村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:地震

今日で大震災からちょうど2年です。
思い返せば、あの日から1年ぐらいは私も平常心ではなかったと思います。ネガティブなことばかり考えて、毎日の生活を楽しむゆとりがありませんでした。しかし、2年たった今は、ほとんど以前と変わらない暮らしができています。
とはいえ、被災地の人々はまだたいへんな状況ですから、自分だけ生活を楽しんでいるのも薄情なことです。
もっとも、薄情といえば、日本全体がそうかもしれません。世の中は「安倍バブル」に浮かれ、原発事故の悲惨さも忘れたかのように原発推進に戻ってしまいました。
 
2年たって「元の木阿弥」という言葉そのままになっています。
 
総選挙で自公政権に戻ってしまったのが「元の木阿弥」です。政権交代はしかたなかったにしても、自公が強くなりすぎ、かつ民主党が負けすぎて、次の選挙で政権交代の起こる可能性がほとんどなくなってしまいました。政権交代の危機感のない政治がだめになるのはわかりきったことです。
 
なぜ民主党がこれほどまでに支持を失ったかについては、右翼勢力と既得権益勢力の大きな力が働いていたといわざるをえないでしょう。
たとえば、民主党政権下では、尖閣諸島沖で中国漁船と海保の巡視艇が衝突したときのビデオを公開しないのはけしからんと非難の大合唱が起き、ビデオを流出させた海保職員が英雄扱いされるほどでした。中国と対立しているときに政府批判をするというのは愛国者としてあるまじき行為ですが、日本の愛国者というのはその程度のレベルです。
で、安倍政権下になると、中国の海洋監視船などが連日尖閣諸島周辺を航行し、また中国政府は尖閣対応を強化するために「国家海洋委員会」を新設するなどしていますが、日本のマスコミはいたって冷静な報道で、民主党政権下とは大違いです。
もっとも、安倍政権は中国軍による射撃管制用レーダー照射を公表し、中国に一泡吹かせて、日本国民も溜飲を下げたということもあると思われます。しかし、中国はこれ以降、安倍政権との敵対姿勢を強めています。中国との関係はこれから問題になるでしょう。
 
管政権の原発事故対応もずいぶんと批判されましたが、もし自公政権下で原発事故が起こっていたとすれば、もっとひどいことになっていたでしょう。管首相は東電と原子力安全保安院がどうしようもない無能組織であることをすぐに見抜いて対応しただけましです(東電でも吉田所長以下の現場はよくやったと思いますが)
 
ともかく総選挙で安倍政権が成立し、原発再稼働の方向になりました。しかし、その論理はいい加減です。
たとえば、現在日本で唯一稼働している大飯原発ですが、活断層の上にあるという説と、それは活断層ではなく「地滑り」だという説の両方があるので、科学的には結論が出せないという状況にあります(「地滑り」説の専門家は原子力ムラのために主張しているだけのような気がしますが)
しかし、両論があるからといって稼働を続けているのはへんです。ある食品に発がん性があるという説とないという説の両論がある場合、科学的に結論が出ていないからといってその食品を食べ続ける人はいないでしょう。安全性に疑問がある以上、稼働停止するのが当然ですが、当然のことが行われていません。
原子力ムラの利権恐るべしです。
 
原発を再稼働するべきか否かは、安全性、コスト、核廃棄物処理、電力事情、地球温暖化などあらゆる要素を勘案して総合的に判断しなければなりませんから、私がここで中途半端なことを書いても意味がないでしょう。ですから、ひとつのことだけ指摘しておきます。
 
今、原発再稼働を主張する人たちはみな、「再稼働が現実的だ、現実主義的な判断だ」と主張します。
しかし、原子力発電というのは昔、現実主義的ではなく理想主義的なものでした。原子力発電は「第三の火」と言われ、これによって人類は無尽蔵のエネルギーを手に入れて、限りなく進歩していけるバラ色の技術だったのです。
しかし、今では原発を指して人類の理想だとか理想主義的だとかいう人はいません。原発推進派ですら、原発は現実主義的だといいます。
ということは、原発はなければそれに越したことはないという認識のはずです。
つまり原発の評価は誰の認識においても、すでに地に落ちているのです。
 
原発を再稼働させたい人は、目先の利益だけを考えているに違いありません。
 
原発事故という過酷な現実を経験しても何も学ばない人たちがいっぱいいることにはあきれてしまいます。

文部科学省が「復興教育」に取り組む方針だそうです。
「復興教育」ってなんだと思いますが、記事を読んでもよくわかりません。だいたい今の子どもがおとなになるころには復興も終わっているはずですし。
『非常時にも自ら判断し行動できる「生き抜く力」を育むこと』というくだりがあります。やはりこれがだいじなことでしょう。とすると、「防災教育」あるいは「災害対応教育」に主眼があるのだと解釈しておきます。
 
