村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:体罰

橋下徹
橋下徹公式ウェブサイトより

大阪都構想が住民投票で否定されて、「都構想は一丁目一番地」としてきた維新の会の存在意義はほとんどなくなりました。
ツイッターでは「#維新はいらない」が一時トレンド入りしました。

そもそも「都構想は一丁目一番地」というのがおかしな話です。
都構想は行政をよくする手段のひとつでしかないはずです。
維新の会とはどういう存在でしょうか。

維新の会(現在は大阪維新の会と日本維新の会)は大阪府知事だった橋下徹氏と自民党を離党した府議らが結成したもので、実質的に橋下氏の個人政党でした。つまり理念でできた政党ではなく、橋下氏の個人的人気でできた政党です。
橋下氏は現在も維新の会の顧問であり、メディアではつねに維新の応援をしています。
ですから、橋下氏の思想が維新の会の理念だと言っていいぐらいです。

では、橋下氏の思想とはなんでしょうか。

橋下氏はもともと「茶髪の弁護士」としてテレビに出てきました。当時は法律家といえば四角四面の人ばかりというイメージなので、大いに目立ちました。
そのころは政治家になるような感じはまったくありませんでしたが、人間であれば必ずなんらかの政治的な思想はあります。
その思想のもっとも根底的な部分が次の記事からうかがえます。

橋下徹氏、選挙制度で持論披露「産まれた子供たちにも一票を与えて、親が行使」
 元大阪府知事の橋下徹氏(51)が2日、TBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)にリモートで生出演。大阪市を廃止して4特別区を新設する「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が1日に投開票され、反対票が賛成票を上回り、2015年5月の実施に続いて否決されたことに言及した。

 橋下氏は現状の選挙制度について「投票率も高齢者の方が高いので、今の選挙制度では高齢者の方に目を向けるようになってしまいます」とどうしても高齢者を重視したものになってしまうと指摘。

 その上で「僕の持論は、産まれてからの子供たちにも一票を与える。その子供たちが選挙権が行使できないので、親が行使する」と持論を披露。「これを言うと僕は7人子供がいるから、自分の家庭のことを考えて言っているだろと言われてしまうんだけど。僕は産まれた子供たちにも一票を与えて、親が行使するということをしないと、未来に向けた政治が出来ないと思っています。ただ、政治家はやらないですよ。高齢者から票をしっかり集める政治家はやらないでしょうね」と実現は極めて難しいと推察。

 また、電子投票についても「これをやると若い人がちが簡単に投票をしてしまう。高齢者を支持層としている政治家がたくさんいるので、若い人たちが簡単に投票することを嫌がる国会議員は多いですね。子供に一票を与えて親が行使する、僕が言っているこんな話を永田町に言ったって、全然動いてくれないでしょうね」と見解を語った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8b6e1fda771dba9bce301f51b5ea0c797fe0462

実は私も、選挙権の年齢制限を撤廃し、子どもには生まれたときから選挙権を与えるべきだという考えです。
3歳ぐらいではさすがにむりでしょうが、小学生ぐらいになれば政治に興味を持って、自分も投票したいという子どもが出てきますし、政党も子どもや若者にアピールする政策を打ち出すようになり、政治が未来志向になります。

橋下氏も私と同じ考えかと思ったら、ぜんぜん違いました。
橋下氏は「子どもの人権」も「子どもの意志」もまったく無視しています。
子どもを親の所有物だと思っているのです。
親が子どもの代わりに投票したら、子どものための政治ではなく、親世代のための政治になってしまいます。

それから、橋下氏はまったく触れていませんが、子どもの選挙権を行使するのは父親か母親かという問題があります。
子どもの数が偶数なら分け合えても、奇数ならそうはいきません。
橋下氏がこのことに触れないのは、子どもの選挙権は自分(父親)のものと思っているからでしょう。
「子どもの意志」を無視するだけでなく「妻の意志」も無視しているのです。

選挙権年齢が今の18歳のままであれば、親は50歳ごろまで一人で2票とか3票の投票ができることになります。そうすると中年世代の投票数が大幅に増えて、高齢者と18歳以下の若者の意志が相対的に政治に反映されなくなります。
橋下氏の「生まれたときから選挙権」説は、一見子どもや若者のためのようですが、実際は親世代のためのものです。

