村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:その他金融と投資

日銀の黒田東彦総裁が再任されそうです。再任されると2期10年務めることになります。
 
黒田総裁は「期待に働きかける金融政策」ということを最初から掲げています。
私は経済の専門家ではありませんが、「期待に働きかける」というのはおかしな日本語です。前から気になっていたので、この機会に考えてみました。
 
「期待に働きかける」というのは、「心理に働きかけて期待を生成する」というべきです(「生成する」は「醸成する」や「喚起する」でも可)
しかし、これではなんの期待かわかりません。もちろん「インフレ期待」のことです(黒田総裁自身も「インフレ期待」という言葉を使っています)
それから、誰の心理に働きかけるかも明らかにする必要があります。
 
ということで、「期待に働きかける」の正確な表現は、「大衆の心理に働きかけてインフレ期待を生成する」というものです。
 
このように表現するとわかりやすくなりますが、同時にこれが容易でないこともわかります。
貯金の多い人や年金生活者は「デフレ期待」を持っています。「インフレ期待」を持っているのは住宅ローンなどの借金をかかえている人ぐらいです。
 
これまであの手この手の金融政策と財政政策をしてもデフレ脱却ができませんでした。そこで「心理に働きかける」という発想が出てきたのでしょう。
不景気が続くと愚かな政治家が「景気は気からだ。マスコミが不景気なことばかり書くから不景気になるのだ」と言ったりします。たとえば麻生太郎財務相が経済企画庁長官時代によく言っていました。
 
黒田総裁の「期待に働きかける金融政策」も麻生氏の「景気は気から」と同じではないでしょうか。
 
黒田総裁が昨年6月にオックスフォード大学で行った講演の記録が日銀のホームページにありました。
 
「期待」に働きかける金融政策:理論の発展と日本銀行の経験
日本銀行総裁 黒田 東彦
オックスフォード大学における講演の邦訳
 
 
黒田総裁は「期待に働きかける金融政策」の理論的根拠として、ケインズとその同時代人のラルフ・ジョージ・ホートレーというエコノミストを挙げていますが、そんな時代遅れの説しかなかったのかという気がします。
 
この講演では、「問題は心理的なものである」「アナウンスメント効果」「フォワード・ルッキングな金融政策」「フォワード・ガイダンス」といったキーワードが出てきます。
これは「景気は気から」に加えて、「大衆の心理は操作できる」という考え方と思われます(なお、「期待」は「expectation」で、「予想」とも訳せます。「予想に働きかける」と表現すると、「予想を狂わせる」「だます」というイメージがよりはっきりします)
 
「大衆の心理は操作できる」という考え方は果たして正しいのか。これが肝心なところです。

「お前を操作してやる」と言われて、相手の思い通りに動く人間はいません。
バブルの時代に踊った人たちは、決して誰かに操作されていたわけではありません。世の中全体が踊っていたのです。
金融の世界には「効率的市場仮説」というのがあり、価値ある情報はすぐに共有され、みんなが同じように賢くなるので、一方的に出し抜くことは続かないとされます。
したがって、大衆の心理を操作し続けることもできないはずです。
 
黒田総裁は東大法学部を出て大蔵省に入ったエリートなので、「エリートは大衆の心理を操作できる」と思ったのかもしれませんが、だとすれば愚かな思い上がりです。
 
黒田総裁はどう考えても大衆を操作するのに失敗しています。そのため2%の物価目標も達成できません。
5年かけてできなかったものは、これからもできないでしょう。
 
となると、異次元金融緩和、マイナス金利をどこまでも続けていくことになり、これがどういう結果をもたらすか、誰にもわからないのが恐ろしいところです。

1月4日の株式市場は日経平均600円近く下げ、波乱の船出となりました。
これまでアベノミクスで株価は順調に上がってきましたが、そろそろ反転するかもしれません――などと私が経済予測を語っても、まったく説得力がありません。
ただ、デフレ脱却の成否については、経済指標ではなく要人の発言から自分なりに見通しています。
 

安倍首相は1月4日の年頭記者会見で、「デフレではないという状況を作り出すことができたが、残念ながら道半ばだ」「デフレ脱却というところまで来ていないのも事実」などと語っています。

丸3年やってきて、まだデフレ脱却ができていないのです。
 
では、黒田東彦日銀総裁はどういう認識かというと、昨年6月にこんな発言をしています。
 
 
日銀総裁、心はピーターパン?「疑えば永遠に飛べない」
 
「飛べるかどうかを疑った瞬間に永遠に飛べなくなってしまう」――。日本銀行の黒田東彦総裁は4日、都内で開いた日銀主催の国際会議で、ピーターパンの物語に出てくる言葉を引き、物価や景気が思い通りでなくても、世界の中央銀行が「前向きな姿勢と確信」をもって政策を進める重要性を呼びかけた。
 
