした場合は、周りの人間がみんなして父親を説得するものです。
 
「父親の反対」や「家柄の違い」で結婚できない若い2人がいたら、なんとかして結婚させてやりたいと思うのが人情というものです。
「借金トラブル」を理由に結婚をつぶそうという人に人情はあるのでしょうか。

非婚化、晩婚化の流れが止まりません。この理由はいろいろありますが、そのひとつに正しい自己評価ができない人がふえているという問題があると思います。
 
人間はさまざまな経験を積む中で、自分はこの程度の人間だという自己評価を確立していきます。正しい自己評価を確立して、その自己評価に見合った異性を選択すると、確率的にいちばんうまくいくことになります。
 
もっとも、なかなかそうはいきません。私は中学高校のころ、決まってクラスでいちばんきれいな女の子に惚れていましたが、自分がクラスでいちばんいい男であるとはとうてい思えません。これでは年中片想いで、相思相愛になれないのではないかと思っていました。
今の男の子でいえば、グラビアアイドルみたいな子とつきあいたいと思っているような状態でしょうか。
しかし、これは誰にでもあることで、たいした問題ではないと思います。多少身の程知らずの願望を持って、背伸びすることで自分を高めるということもあるからです。正しい自己評価があれば、そのうち現実的な相手を探すようになるでしょう。
 
問題は正しい自己評価ができていない場合です。
たいした人間ではないのに、自分はたいした人間だと思い込んでいる、つまり自信過剰な人間がそのひとつです。しかし、そうした人間はめったにいません。ときどきいるのは、はったりをきかしている人間や、劣等感の裏返しで偉そうにしている人間です。
 
ほとんどの人間は、実際の自分よりも低い自己評価を持っています。劣等感を持っていると言い換えてもかまいません。
そのため、自分と釣り合った相手ともつきあえないということになってしまいます。これが非婚化、晩婚化の原因のひとつになっていると思うのです。
 
むりしてつきあおうとすると、精神的な負担を感じて疲れてしまいます。こうした男が草食男子といわれているのではないかと思います。
もちろん草食女子もいるわけですが、だいたい男女のつきあいは男からアクションを起こすことになっているので、男子の負担のほうが大きいわけです。
 
もっとも、昔は男尊女卑というか、男が女を見下す価値観があったので、男子の負担はそれほど表面化することがありませんでした。たとえば「女なんて男が強引に迫れば落ちるものさ」といったことを年長者から教えられ、そんなものかと思い込むことで、自己評価の低い男でも行動を起こしやすかったわけです。
しかし、時代が変わり、「女なんてこういうものだ」的な価値観は根こそぎにされてしまいました。そのため、自己評価の低い男の問題が表面化してきたのです。
 
では、どうして自己評価の低い人間が多くいるのでしょうか。それは教育に原因があります。
 
親や教師は、扱いやすい子どもを望みます。そのため自信のない子どものほうが都合がいいわけです。
また、子どもに勉強させようとするとき、勉強すればバラ色の未来があると教えるよりも、勉強しないと社会から落ちこぼれるといって脅すほうが効果的です。あらゆる感情の中で恐怖の感情がいちばん強いからです。
そうして勉強しても、希望通りの学校に行けるのは少数で、多数は不本意な学校に進学します(つまり不当に高い目標を設定されていたわけです)。そのため劣等感を持ってしまいます。また、希望通りの学校に行けた子どもでも、自分の価値は学歴だと思い、人間としての自信を持つことはできません。
 
現在、親は子どもに対する教育にますます熱心になり、そのためますます子どもが劣等感を持ってしまっています。
その結果、非婚化、晩婚化が進んでいるというわけです。
 
ですから、非婚化、晩婚化を解決するには教育から変えなければならないと思います。
 
また、現在異性とつきあうのに困難を感じている人は、自分は自己評価が低すぎるのではないかと疑ってみる必要がありますし、さらには、自分が受けてきた教育をひとつひとつ見直してみる必要があると思います。

結婚して2人暮らしが始まった最初の日、夕食ができあがり、料理がすべて食卓に並んでいざ食べようとしたとき、妻がまな板を洗いレンジまわりをふき始めました。2人いっしょに食べ始めたいので、しかたなく私は待ちました。
次の日も同じでした。いざ食べようとすると、妻は台所の後片付けをするのです。これではせっかくの料理が冷めてしまいます。私は「そんなのあとでいいじゃないか」といいましたが、妻はやめません。油汚れなどは早めに拭いたほうがいいという理屈があるようです。
空腹は人を怒りっぽくさせます。何日か同じことが続いたとき、私は怒りを爆発させかけましたが、かろうじて踏みとどまりました。
このときがひとつの分水嶺だったのだと思います。それからは怒ることもなく、妻にもなにもいわなくなりました。
 
そして、妻の実家に行ったときです。妻と義母が2人で料理をし、天ぷらができあがりました。天ぷらはもちろん揚げたてがおいしいです。しかし、妻と義母はほかの料理をつくっているので、待たなければなりません。料理がそろい、家族全員で食事を始めたときは天ぷらはかなり冷めていました(段取りも悪いです)
つまり、妻の実家ではずっとそういうやり方をしていたのです。ちなみに妻も義母も猫舌です。
私は熱いものは熱いときに食べたいほうです。ラーメン屋でぬるいラーメンが出てきたときはがっかりします。
思い返せば、私の実家では父親が晩酌をしました。父親は家族そろっての食事より先に晩酌を始め、料理をできたものから持ってこいと母親に口うるさくいっていました。父親はきわめてせっかちな性格です。
要するに妻にせよ私にせよ、育った家の流儀をそのまま受け継いでいたということです。
 
早く熱い料理を食べるか、時間を置いて少し冷めた料理を食べるか、これはどちらがいいとも決められる問題ではありません。
あのとき怒りを爆発させなかったのは正解でした。
あのとき怒っていれば、私はこんなふうにいっていたでしょう。
「いい加減にしろ! 何回同じことをいわせるんだ!」
そして、それでも改まらなければ、こんなふうにいっていたでしょう。
「お前はわざとやってるんだろう! 俺をバカにするのか!」
要するに、自分の怒りを正当化する理屈を考えだすわけです。「わざとやる」ということは、相手に悪意があるということで、相手に悪意があるなら、こちらの怒りは正義の怒りということになります。
これが道徳の基本的な構造です。
「相手が悪い。自分は正義だ」
家庭に道徳を持ち込まないこと。これが夫婦円満の秘訣です。
 
ところで、私の家庭では料理は妻だけがつくっているわけではありません。ご飯を炊くことと味噌汁をつくることは毎日私がやっていますし、魚をさばくことも私の役割です。妻が残業などで遅くなるとわかっているときは、私が全部つくります。
適切な役割分担ももちろん夫婦円満の秘訣です。

このページのトップヘ