村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:吉本興業

厚生労働省が制作した「人生会議」PRポスターに各方面から反発の声が上がり、自治体への発送が中止されることになりました。

日本赤十字社が「宇崎ちゃん」という巨乳おバカキャラを使って献血キャンペーンをして炎上したのに似ています。どちらも医療関係で、インパクトのあることをやろうとして、失敗しました。

問題のポスターがこれです。

人生会議

ポスターの文章の部分を書き出しておきます。

まてまてまて
俺の人生ここで終わり?
大事なこと何にも伝えてなかったわ
それとおとん、俺が意識ないと思って
隣のベッドの人にずっと喋りかけてたけど
全然笑ってないやん
声は聞こえてるねん。
はっず!
病院でおとんのすべった話聞くなら
家で嫁と子どもとゆっくりしときたかったわ
ほんまええ加減にしいや
あーあ、もっと早く言うといたら良かった!
こうなる前に、みんな
「人生会議」しとこ

「人生会議」とはなにかというと、厚生労働省によると、「もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のこと」です。
これは「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と言ってきましたが、一般に普及させるために厚労省が「人生会議」という愛称をつけました。


厚労省がこのポスターのデザインを発表すると、たとえば全国がん患者団体連合会の天野慎介理事長は、「『人生会議』は終末期だけを考えるのではなく、患者が自分らしく生きることを支える試み。このポスターは“支える”という部分が欠けていて死ぬ直前の部分しかない。これは『人生会議』というよりは、『死に方会議』のポスターです」とフェイスブックに書き込みました。
また、卵巣がん体験者の会「スマイリー」の片木美穂代表は、「これを目にする治療に苦慮する患者さんや残された時間がそう長くないと感じている患者さんの気持ちを考えましたか?  そしてもっと患者と話をすれば良かったと深い悲しみにあるご遺族のお気持ちを考えましたか?」などと書かれた抗議文を厚労省に送付しました。

一方、ポスターを擁護する声もあります。インパクトがあるとか、死はきれいごとではないといったものです。


私の考えを言えば、このポスターはまったくだめです。炎上して当然です。
このポスターが病院の待合室に張られていたら、目にした人は、患者であれ家族であれ、どんな気持ちになるかと想像すればわかるはずです。おそらく全国から抗議が殺到したでしょう。
病院でなくて市役所などに張られていても、同じようなものです。

このポスターは、制作者の意図はともかく、心電図がフラットになっていることからして死の瞬間と想像され、怨念を残して死んでいく人間の姿と見えます。
端的に言うと、この人の顔は般若の面のようになっています。
怨念を残して死ぬのは最悪の死です。これが映画なら、この人は化けて出るはずです。

なぜそんな印象になるかというと、ポスターに起用されたお笑い芸人の小藪千豊氏が、説教したり小言をいったりするキャラだからです。
ポスターの文章に「大事なこと何にも伝えてなかったわ」「もっと早く言うといたら良かった!」とあるように、ここは反省、後悔、自責の気持ちが表現されなければなりませんが、小藪氏のキャラのせいで(あるいは演出家の意図のせいで)、まったく違うものになりました。

小藪氏は「人生会議」という愛称を決めた選定委員を務めていましたから、単にポスターの写真に出ただけではありません。
そして、小藪氏の所属する吉本興業は、このポスターの制作を請け負っていました。
ポスターは約1万4千枚制作され、その費用は厚労省によると「吉本興業と4070万円の委託価格で契約した」ということです。
こうしたポスター制作は広告代理店などがするものと思っていましたが、今や吉本興業は「安倍首相のお友だち」なので、こうしたところにまで食い込んでいたわけです。

ポスターの中で小藪氏は「ほんまええ加減にしいや」とおとんに突っ込んで、お笑いの常道を演じていますが、死んでいく人間がそんなことを思うはずがありません。
しかし、コントや新喜劇の芝居なら成立します。小藪氏は新喜劇の座長であり、吉本興業はお笑いを武器にする会社です。
吉本興業は「お笑い」を優先し、結果的に「死」を軽視するこの企画を厚労省に提出したわけです。
厚労省は当然、「ここはまじめに死を扱ってください」と言って、その企画にダメ出しするところです。

しかし、安倍首相は吉本新喜劇の舞台に立ったことがあり、新喜劇の芸人が首相官邸を表敬訪問したこともあり、両者の関係は密接です。
官僚は安倍首相を忖度して、ダメ出ししなかったのでしょう。
その結果、炎上ポスターができあがってしまったのです。

