身近な人(60代男性)が入院して、何度も見舞いに行ったり、今後のことを相談したりしているのですが、困ったのはなかなかほんとうのことがわからないことです。
たとえば、「もうトイレは1人でできてるの?」と聞くと、「できてる」と答えます。ところがすぐに看護婦さんが「さっきももらしたんですよ」と否定します。
「タバコが吸いたい」と言うのですが、もちろん病室では吸えません。「1日何本ぐらい吸ってたんだ」と聞くと、「10本ぐらい」と答えるので、「それぐらいならがまんできるだろう」と言っていたのですが、実際は20本以上吸っていたことがわかります。
書類に記入するので「身長はいくら?」と聞くと、どう見ても5センチぐらい高く言います。見栄を張っているのか、そういう自己イメージで生きてきたのか、不思議です。
「お前は一流会社に勤めてきたんだから、年金は3階建てで、かなりの額になるだろう?」と聞いても、「そんなことはない」と否定して、よくわかりません。
 
私の父は88歳で亡くなりましたが、最後まで1人暮らしをしていました。ときどき電話して体の調子を聞いていたのですが、これがよくわかりません。心配させたくないということもあるのでしょうが、わからないのは困ったものです。
ですから、ときどき家に寄ってくれてる友人に電話して聞いたり、近所の人に電話して聞いたりして、情報を総合して、さらにいろいろ推理して、父の様子を判断しなければなりません。
また、なにか問題があって問い詰めると、ボケたふりをしてごまかそうとすることもありました。こういう点は年寄りの強みです。
ちなみに森繁久弥さんは、年を取ってもけっこうかくしゃくとしておられたのですが、人の視線のあるところでは、わざとよぼよぼした歩き方をして同情を買っておられたそうです(本日1110日はたまたま森繁久弥さんの三回忌です)
 
上野千鶴子さんの「男おひとりさま道」という本を読むと、上野さんのお父さんはやはり高齢で1人暮らしをしておられたのですが、その生活の様子は上野さんには話すことがありましたが、息子さん(上野さんの兄や弟)には決して話さなかったそうです。また、近くに住む親族が心配して食べ物を持って訪ねても、戸も開けずに追い返したりしたそうです。
 
以上のことでなにが言いたいのかというと、人間は年を取ったり体が弱ったりすると、嘘やごまかしが多くなるということです。
嘘やごまかしで自分をよく見せたり、自分を守ったりするわけです。また、人に心配をかけたくないという場合もあるでしょう。
いずれにしても、年を取ると嘘やごまかしに対する抵抗感がなくなってくるものと思われます。長年人間をやっていると、それだけ嘘やごまかしを重ねてきたということでしょう。
 
一方、子どもには嘘やごまかしはありません。それだけの知恵がないといってしまえばそれまでですが(もっとも、いつも子どもを叱っていると、子どもは身を守るために嘘をつくようになります)
 
それなのに、おとなは子どもに対して「嘘をついてはいけません」などと説教をしています。まったくバカバカしいことです。