都構想も、維新の会は若い世代のためになると言っていますが、実際は維新の会のためのものかもしれません。


橋下氏が若い世代のことを考えないのは昔からです。

橋下氏はもともと体罰肯定論者で、2012年に大阪市立桜宮高校のバスケットボール部のキャプテンが顧問教師から体罰を受けて自殺した事件が大きく騒がれたときも、最初のうちは体罰肯定の立場でしたが、世の中の空気を読んで途中から体罰反対に転換しました。
しかし、家庭内では体罰を続けていたようです。
今年1月の記事でこのように語っています。

橋下徹氏 以前は「バリバリ体罰の親」だったが…改正児童虐待防止法で難しさ語る
 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が4日に放送されたカンテレ「モモコのOH!ソレ!み~よ!」にゲスト出演し、子育ての難しさについて語った。

 メインMCのハイヒール・モモコに「子供には厳しく怒ったりする?」と尋ねられた橋下氏は「下2人まではかなり厳しくやった。手を上げてたし。今ちょうど、児童虐待の法律を変えて、体罰のガイドラインを変えたんです。親であっても体罰的な指導はダメだというガイドラインができた」と、改正児童虐待防止法に関連し、厚労相が昨年12月に公表した虐待に該当する指針に触れた。
 橋下氏は自身のしつけを振り返り「全部それに当てはまる。バリバリ、体罰の親」と自認。モモコが「あれは確かに厳しいですが、それ以上のことをやってしまう親もいるのが事実」と意見を挙げた。橋下氏は「上の子は、親バカですが、まあ外に出してもちゃんとやってくれそうな感じ。下の2人は自由すぎる。だけど人に迷惑をかけない程度だが、あの程度でもいいのかなと。そこまで手を上げて押さえ込んでやらなくていいのかなと正直、思いますね」と、悩みながらしつけ方法を模索していることを語った。
(後略)
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/04/0013008505.shtml

これを読めば、いかにひどい親かわかります。
親の体罰は子どもの脳の萎縮・変形を招くので、まったく正当化できません。


橋下氏のこのような強権的で暴力的なやり方が維新の会の体質をつくっています。
松井一郎大阪市長、吉村洋文大阪府知事の強権的なふるまい、尊大な態度は橋下氏譲りです。
都構想の住民投票にしても、賛成するのが当たり前というような、上から目線のところが維新の会にはあったのではないでしょうか。


橋下氏は、元農水省事務次官の熊沢英昭被告が長男を殺害した事件について、「僕が熊沢氏と同じ立場だったら、同じ選択をしたかもしれない」「僕は熊沢氏を責められない」などと殺人を肯定するかのようなツイートをしたので、私は『橋下徹氏の「予防殺人」論について』という記事を書いて批判したことがあります。


体罰や殺人を肯定する橋下氏がテレビに出続けているのは信じがたいことですし、維新の会には橋下氏の思想や体質が今も染み付いているように思えます。

663786

来春、改正児童虐待防止法が施行されるにあたり、厚生労働省はどんな行為が禁止される体罰に当たるかを示すガイドラインを作成しました。

朝日新聞の「たたく、正座、食事抜き…しつけでなく体罰 厚労省案」という記事によると、「しつけのためだと親が思っても、身体に苦痛または不快感を引き起こす行為(罰)は、どんなに軽いものであっても体罰に該当し、法律で禁止される」ということで、その記事の図解を示しておきます。

体罰の線引き


体罰や暴力はどんな軽いものであってもだめと、基準が明快です。

ところが、やはりというか、これに反対する人もいます。
さすがに有識者などで公然と反対する人はいないようですが、ネットではいまだに体罰肯定論が盛んです。

『尻をたたく、正座もダメ。厚労省「体罰ガイドライン」に批判殺到』という記事から、個人のツイートの部分だけ引用します。


もんきー@Z900RS卍 なまらめんこい🐾
@momochyan415
体罰禁止法って2020年4月かららしいのだが、
親は「児童のしつけに際して体罰を加えてはならない」となるらしい。
何か違う方向に行っていませんか??