『一人ひとりが迷わず高台に逃げる「津波てんでんこ」の教えをもとに防災教育に取り組んでいた学校は、助かった子が多かった』という指摘があります。
これはだいじな指摘です。逆にいうと、「津波てんでんこ」の教えをもとに防災教育に取り組んでいなかった学校では、助からなかった子が多かったわけです。
つまり文部科学省の防災教育の不備が津波の犠牲を大きくしたということになります。
今回の大震災では、原発事故を起こした経産省、東電の責任が大きく問われましたが、防災教育をおろそかにしていた文部科学省の責任も当然問われるべきです。
 
もっとも、ほとんどの人にとって、「津波てんでんこ」ということを知ったのは震災後のことでしょう。これは民間伝承で、ほとんど忘れられていたからです。
自分の命を救うためのノウハウがほとんど忘れられてしまうということは、今の世の中のあり方に根本的な間違いがあることを示唆しています。
 
「津波てんでんこ」ということは、とりあえず自分が助かりなさい、そうしたほうが結果的に多くの人が助かる、ということでしょう。切迫した状況で人を助けようとしてはいけないということでもあります。
いわば利己的行動の勧めです。
 
今の世の中、利己的行動を勧める人はほとんどいません。逆に利他的行動や自己犠牲を勧める人はいっぱいいます。
それはみんなが利己的だからです。みんなは他人が利他的行動や自己犠牲をしてくれれば自分の利益になると考えているので、他人に利他的行動や自己犠牲を勧めるのです。
文部科学省が進めてきた道徳教育も同じです。ですから、「津波てんでんこ」の教えが道徳教育に取り入れられることもなかったのです。
 
しかし、これからの文部科学省は防災教育に力を入れるそうなので、「津波てんでんこ」も取り入れることでしょう。そうでなければ困ります。
 
ところで、話は変わるようですが、津波がくるとき、宮城県南三陸町の防災放送担当の24歳の女性が最後まで庁舎に残って住民に避難を呼び掛け、自身が犠牲になるという出来事がありました。この女性は秋に結婚式を控えていたそうで、よけい人々の涙を誘いました。
 
従来の道徳の副読本では、この手の話が好まれました。しかし、この話は防災教育には役立ちません。防災放送担当という特殊な立場の人の話だからです。一般の人はなにも考えずに逃げなければいけません。
 
文部科学省は防災教育において、こうした自己犠牲の話を取り入れたい欲望にかられるでしょう。しかし、それをすると災害時に犠牲をふやすことになります。
文部科学省は、これまでの道徳教育の間違いを認め、利己的行動を勧める方向に転換しなければなりません。

昨日、「原発作業員のヒロイックな仕事ぶり」というエントリーで、海外メディアは原発作業員のヒロイックな仕事ぶりを報じたがっているに違いないから、政府や東電はそれに対応することで原発事故の実態を海外に正しく知らせるようにするべきだと書きました。
しかし、政府や東電はきっとそれをしないでしょう。その理由はふたつあると思います。
ひとつは、日本人の基本的な考え方として、ヒーローをつくりたがらないというところがあると思います。たとえばチリの鉱山落盤事故のとき、世界のメディアはやたらヒーロー中心の報道をしましたが、多くの日本人は違和感を覚えたのではないでしょうか。日本人の感覚としては、みんなが団結してがんばったから救出されたのだというふうに考えますし、日本のメディアが報道したとすれば、むしろ目立たない「縁の下の力持ち」に焦点を当てた報道が行われたのではないかと思います。
私は、これはこれで日本人の美質だと思います。
 
もうひとつの理由は、現場の作業員がメディアに直接しゃべるようになると、とくに東電上層部について不都合なことがいっぱい出てくる可能性があることです。
たとえば、福島原発では津波で多くの線量計が失われたために、ひとつの作業班に1個の線量計で作業していたということが報じられました。線量計が足りないなら、すぐにほかの原発から回せばよいことです。もちろんそれは現場にできることではなく、東電本店がするべきことで、上層部の無能ぶりを示しています。もし作業員にインタビューしていたら、そうした不満が噴出するかもしれません。
だから、東電上層部は作業員に語らせることはしないでしょう。
その結果、海外のメディアは不満をつのらせ、海外の人たちは日本の原発事故の実態をよく知らないまま、日本への旅行をとりやめ、日本製品を敬遠することをしばらく続けることになるでしょう。

放射能の恐怖で外国人観光客がへったり、外国で日本製品が拒否されたり。まさに国際的な風評被害ですね。
政府は広報活動を積極的にやるべきだという声がありますが、政府広報なんてたいして効果はないでしょう。それよりも、向こうが求める情報を発信するべきです。
では、向こうが求める情報とはなんでしょうか。それは、「フクシマ50」という言葉に表されるように、原発作業員のヒロイックな活動です。作業員の生の声、作業する姿の映像、作業員の家族の声などを海外メディアは知りたがっていると思います。
そして、そうした報道の中で放射能汚染の実態もおのずと明らかになっていくでしょう。
東電や政府は個々の作業員に焦点を当てた報道ができるように配慮するべきだと思います。