この問題は、モリカケ問題や「桜を見る会」問題と同じです。
長期政権によって、どこを切っても金太郎飴のように、安倍首相、安倍首相のお友だち、忖度官僚の三者の顔が出てきます。

79a6efa3a69c4f00a0b4904bc7bb175a_s
Kuaさんによる写真ACからの写真 


吉本興業の岡本昭彦社長のぐだぐたな記者会見を見てから、こちらの頭の中もぐだぐだになってしまいました。

普通は社長があんなひどい記者会見をしたら、代表権のある大崎洋会長が出てきて、謝罪して、やり直しするものです。
あるいは、岡本社長本人が自分でやり直して、謝罪して訂正するというのもあるかもしれません。
そういうことがなにもないので、あの社長会見で示されたことが吉本の最終見解ということになります。
岡本社長は、「テープ回してないやろな」も「全員連帯責任でクビや」もパワハラと認めていませんし、謝罪会見をしたいと要求した宮迫博之氏と田村亮氏に対して「静観や」と拒否し続けたことも間違いと認めていません。

企業が不祥事を起こすと、役員がずらりと並んで頭を下げるというのがパターン化していますが、吉本は、記者が追及を諦めるまで社長一人がぐだぐだの会見を続けて、不祥事をごまかしてしまうという新しいパターンを創出したようです。


経営陣はなにもしていませんが、代わりに芸人たちがさまざまな動きをしています。
中でも松本人志氏がキーマンのようです。

松本氏は7月28日にフジテレビ系「ワイドナショー」で、加藤浩次氏や友近氏とは対立関係ではなく話し合いができていると言い、加藤氏とは「ゴールが少し2人の中で違いがあるので折衷案を探っている状態」と説明し、友近氏とは「昨日も楽屋でずっとしゃべってたんや。これ以上しゃべってたら疑われるんじゃないかっていうぐらい」と言いました。
対立点があるから話し合いをするわけで、松本氏と加藤氏、友近氏が対立しているのは間違いないでしょう。

松本氏は「ワイドナショー」でさらに、「会社が悪いことをやってるんだったら、膿は全部出してくれ」と言ったあと、「そこをちゃんとしないなら、僕が全員芸人を連れて出ますわ」と言いました。これは冗談でもなんでもなく、真剣な言い方でした。

「全員」というのは「松本派の全員」という意味でしょうが、松本氏にはそれだけの力があるということが、この発言からわかります。
また、松本氏は自分の配下の芸人の意志のことはなにも考えていないということもわかります。完全な主従関係なのでしょう(あとで「みんなを連れて出ると言ったけど、誰もついてこないかも」と言いましたが、これは笑いをとるための言葉です)。

松本氏が動かせる松本軍団が何人いるのかわかりませんが、そもそも松本氏が吉本を出るということが吉本にとって大打撃であり、それが軍団規模になると、吉本の存立にかかわります。
ということは、吉本の経営陣は松本氏にさからえないということです。
そもそも大崎会長と岡本社長は、ダウンタウンの元マネージャーです。ダウンタウンの人気を背景に出世しました。今も「人気芸人とマネージャー」の関係ではないでしょうか。

松本氏が吉本興業の実質的な支配者であるという記事はいくつもありました。



吉本の上層部責任逃れの中、おぎやはぎ・小木が「松本さんが一番裏で牛耳ってるワル」、「文春」も松本の吉本支配を批判

私は一人の芸人が吉本のような大企業を支配できるのかと疑問に思っていましたが、松本氏の「僕が全員芸人を連れて出る」という一言で、それが間違いでないとわかりました。

松本氏・大崎会長・岡本社長という支配体制があって、これは松本氏の体質からパワハラ支配です。そのため不満を持つ芸人がいっぱいいます。
この支配体制に異を唱える代表が加藤氏や友近氏などです。

「松本氏・大崎会長・岡本社長」という支配体制のトップに松本氏がいるなら、松本氏が前面に出て加藤氏と友近氏と話し合うのは当然です。
そして、大崎会長と岡本社長がそれを見守るのも当然です。

吉本は松本氏の個人事務所のようなものです。吉本のような大企業がそんなことはないだろうという思い込みがあると、そのことがわかりません。

岡本社長は松本氏に指示されて記者会見をしました。まさに「ガキの使い」だったわけで、そのためぐだぐだの会見になりました。
大崎会長が会見をしてもやはり「ガキの使い」で、同じことになるでしょう。