だいこん
@MouseChrome
何度注意しても人を殴る、物を盗むとかの犯罪に直結するものを更生する為には体罰は仕方ないと思うけどね。
それ以外なら、子供の将来を台無しにする為に虞犯少年として少年院に打ち込む?

一瞬の体罰か生涯経歴に苦しむかの二択かと思うけど

冷たい世の中だな#児童虐待


一 一
@ninomae_haji_me
わざわざガイドラインを作らないといけないことじたいが問題だろ

理想論ばかりの体罰禁止ガイドラインやなぁ#体罰


暗黒世界から現世へと舞い戻った復活のW@絶対フィード取れないマン
@Allegro1018
親の体罰禁止ガイドラインとかクソみたいなもの作ることよりやることあるだろ。道を逸れる前にしつけするのが親の仕事だろ。国家が家庭事情に干渉するな。


オールドボーイ@コミケ2〜4日
@oldboy1899
体罰禁止ガイドライン案のお尻ぺんぺんや聞かないからビンタ、他の子殴ったから自分の子を殴ったが禁止!?殴りたくて殴ってる保護者なんてほとんどいないと思うてけど、より保護者に難題を求められるようになるな。


「体罰」という言葉を使うので、こういう意見も成立しているかのようですが、「体罰」を「暴力」や「虐待」という言葉に言い換えると、実態が見えます。
幼児虐待事件で逮捕された親がよく「しつけのためにやった」と言いますが、それと同じです。
こういうツイートをした人は、幼児虐待の予備軍です。
いや、もしかして今もわが子を虐待しているかもしれません。
そういう意味で、こういう意見を放置しておくわけにいきません。


体罰肯定論者の主張は共通していて、「子どもが悪いことをしたら罰するべきだ。罰しないと子どもはどんどん悪くなる」ということです。
子どもは悪なので、自分の暴力は正義だということになります。
「しつけのためにやった」と言う人は、自分が正義だと思っているので、逮捕されたことが不満です。
こういうことを考える人は、頭の中に道徳がいっぱいあって、その分愛情が足りません。

また、子どもの発達について無知ということもあります。まだ所有の観念のない子どもの行為を「物を盗んだ」と見なすなどがそれです。
子どもの喧嘩を「暴力」と見なすのも同じです。子どもは喧嘩しながら人間関係を学んでいくもので、昔から「子どもの喧嘩に親が出る」ことは戒められています。

「自分は正しい人間だが、自分の育てている子どもは悪い」というのは論理的に成り立ちがたく、これは少し考えればわかるはずです。


もっとも、キリスト教には原罪というものがあって、子どもには生まれながらの悪があるとされます。そのため、西洋キリスト教社会では「鞭を惜しめば子どもがだめになる」ということわざがあるように、体罰が当たり前のこととして行われていました。
日本では、「七歳までは神のうち」という言葉もあって、子どもはたいせつにされていましたが、明治政府は、列強と対抗するために西洋の父権主義とともに体罰を輸入し、広めたのです。
もっとも、今は時代が変わって、ヨーロッパでは体罰禁止がかなり進んでいるようで、逆に日本のほうが体罰が盛んかもしれません。


以上は、倫理学的な面から体罰について述べましたが、今は科学的研究が進んで、こうした議論はほとんど無意味になっています。

体罰・暴言は子どもの脳の萎縮・変形を招くことが科学的に明らかになっていて、厚生労働省も「愛の鞭ゼロ作戦」と名づけたキャンペーンをやっています。
今回のガイドラインが明快なのも、そうした科学的裏づけがあるからでしょう。

なお、厚生労働省は10月21日に職場におけるパワハラの定義や基準を定めたガイドラインの素案を示しましたが、これはむしろパワハラを正当化するものだという批判が巻き起こっています。パワハラには「脳の萎縮・変形」のような科学的な基準がないので、経団連などの意向に寄せてしまったのです。

今は体罰肯定論をぶっている人も、「そんなことをしたら子どもの脳が萎縮・変形しますよ」と言われると、それ以上主張できないでしょうから、体罰肯定論もここ1、2年で消滅するに違いありません。

このページのトップヘ