村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:地球温暖化

climate-change-2254711_1920


「地球にやさしい」という言葉があります。
エコマークにも「ちきゅうにやさしい」という文字が入っています。

これは地球を擬人化した言葉ですが、この発想は広く見られます。
環境スローガン・標語をまとめたサイトから、そうした擬人化の言葉を拾ってみました。

助けよう 地球が今も 泣いている

守ろう、地球。創ろう、未来。

川や海 魚がぼくらを 見つめてる

青空ときれいな海は地球の笑顔

分別で 地球に返す 思いやり
https://matome.naver.jp/odai/2149906986349000101

人にやさしくするのはよいこととされます。それは人を幸せにするからです。
しかし、地球にやさしくしても、地球は幸せになりません。

この銀河系には2千億個以上の星があるとされ、宇宙には約2兆個の銀河があるとされるので、地球がどうなろうと宇宙にとってはどうでもいいことです。

ただ、人間にとっては話は別です。
地球が人間の住めないような星になっては困ります。
地球環境をよくするのは、あくまで人間のためです。
大気汚染や海洋汚染があっては、人間が住みにくくなります。

それから、いろいろな動物がいるのも、人間にとってはたいせつなことです。
公園にリスがいたり、庭にいろいろな野鳥がきたりするのを見ると、人間は豊かな気持ちになります。野山でキツネやウサギやシカを見たときも同じです。
おそらくいろいろな動物が棲める環境というのは、人間にとっても棲みやすい環境だからでしょう。
それと、餓えたときには獲って食べられるという安心感もあるかもしれません(人間は狩りをするサルなので)。

ニュージーランドにはかつてモアという巨大な鳥がいて、私は博物館でモアの剥製を見たとき、この鳥が生きて動いているところを見たかったとつくづく思いました。
ニホンカワウソはほぼ絶滅したようですが、日本の川にカワウソがいると楽しいだろうなと思います。

そういうことからWWF(世界自然保護基金)は生物多様性を守る活動をしています。

しかし、沖縄のハブが絶滅すると、ほとんどの人は喜ぶでしょう。
ヌートリア(南米原産の大きなネズミ)はカワウソと同じく水辺に棲みますが、農作物を食べ、堤防に穴を空けるというので、農水省は駆除を進めています。
ハムスターやモルモットはみんなかわいいと言いますが、ドブネズミやクマネズミは嫌われて駆除の対象です。

つまり生物多様性といっても、要するに動物の数の少ない動物園より動物の数の多い動物園のほうがいいというのと同じで、まったく人間本位のものなのです。


地球環境をよくしようとするのは、「人間のため」であって、それ以外の理由はありません。
ところが、「地球にやさしい」とか「地球のため」とか「環境のため」と言うのが普通になっています。

利己的な人間は周りからいやがられます。
そのため、商人は「お客さまに喜んでいただくために赤字覚悟でやっています」と言い、企業は「社会貢献」をうたい、政治家は「国家国民のために身命を賭す」と言います。
これは建て前やきれいごとなのですが、いつも言っていると、自分でもそれが本心と錯覚したりします。

同じことが地球環境問題でも起こっているのではないでしょうか。
そのため混乱が起きている気がします。


地球環境問題の目的は「人間が住みよい地球にする」ということだと認識すると、人間は全員一致できるはずです。
異星人から「地球人は地球のことばかり考えて利己的だ」と非難されることもありません。

対立が起きるとすれば、たとえば石油産業で生活している人と再生エネルギー産業で生活している人の間とか、自分の子ども世代のことを考える人と考えない人の間といったことで、原因が明快になります。

そして、地球温暖化問題がちょっと異質だということもわかるはずです。
大気汚染や海洋汚染は、人間にとってよいことはありません。しかし、地球温暖化にそうしたマイナスはありません。
人類は中央アフリカに発祥したとされるので、むしろ地球が温暖化したほうが住みやすくなるということも考えられます。
ですから最近は、温暖化そのものよりも、温暖化の過程で生じる異常気象などの気候変動を問題視する傾向が出てきています。

それから気になるのは、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが、なにか崇高な目標のために活動しているかのような激しい口調で語ることです。
地球環境問題を、人類を超越した宗教的な問題のようにとらえているのではないかと心配です。
それではかえって人類の分断を招いてしまいます。
「みんながいっしょに住んでいる家をみんなできれいにしよう」ぐらいの感覚でやっていきたいものです。

polar-bear-3277930_1920

10月12日から13日にかけて台風19号が首都圏から東北を直撃しました。
これは大型のひじょうに強い台風で、「今までに経験したことのないような大雨」への警戒が呼びかけられました。
今年の夏はひじょうに暑かったですし、大雨などの災害も多く、やはり地球温暖化からくる気候変動が起こっているようです。