 会議には世界の中央銀行関係者が出席した。黒田総裁は、大量に市場に資金供給をする量的緩和などを各国で続けていても景気回復が緩やかで、かじ取りが難しいことを指摘。「ピーターパン」を持ち出し、課題の克服を訴えた。
 
 日銀が目指す前年比2%の物価上昇率も、2016年度前半ごろまでは実現が難しいと日銀自身が認める。だが、人々に「物価が上がる」と思ってもらうことが重要だとして、黒田総裁は強気なメッセージを出し続け、政策への信頼をつなぎとめようとしてきた。
 
 2月27日の講演では、「ロケット」が登場。「強力な地球の引力圏から離れる時のように、大きな推進力が必要だ」と、デフレからの脱却には2%の物価上昇を早期に実現することが重要だと強調した。
 
 追加の金融緩和をした直後の昨年11月にあった講演では緩和策を「薬」に例え、「デフレという慢性疾患を完全に克服するため、薬は最後までしっかりと飲み切る必要がある。中途半端な治療はかえって病状をこじらせる」と追加の意義を強調した。(福田直之)
 
 
ピーターパンが空を飛べるのは、ティンカー・ベルの魔法の力と、それを信じる心によるということになっています。
 
これは単におもしろいたとえ話かと思っていたら、昨年1219日の日経新聞ではこう書かれていました。
 
 
日銀の政策決定会合内にも木内登英審議委員を筆頭に、「2%にこだわるべきではない」との意見が台頭してきた。対する黒田総裁は「ここで目標を下ろしたらデフレの引力に負けてしまう」との考えを変えていない。
 
 
「デフレの引力」という言葉が出てきます。
「デフレの圧力」とか「デフレの罠」とか、ほかの言い方もあったはずですが、「引力」という言葉を使ったのは、ピーターパンのたとえとつながっています。
 
黒田総裁がほんとうにデフレ脱却に自信があったら、「引力」という言葉は逆の意味で使うはずです。
たとえば、「今の政策を続けていけば、いずれリンゴは木から落ちるだろう」といった具合です。
あるいは、記者から「デフレ脱却の兆しはまったくないではないか」と責められたら、「それでも地球は回っている」をもじって、「それでもデフレは脱却する」と言えばいいわけです。
 
ピーターパンのたとえは、黒田総裁自身がデフレ脱却を信じていない証拠です。
 
もっとも、黒田総裁はみんながピーターパンになればバブルが起きて、デフレ脱却ができると思っているのかもしれません。
しかし、日本人はバブル崩壊の記憶がまだ鮮明なので、バブルに踊るということはないでしょう。外国人が日本株を買ってくるときは、つねに日本の個人投資家が売りに回っているのが実情です。
 
そもそも3年やってだめなものは、4年やっても5年やってもだめでしょう。
 
ところで、私が今年は株価が反転するのではないかと予測するのは、アメリカが利上げして金融引き締めに転じたからです。
予測としてはありきたりです。ありきたりの予測はたいてい当たらないものです。

金相場がずっと高値圏にあります。金融危機など世界経済の先行き不透明感から、資金が安全資産とされる金に逃避しているのだと説明されています。
といって、ここで金相場について語ろうというわけではありません。そもそもどうして金にそんなに価値があるのかということについて考えてみます。
 
金に高い価値があるのは、普通こういうふうに説明されます。
 
・産出量が少ない(これまでに産出された総量はオリンピックプール3杯分だそうです)
・工業用に需要がある(コンピュータのCPUなど)
・装飾用に需要がある。
 
ほかにも、化学的に安定していて加工しやすいといった特徴も挙げられますが、要するに工業用や装飾用に需要があるのに、産出量が少なく、その需給によって価値が決まっているわけです(その価値ゆえに資産や貨幣用の需要も出てきます)
問題は、金が装飾用に強い需要があるのはなぜかということです。
それは金の色と光沢が美しいからです。
では、なぜ金は美しいのでしょうか。
言い換えれば、なぜ人は金を美しいと思うのでしょうか。
実は、ここのところについて、はっきり語られることはまずありません。たとえばウィキペディアの「金」の項目を見ても、装飾用の価値について書かれているのはこれぐらいです。
 
「金は多くの時代と地域で貴金属としての価値を認められてきた。化合物ではなく単体で産出されるため装飾品として人類に利用された最古の金属である」
「金は有史以前から貴重な金属として知られていた」
「金とその他の金属の合金は、その見栄えの良さや化学的特性を利用して指輪などの装飾品として、また美術工芸品や宗教用具等の材料として利用されてきた」
 
