ブログを始めてちょうど1週間になりました。毎日更新するという目標は達成できていますが、ちょっと方向性の見えないブログになっているのではないかと反省もしています。
 
始めるときは、「科学的倫理学」をベースにさまざまな問題を切りさばいていこうということで、はっきりした方向性がありました。たとえば死刑制度などについても書く用意をしていたのです。
しかし、ブログを始めたのが震災後という時期です。これは圧倒的に大きな要素です。今この時期に死刑制度の是非など論じるのはどう見てもKYでしょう。アクセスも伸びるとは思えません。そこで、みんなの関心のある震災や原発関係について書き、また、常識に挑戦するような書き方ではなく、いやし系の文章を書くよう心がけました。
ということで、なんだか方向性のないブログになってしまったのです。
どうして震災後のこの時期にブログを始めたのかというと、もともとブログを始めようと心の準備をしていて、ちょうど整ったのがたまたまこの時期だったということです。
間の悪い話です。
 
それに私自身、「科学的倫理学」を世の中に広めていくことについて、まだ気の迷いがあります。「科学的倫理学」が正しいことについては圧倒的な確信があるのですが、これは天動説に対する地動説みたいなものなので、今は宗教裁判こそありませんが、まともに世の中に訴えるとそうとうな反発を買うのではないかという気がしています。その一方で、すごく歓迎されるのではないかという気持ちもあり、突入して市街戦になるか、花とキャンディで迎えられるか、判断しかねているところです。
もっとも、正しいことなら訴えていくしかないので、これは私の性格の弱さというしかありません。
 
しかし、匿名ではなく本名で自分の考えを世の中に訴えていくというのは、誰にとってもむずかしいことではないでしょうか。
私は村田基の名で何冊かの小説を出版しましたが、小説というのは「これはフィクションですよ」という逃げ道があります。小説を書いていない時期は、ライターとして雑誌などに物を書いて生活の糧を得てきましたが、これは匿名性の中での仕事なので、ほとんどプレッシャーはありません。
ですから、こんな極小のアクセスしかないブログといえども、村田基という本名で自分の考えを世の中に訴えていくという初めての経験をしていることになります。
この年になって、またよちよち歩きから始めることになってしまったわけです。
ですから、しばらくは自分の考えが世の中にどう受け止められるかを手探りしながら書いていくつもりです。そのため、なんか正体のよくわからないブログになってしまうかもしれません。
気長に見守ってやってください。
 
 
ところで、「科学的倫理学」ってなんだと思う人も多いでしょうね。
「道徳とは利己主義の産物である」
「人間は道徳という棍棒を持ったサルである」
というのが「科学的倫理学」のキャッチフレーズです。私のホームページで概略を説明しています。
 
「思想から科学へ」村田基(作家)のホームページ