大震災の前、政治の世界で問題になっていたのは、「政治とカネ」、問責決議、外国人献金などでした。今、そんなことを問題にする人は誰もいません。問責決議で内閣を追われた仙谷由人は震災後さっさと内閣に復帰しています(実力者ですから当然です)。あんなくだらないことで騒いでいたのはなんだったのでしょう。今は民主党政権や菅内閣を批判する人が多いですが、私は政治の世界全体が敗北したのだと思っています。
 
そして、官僚組織も敗北しました。これまで、日本の官僚は優秀だ、政治家は官僚を使いこなすべきだといわれてきましたが、原発問題で経産省、原子力安全・保安院、原子力安全委員会、半官営企業である東京電力はあまりにも無力でした。
 
そして、意外な勝者がアメリカでした。最初の海水注入から、真水への切り替え、窒素注入まで、まるでアメリカが日本を手取り足取り教えているようです。しかし、原子力技術において日米にそれほどの格差があるとは思えません。東芝、日立は世界的な原発企業です。おそらく政治や官僚組織の問題なのでしょう。
 
また、公共広告機構の嵐のようなCMは、免許制のテレビ局もまたダメ組織となっていることを示しました。CM枠をへらすとか、自社の番組宣伝をするとか、公共広告機構にしても過去につくった傑作CMを復活させるとか(著作権のことなど理由になりません)、いろいろ方法があるはずです。同じCMを際限なく繰り返すあの異常さは、テレビ業界の異常さを示していると思います。
 
そして、最大の勝者は被災者の人々でしょう。恐るべき苦難の中で助け合い、悲しみを受け止め、礼節をもって行動する姿は世界中の人々を感動させました。
 
ただ私は、これは日本人のすばらしさだというふうには考えません。
「災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上がるのか」(レベッカ・ソルニット著)という本には、世界各地の大災害において人々は互いに助け合うという事実が書かれています。テレビは商店が襲撃され、人々が商品を略奪していくシーンをよく報じますが、実際はごく一部のことなのです(欧米のマスコミはホッブス的な思想と貧困層やマイノリティへの差別からそういうシーンを好んで放送するようです)
 
被災者が助け合うのは、人間であるがゆえに助け合うのです。
社会の上部は腐っていても、人間そのものはすばらしい。
今回の大震災は、そのことを改めて教えてくれました。
 

まだまだ続く嵐のような公共広告機構(AC)のCM。最近は「日本の力を、信じてる」というやつが目立ちます。「信じてる」「信じてる」と繰り返されると、「お前、ほんとは信じてないだろ」といいたくなります。
そこへ殴り込んできたのがサントリーです。昔、サントリーがビール業界に殴り込んだとき、「『純生』の挑戦」といわれましたが、それに続く第二の挑戦ではないでしょうか。
「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」のふたつのバージョンがあって、有名人が少しずつ歌い継いでいくというやつです。過去サントリーのCMに出演した人が総勢71人も出ているそうです。まったく商品の宣伝をしないCMなので、とくに印象的です。
 
サントリーのCMは昔からセンスがいいので有名ですが、このCMをつくるに当たっては、宣伝部でこんなやりとりがあったのではないかと勝手に想像しています。
「ACは『がんばろう』とか『団結力』とか『日本の力を信じてる』とかやってるけど、なんか違うんじゃない」
「うん、違うと思う。あれ、むしろ不愉快だよな」
「今は励まされても力は出てこないと思うんだ」
「そうだよ。今ほんとに日本人が必要としているCMを俺たちでつくろうじゃないか」
ということで、「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」という哀愁に満ちた曲が選ばれたと思うのです。
 
落ち込んでいる人を励ませば元気になるというのはまったくの誤解です。むしろマイナスになります。
落ち込み方が少しの場合は、励ましたってたいしたことにならないので、今までそれで通ってきただけです。
しかし、深く落ち込んでいる人の場合は、そうはいきません。これは神戸震災のときにかなり知られるようになったと思います。また、うつ病の人を励ましてはいけないというのも今は常識になっています。
心理学で「喪の仕事」という言葉があります。肉親と死別したときなど、悲しみを受け止めていく心の作業がどうしても必要であり、これを中途半端にするとかえってよくないとされます。
たとえば失恋して悲しみに暮れているときは、中島みゆきの曲でも聞いて、思いっきり悲しみにひたったほうが早く立ち直れます。そういうとき、いっしょに悲しみに暮れてくれるのはいい友人です。励ましてくれるのはよくない友人です。
 
今回の大震災にあった日本人はまだまだ悲しみに暮れています。ですから、サントリーのCMは私たちの「喪の仕事」を助けてくれます。
ACの広告は私たちを励まそうとしているようです。
ですから、サントリーはいい友人ですが、ACはよくない友人です。
 
私はテレビで見たある場面が忘れられません。母親が行方不明になった小学生くらいの少女がガレキの海に向かって「お母さーん!」と叫ぶのです。居合わせた人はみんななにもいわずに泣いていました。そんなときに励ましの言葉などありません。
私はこの場面を思い出すたびに今でも涙がにじみます。
日本人はまだまだ「喪の仕事」をしなければなりません。

このページのトップヘ