16歳の環境運動家、グレタ・トゥーンベリさんが国連で演説をし、二酸化炭素排出規制に取り組まない世界を激烈に批判し、話題となりました。

これに対して武田邦彦教授は例によって、「炭素排出による地球温暖化説は非科学的」と主張しました。武田教授によると、今の世界は氷河期であり寒冷化しているのだそうです。

トランプ大統領も地球は温暖化していないという考えのようです。今年1月にアメリカが寒波に襲われたとき、「温暖化はどうなったんだ?」「お願いだから早く戻ってくれ、君が必要だ!」などとツイートしました。

5年ぐらい前なら武田教授の説にもある程度信ぴょう性があったかもしれませんが、今では温暖化否定説を信じる人はまずいないでしょう。
予想されたよりは進行がゆるやかかもしれませんが、温暖化は確実に進んで、最近の異常気象もそのせいかと思えます。


プーチン大統領は、トゥーンベリさんに対して、別の観点から批判しました。

トゥンベリさんの国連演説、興奮を共有していない=露大統領
[モスクワ 2日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は2日、環境活動家のスウェーデン人高校生グレタ・トゥンベリさん(16)が行った国連演説について、興奮を共有していないとの感想を述べた。

大統領は、当地で行われたエネルギー関連フォーラムで、「(みなさんを)失望させてしまうかもしれないが、私はグレタ・トゥンベリさんの演説を巡る共通の興奮を共有していない。彼女に対して誰も、近代世界は複雑かつ多彩で、アフリカや一部アジア諸国の人々はスウェーデン同様の豊かな生活水準を望んでいるということを説明してあげていない」と述べた。

トランプ米大統領はトゥンベリさんを嘲笑、カナダのマキシム・ベルニエ議員は、トゥンベリさんは人騒がせで精神的に不安定だと発言した。
https://jp.reuters.com/article/russia-putin-thunberg-idJPL3N26O15B
プーチン大統領は「途上国に太陽光発電を強要するとコストの問題はどうなるのか」とも発言しています。
つまり南北問題から地球温暖化をとらえているのです。

先進国はこれまでさんざん炭素を排出して経済成長し、途上国が同じことをしようとすると、先進国がそれを止めようとする――そういう構図になっています。
自分たちはクジラをさんざん捕ってきて、あとから日本が同じことをしようとすると、クジラが絶滅するから捕るなと主張する反捕鯨国の論理と同じです。
トゥーンベリさんもそうですが、環境問題に熱心なのはだいたい先進国の人間です。

プーチン大統領は「炭素排出による地球温暖化説」は否定していません。それが武田教授やトランプ大統領と違うところです。


プーチン大統領ははっきりとは言いませんが、地球温暖化を歓迎しているに違いありません。
ロシアの国土はほとんどが寒冷地ですから、地球温暖化が進めば人間にとって住みやすくなりますし、農業生産もふえるからです。

当たり前のことですが、地球温暖化にはプラスとマイナスの両面があります。
ところが、世界のメディアは温暖化のマイナス面しか取り上げません。それも非科学的で情緒的な取り上げ方です。

その典型が、温暖化が進んでシロクマの生存がおびやかされている、シロクマがかわいそうだ――というものです。
しかし、シロクマはアザラシを主な食糧としているので、シロクマの数がへると、アザラシが喜ぶ理屈です。また、シロクマの数がへるとそのテリトリーに南から入ってくるなにかの動物がいるはずで、その動物にとってはうれしいことです。
シロクマの数がへってアザラシの数がふえようが、シロクマの数がふえてアザラシの数がへろうが、地球環境にとってはどちらでもいいことです。

温暖化でマラリア蚊の棲息範囲が広がったと言われますが、これは要するに人間にとって不利益だということです。
しかし、温暖化によって、たとえばインフルエンザの脅威はへっているはずなので、それは人間にとって利益です。
サンマが不漁なのは温暖化のせいだという説があります。そうかもしれませんが、寒流に棲息する魚がへれば、暖流に棲息する魚がふえます。
氷河が後退していると言われますが、人間にとってたいした不利益はありません。

地球温暖化は人間にとってプラスとマイナスの両面があると言いましたが、人類の祖先は中央アフリカで誕生したので、どちらかというとプラスのほうが多いはずです。
北海道や東北の人間は温暖化を喜んでいるに違いありません。マスコミはそういう声は取り上げませんが。
温暖化で海水面が上昇すると言われましたが、今のところそれほどでもありません。
温暖化が加速度的に進んで環境が激変すると困りますが、二酸化炭素ガス濃度がふえると植物がそれを吸収するという復元力が働くので、そうはならないでしょう。
かつて何度も氷河期があったように、地球の気温は大きく変動してきましたから、現在の変動もその範疇です。

