問題発言を連発しているホリエモンこと堀江貴文氏が、今度は寿司職人の修業について発言して、議論を呼んでいます。
 
 
ホリエモン「寿司職人が何年も修行するのはバカ」発言 数か月で独り立ちの寿司はうまいか?
 
 寿司職人として一人前になるためには「飯炊き3年、握り8年」の修行が必要、などという話があるが、ホリエモンこと堀江貴文さん(43)がツイッターで、問題なのは職人としてのセンスであり「何年も修行するのはバカだ」と切り捨てた。
 
   寿司職人になるためには修行をするのはナンセンスで、料理学校に数か月間通えばなれるものだし、自己流でやっている人もいる、というのだが本当だろうか。
 ホリエモンは20151029日にツイッターで、寿司職人に関してバカなことを書いているブログがあると指摘し、
 
“「今時、イケてる寿司屋はそんな悠長な修行しねーよ。センスの方が大事」
 
とつぶやいた。フォロアーからご飯を炊く時の水分調節やシャリを握るのはそう簡単に会得できるものではない、と意見されると、
 
“「そんな事覚えんのに何年もかかる奴が馬鹿って事だよボケ」
 
と返した。長い期間の修行や苦労によって手に入れたものは価値がある、というのは偏見であり、寿司職人の修行というのは若手を安月給でこき使うための戯言に過ぎないというのだ。
 
   ホリエモンは20141226 日にYouTubeで配信している「ホリエモンチャンネル」で寿司職人について語っている。コロンビアに寿司店を出したいという男性からの相談に答え、その中で寿司職人になるには10年くらいかかると言われてきたけれど、半年くらいでプロを育成する専門学校も出来ている。長い期間修業が必要なのは「1年間ずっと皿洗いしていろ」などと寿司作りを教えないから。今は独学で寿司を出したり、短期養成の専門学校に行って寿司職人になる人が増えている、問題は寿司を作る人のセンスだ、などと語った。
(後略)
 
 
ホリエモンの言っていることは、半分正しくて、半分間違っています。そのため賛否両論を呼んで、議論が盛り上がってしまうのでしょう。
 
寿司職人の修業というのは、確かに非合理なものです。
私は若いころ中小企業向け経営雑誌の編集の仕事をしていたので多少知識がありますが、寿司に限らず飲食業や理美容業など“手に職をつける”という言葉の当てはまる業界では、若い人は下働きばかりさせられて、なかなか仕事を教えてもらえません。“徒弟制度の名残り”というふうに言われていますが、同じ徒弟制度だった大工修業などはどんどん合理化されてきました。飲食業や理美容業は個人的なセンスが関わる職種だからでしょうか。
 
これは学校の野球部などで一年生が球ひろいばかりさせられるのに似ています。“根性を鍛える”みたいな理屈で正当化されていますが、もちろんどんどんボールを使って練習したほうが上達するに決まっています。
 
そういう意味でホリエモンの言っていることは正しいのですが、「何年も修業するのはバカ」と言われると反発する人も多いでしょう。
これについて松本人志氏はこんなことを言いました。
 
 
松本人志、ホリエモンの「寿司職人が何年も修行するのはバカ」に持論
 
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(52)が、8日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:0010:55)で、"ホリエモン"こと堀江貴文氏の発言に関して持論を述べた。
(中略)
この日は、『ラスト・ナイツ』(1114日公開)でハリウッド初監督を務めた紀里谷和明氏がゲスト出演。番組内で堀江氏の発言が取り上げられ、紀里谷氏は「お寿司屋さんがどういうプロセスでなるのか分からないから言えませんが」と前置きし、「少なくとも自分は、カメラマンや映画監督になるための下積みは必要ないと思う。自分もしてないですし」と意見。仮に下積みの相談をされた場合は、「今すぐに写真を撮れ。映画も同じ」とアドバイスするという。
 
一方の松本は「堀江さんの言っていることは何も間違っていないと思います」と共感。ただ、否定的な声が上がる原因を「間違ってないんですけど、モヤモヤっと何でするんやろうと思うと、たぶんこの人が寿司の皿を一枚も洗ったことがないからだと思うんです」と分析し、「寿司職人の名人と言われる人が全く同じセリフを言ったら誰も何も文句もない。気持ち良く聞けるんですけど」「たぶん言う人が違うんやろうなと。セリフは間違ってない」と語っていた。
 
 
松本氏は「言う人が違うんやろうな」と結論づけていますが、私の考えは違います。私の結論は「言う相手が違うんやろうな」ということです。
 
ホリエモンは寿司修業をする若い人に向かって言っています。しかし、問題は若い人にあるのではなく、業界の非合理なシステムにあるのですから、意見を言うなら業界に向かって言うべきです。
 
就活シーズンになると、大企業の経営者が若い人に向かって「失敗を恐れるな」とか「グローバルな人材になれ」などと説教する意見がメディアに出ますが、ホリエモンの発言は基本的にこれと同じです。
こんな意見はいくら言っても、世の中はなにも変わりません。
 
もっとも、業界のシステムを変えろと言ってもなかなか変わらないでしょう。
となると、とりあえず業界を志望する若者にどう意見するべきかということも考えなければなりません。
 
ホリエモンは短期間で技術を習得することは可能だという前提で意見していますが、これはかなり甘い考えだと思います。半年ぐらいでプロを養成する専門学校があるということですが、学校だけではだめで、やはり現場で経験を積む必要があります。それもある程度以上のレベルの店が望ましいとなると、結局業界のシステムに入っていかざるをえないのです。
短期間の修業で一人前としてやっていけるのは、よほど優秀な人だけです。
 
ホリエモンはもちろん優秀な人ですから、そういう人が一般の人をバカ呼ばわりしたら、反発を買うのは当然です(ホリエモンの問題発言はいつもこのパターンです)
 
業界を志望する若い人になにか言うとすれば、「業界のシステムは理不尽だが、それにめげずにがんばれ」ということでしょう。バカ呼ばわりするのではなく、エールを送るというのが正しいやり方です。