吉本興業は松本人志の個人事務所のようなもので、経営陣は統治能力を欠いている――と理解すれば、頭の中がすっきりします。

chains-19176_1920


吉本興業は宮迫博之氏との契約解消撤回を再検討――一読しただけでは意味がよくわかりません。
要するに吉本興業は、宮迫氏をクビにするのはやめたと発表しましたが、やっぱりクビにするかもしれないと態度を変えたのです。
吉本興業は巻き返しに動き出したようです。

テレビを見ていると、吉本興業を巡る問題がどんどんわけがわからなくなっていきます。
吉本は2009年に上場廃止をし、そのときに市中の株を買い取って、その株をテレビ局などが持ちました。今は株主の上位にずらりとテレビ局が並びます。

吉本興業の株主
https://maonline.jp/articles/yoshimotokogyo_20190726?page=2


吉本興業とテレビ局は利益共同体ですから、テレビ局は吉本の不利益になるようなことはしません。ニュース番組やワイドショーなどのコメントはみな吉本寄りです。

たとえば、宮迫氏らが詐欺グループの忘年会に出たときにギャラをもらっていないと嘘をついたことが問題の発端で、吉本はむしろだまされた被害者だというのが、今のテレビの論調です。
その論調に乗って、吉本も宮迫氏をクビにする方向に動いたようです。

しかし、ノーギャラで宮迫氏らが忘年会に出て、あんなに歌を熱唱したりするとは、芸能界にうとい一般人でも信じられません。吉本の人間がだまされるわけがなく、嘘とわかって発表したはずです。
ところが、「宮迫さんの嘘を吉本はほんとに信じたんでしょうか」と問う人をテレビで見たことがありません。


吉本の岡本昭彦社長は記者会見で、「吉本はファミリーだ」ということを繰り返しました。
それに対して「ファミリーと思ったことはない」という芸人の声が上がれば、「ファミリーと思っている」という声も上がりました。
また、岡本社長は「ギャラの配分は5対5か4対6ぐらい」と言い、それに対して「そんなわけがない」という芸人の声も多数上がりました。
ほかにもいろいろな意見を言う芸人がいます。

「バイキング」で坂上忍氏はこうした動きを「派閥争い」と表現しました。
また、あるニュース番組では女性コメンテーターが「男気あらそい」と表現しました。加藤浩次氏のことを念頭に置いているのかと思いますが、男たちが男気のあるところを見せ合っているのだというわけです。
芸人たちが愚かな争いをしていると印象づけることで、吉本を相対的に持ち上げています。

しかし、芸人たち同士で争っているわけではなく、立場によって意見が違うだけです。
立場というのは、吉本で上のほうにいる芸人は“吉本ファミリー”の恩恵を受けて、下のほうにいる芸人は恩恵がなく、ギャラが安いという不満があります。
要するに格差問題が意見の違いとなっているのです。
こうした格差をつくりだしているのも吉本の問題です。


とはいえ、芸人の格差は実力の問題ということもできます。
真の問題は、芸人が吉本をクビになると食べていけないということです。
吉本とテレビ局は一体ですから、吉本の意に反して辞めた芸人は、ほかの芸能事務所に移っても、テレビの仕事はできなくなります。
サラリーマンを「社畜」と言ったりしますが、社畜でも会社をクビになれば、ほかの会社に移って生きていくことはできます。しかし、吉本所属の芸人は吉本をクビになると生きていけないので、社畜以下です。

明石家さんま氏はそうしたことを踏まえて、宮迫氏を“明石家興業”で預かるということを表明しています。さんま氏は吉本興業所属ですが、その実力からそうしたことが可能なのでしょう。

ただ、ここで疑問なのは、加藤浩次氏は「今の会長、社長の体制が続くなら、僕は吉本を辞めます」と言っていますが、加藤氏は吉本を辞めてもテレビに出続けることができるのかということです。
さんま氏は加藤氏について一言、「俺、わからへん」とだけ言いました。
芸能界に詳しい人がこのへんを解説してくれるといいのですが、誰もなにも言いません。
そもそも「吉本を辞めた芸人はテレビに出ることができない」ということすらテレビでは誰も言いません。

吉本の芸人が会社に隷属しているかと思うと、それだけでテレビが楽しくなくなります。

ea9f22649b4e4acea55243fbe5415caa_s


アドリブのきかない芸人がノープランでステージに上がって醜態をさらした――吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見は、まさにそういうものでした。