「見栄えの良さ」という言葉はありますが、どうして見栄えが良いのかは書いてありません。
こういう根本的なことをごまかしているのが、これまでの学問なのです。
 
なぜ人間は金を美しいと思うのでしょうか。
その答えは簡単です。人間は金を美しいと思う性質を生まれながらに持っているからです。
そんなことは当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、これまでその当たり前のことをごまかしていたのです。
 
人間は、甘いものを好み、苦いものを嫌うという性質を生まれながらに持っています。これは進化論からも説明できるので、否定する人はまずいないでしょう。
人間が金を美しいと思う性質を生まれながらに持っていることを進化論から説明するのはちょっとむずかしいかもしれませんが、説明はできなくても、そういう事実があることは明白です。どの時代、どの地域でも、金は価値あるものだったからです。
 
ちなみにカラスはビー玉などの光るものを集めることがあります。光るものを好む性質を持っているのでしょう。人間にも同じ性質があっても不思議ではありません。都会の夜景、花火、星空などは誰でも美しいと思います。
 
人間は金を美しいと思う性質を生まれながらに持っているという考え方は、人間は生物学的存在であって、その性質や能力は生まれながらに決定されているという考え方でもあります。これは人文・社会科学の世界ではタブーとされてきました。
しかし、ものごとを根本から考えようとすれば、人間が生物学的存在であることを無視することはできません。
 
もし人間に金を美しいと思う生まれながらの性質がないとすれば、金の価値は時代の価値観によって変化することになり、資産としての価値に重大な疑義が生じることになりますが、現在の金相場の動きを見れば、誰もが金の資産価値は絶対だと思っているようです。

イソップ童話の有名な「アリとキリギリス」の話には、実はロングバージョンがあります。こんな話です。
 
アリは暑い夏の間も一生懸命働いていました。一方、キリギリスは毎日、歌ったり踊ったりして楽しくすごし、汗水たらして働くアリをバカにしていました。しかし、やがて冬がきて、キリギリスは寒さとひもじさに耐えかねて、アリの家にやってきます。家の中は暖かくて、食べ物もいっぱいあります。キリギリスは食べ物を恵んでくださいとお願いしました。するとアリたちは、キリギリスを家の中に招き入れ、食べ物ばかりか寝る場所も提供してくれました。キリギリスは感謝して、冬中ずっと歌と踊りでアリたちを楽しませました。
次の年の夏も、アリは汗水たらして働き、キリギリスは毎日遊んでいました。そして、冬になるとまたキリギリスはアリの家にきました。アリはキリギリスを家に招き入れ、キリギリスは冬中アリたちを楽しませました。
毎年同じことが繰り返されていましたが、ある年、一匹のアリが言いました。
「キリギリスさんは夏の間ずっと遊んでいたんだから、冬になって飢え死にしたって自己責任だ。私たちが助ける必要はないよ」
ほかのアリも、前からキリギリスを助けることに釈然としないものを感じていたので、その意見に賛成しました。そのため、キリギリスは食べ物ももらえずに追い出されてしまいました。
そして、キリギリスは飢えと寒さで死んでしまいました。
次の年、冬になってもキリギリスはアリの家にきませんでした。その次の年も同じです。キリギリスの社会に、アリは助けてくれないということが知れ渡ったのです。
アリは歌も踊りもできません。働くこと以外になんの能力もないのです。
キリギリスを追い出したときから、アリはなんの楽しみもない、ただ働くだけの一生を送るようになってしまいましたとさ。
 
もちろんこれは私のつくり話です。ロングバージョンがあるというのも嘘です。
なぜこんな話をつくったかというと、ギリシャのことを考えていたからです。
 
今、ギリシャは財政危機で、ユーロ諸国の助けを受けています。助ける側の中心はドイツです。ドイツとギリシャの関係はよくアリとキリギリスにたとえられます。
ドイツの世論は圧倒的に、なぜ自分たちのお金でギリシャを救うのかと、ギリシャ救済に否定的です。ギリシャ人はろくに働かず、放漫な財政運営をしてきたのだから、破綻しても自己責任だという考えです。
こうした考えは、経済危機のたびに表面化します。
たとえば日本でバブル崩壊後、金融機関に資金注入をするべきだという議論が行われたとき、なぜ税金を使ってバブルに踊った金融機関を救済するのかと、世論は圧倒的に反対でした。そのため山一証券をつぶすというショック療法で世論を変えなければなりませんでした。アメリカでもリーマン・ブラザーズをつぶすというショック療法が行われました。
 
バブルに踊ったり、放漫なことをした者が不幸になるのは自己責任だという考え方は道徳的な考え方です。経済の世界に道徳を持ち込むと、ただ混乱を助長するだけです。そして、かえって自分が不幸になってしまいます。
 
経済の世界を見ると、道徳がろくでもないものだということがよくわかります。

このページのトップヘ