ただ、温暖化の進行によって異常気象が起こりやすくなり、それが現在の問題であるという状況です。


あと、人間の経済活動という「人為」によって地球環境を変えるのはどうかという倫理上の問題もあります。
しかし、牛のゲップに含まれるメタンガスの温暖化促進効果はかなりのものだと言われます。
「人為」も「牛為」も同じだと思えば、どうということはありません。


動植物を「外来種」と「在来種」に分けて、「外来種」を排除することも行われています。
人間の頭の中に「理想の環境」というものがあって、外来種はそれを乱すと見なされているのでしょう。
よく手入れされた日本庭園にセイタカアワダチソウが生えてきたのを引っこ抜く感覚です。

地球温暖化問題もそれに似ています。人間の頭の中に「理想の環境」があって、温暖化はそれを乱すというわけです。しかし、それは人間の勝手な考えで、地球環境にとってはどうでもいいことです。

そうすると、環境運動家はなぜあんなに熱心かということになります。
武田教授は環境利権があるのだという説ですが、私は宗教的信念からではないかと思います。

旧約聖書にはこうあります。

27 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。 
28 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。 
https://ja.wikisource.org/wiki/創世記(口語訳)#第1章

神は人間に「地を従わせよ」「すべての生き物とを治めよ」と命令したので、人間は神の代理人として地球を支配しています。
地球の気候をコントロールすることは、いかにも神の代理人にふさわしい行為です。

トゥーンベリさんの国連でのスピーチの第一声はこうでした。

私から皆さんへのメッセージ、それは「私たちはあなたたちを見ている」、ということです。

これは、若者の目がおとなたちを見ているという意味ですが、神が人間を見ていることのアナロジーになっています。
欧米の環境運動家の情熱は、半ば宗教的信念からきているのではないでしょうか。

日本人には地球環境を支配しなければという意識はありません。人間は自然に従って生きていくものと思っています。


気候変動による異常気象は問題ですが、地球温暖化は恐れるべきものではなく、いくらか歓迎してもいいぐらいです。

スクリーンショット (6)
トランプ大統領をにらみつけるグレタ・トゥーンベリさん


「ヒステリー」という言葉を久しぶりに目にしました。

ヒステリーは神経症の一種ですが、ギリシャ語で「子宮」を意味する言葉が語源で、女性特有の神経症とされてきました。女性がちょっと興奮すると「ヒスを起こした」と揶揄され、性差別と結びついた言葉です。
ですから、すっかり死語になっていたのですが、突然死語が復活したのは、国連の気候行動サミットでスピーチした16歳の環境活動家グレタ・トゥーンべリさんを人格攻撃するためです。
「環境ヒステリー」という言葉までつくられました。

トゥーンべリさんは自分がアスペルガー症候群であることを公表していますが、テレビでキャスターや政治評論家までが「精神異常」や「精神障害」という言葉でトゥーンベリさんを攻撃して、問題になりました。
発達障害の人を発達障害を理由に攻撃するというのは、通常はありえないことです。

「父親の操り人形だ」とか「環境活動家に利用されている」という批判もありましたが、これもトゥーンベリさんの人格を認めていないわけで、一種の人格攻撃です。


トゥーンベリさんが訴えたのは、地球温暖化対策が不十分だということですから、反論するならそのことについて反論するべきです。
人格攻撃になってしまったのは、温暖化対策に反対する人たちがまともな論理を持っていないからでしょう。

それに加えて、トゥーンベリさんが16歳の子どもだということもあります。
「子どもはおとなに従うべき」という価値観を持っていると、自分の意志で行動している子どもが許せません。
今回、トゥーンベリさんが激しい人格攻撃を受けたのは、そういうおとなが多かったからでしょう。

トゥーンベリさんに怒りを向けるおとなを揶揄する動画を、オーストラリアABCテレビがつくって話題になっています。

グレタ・トゥーンベリさんにお怒りの皆様に“コールセンター“が誕生。オトナの「赤ちゃん返り」を描き話題に

トゥーンベリさんに怒りを向けるおとなを「赤ちゃん返り」と見なしているわけです。
これは実際にありうることです。子ども時代に自分の意志を踏みにじられたことがトラウマになっているおとなは、トゥーンベリさんのように自分の意志で行動する子どもを見ると、子ども時代の怒りがよみがえってくるのです。
この心理は、子どもを虐待する親の心理とも共通します。

トゥーンベリさんは「親の操り人形」と攻撃されましたが、親の操り人形ということで言えば、現在、学校に行ったり習いごとをしたりしている子どもはすべて親の操り人形です。
親の操り人形はまったく問題にされなくて、自分の意志で行動する子どもは問題にされるのは、今の世の中の価値観が根本的に間違っているからです。

トゥーンベリさんを巡る今回の騒動でわかったのは、地球温暖化も問題ですが、自分の意志で行動する子どもを攻撃する世の中も大いに問題だということです。

このページのトップヘ