宮迫博之氏と田村亮氏が7月20日に記者会見を行い、その反響が大きかったために、急きょ2日後に岡本社長が会見することになったようです。準備不足は否めませんが、それにしても「お前らテープ回してないやろうな」と言ったのは「冗談のつもりで言った」とか、「全員連帯責任でクビにするからな」と言ったのは「父親が息子に言う『勘当や』という意味合いだった」など、弁解がお粗末すぎます。
会見の前に弁護士などと相談して、謝るべきところは謝り、主張するべきところは主張するという作戦を立てそうなものですが、こういうパワハラ体質の人は人の意見を聞かないのでしょうか。


問題は、岡本社長個人よりも吉本興業という会社にあります。
宮迫・田村会見で、岡本社長が「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本が株主やから大丈夫や」と言ったことがばらされましたが、吉本はテレビ業界を完全に抑えているという自信があるわけです。宮迫氏は最初、詐欺集団の闇営業のギャラをもらっていないと弁明していて、誰もがそんなわけないだろうと思ったはずですが、ワイドショーなどはほとんど追及しませんでした。

それに、吉本は行政との結びつきを強め、大阪万博の民間企業体連合のトップになっていますし、NTTグループと組んで教育関連のコンテンツを配信する事業を始め、これには官民ファンドの出資も決まっています。
「wezzy」の「吉本興業に行政案件を担う資格はあるか 大阪万博、国連、教育事業との関わり」という記事にはこう書かれています。


こういった行政案件への食い込みを可能にしている背景には、吉本興業と安倍政権の密接なつながりがあることは疑いようもない。

 NMB48の吉田朱里は大阪G20におけるロゴマークを決める選考会のメンバーに選ばれていたし、大崎会長はいま現在も、沖縄の米軍施設・区域が返還された後の跡地利用を協議する有識者懇談会の委員に選任されている。
 安倍政権と吉本興業のつながりはどんどん露骨になっている。統一地方選直前の4月に安倍首相が吉本新喜劇の舞台に上がり、その後、6月に吉本所属のタレントたちが首相官邸を表敬訪問したことは記憶に新しい。

 安倍政権は吉本芸人のタレントパワーを人気取りに利用し、吉本興業は安倍政権との密接な関係で行政案件に食い込んでいく──吉本興業のブラック体質とともに、この関係性についても見直しが求められてしかるべきなのではないだろうか。
https://wezz-y.com/archives/67889

吉本興業はアベ友企業だったのです。
安倍政権とつながっているということが岡本社長の自信になり、記者会見への対応をおろそかにしてしまったのでしょう。

アベ友の不祥事といえば、もちろん森友加計があります。
最近では幻冬舎の見城徹社長もそうです。作家の津原泰水氏が百田尚樹氏の「日本国紀」を批判したため、見城社長が津原氏の本の実売部数をツイッターで公表して炎上しました。

「権力は腐敗する。絶対権力は絶対的に腐敗する」という言葉があるように、安倍長期政権は腐敗の極みです。
安倍政権に関わった人が腐敗にまみれて不祥事を起こすのは不思議ではありません。


なお、今回のことでは、「クビ」や「解雇」や「契約解除」や「引退」という言葉が飛び交いましたが、これらの言葉はみな同じ意味です。
吉本興業をクビになると、芸能界を干されて、引退に追い込まれるのです。
かつてサブローシローという漫才コンビが吉本興業の意に反して独立し、徹底的に干されて、つぶされるということがありました。
ですから、宮迫・田村の両氏は芸能界引退をかけての記者会見だったわけで、必死さが伝わったのは当然です。
本来なら、この二人のような実力のある芸人なら、吉本をクビになれば、ほかの芸能事務所が喜んで迎えてくれて、今まで以上に活躍できても不思議ではありませんが、吉本に限ってはそういうことがありません。
いや、ジャニーズ事務所も同じです。元SMAPの三人は今もテレビ番組にほぼ出られません。公取委はそうしたことでジャニーズ事務所に「注意」をしています。
レプロエンタテインメントから独立したのん(能年玲奈)さんも、ほとんど芸能活動ができない状態です。
吉本の芸人のギャラが安いということが話題になっていますが、もし芸人が自由に移籍や独立ができるようになれば、そうした問題はなくなります。

今回の事件をきっかけに、芸能界のダーティな体質も徹底的に改善されるべきです。

このページのトップヘ