f83082841d31667fd96dffa6ccf41c5c_m

日本政府の新型コロナウイルス対策を見ていると、世界のどこの国よりもだめな気がします。
どうしてこんなにだめなのでしょうか。

政府は2月25日、新型コロナウイルス対策本部を開き、対策の基本方針を決定しました。

「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針 」

この基本方針には具体策がなにもありません。
外出の自粛や時差出勤を呼びかけていますが、政府はその基準を示さず、判断は国民にゆだねています。

これはどういうことかというと、厚生労働省にまったく危機感がないのです。
そのことは「ゴジラのせき」発言からもうかがえます。

厚労省幹部「ゴジラのせき」 感染者受け入れ説明会での発言に住民は不快感
 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス感染者らを受け入れた愛知県岡崎市での住民説明会で、厚生労働省東海北陸厚生局の金井要局長が「ゴジラ」のような大きなせきをする人がいない限り感染しないとの発言をしていたことが分かった。加藤勝信厚労相は20日の衆院予算委員会で「住民が不安を抱えながら来ている説明会で全く不適切な対応。至らない発言だった。状況を把握した上で対応する」と陳謝した。
 国民民主党の大西健介氏は「住民の皆さんに失礼かつ、あまりに緊張感のない発言だ」と処分を求めた。加藤氏は処分には言及しなかった。大西氏によると、金井氏は説明会で「飛沫感染だ。直接触らないと感染しない。めちゃくちゃ離れてまで飛ばすほど大きなせきをする人はいない。ゴジラでもなければ」と発言。「最後はジョークです。笑っていただいてよろしいんですが」と付け加えた。「笑えない」と不快感を示す住民もいたという。
https://www.sanspo.com/geino/news/20200220/sot20022016500014-n1.html
 加藤勝信厚生労働相は25日の記者会見で、「ゴジラのせき」発言をした金井要局長を「厳重注意」したと明らかにしましたが、これは処分ともいえません。

「ゴジラのせき」発言はそれほどマスコミに取り上げられませんでしたが、むしろ今の事態を理解するキーワードではないかと思います。

この発言は、金井局長個人のものというより、厚生労働省全体の気分を表現したものでしょう。
新型コロナウイルスの感染力はきわめて低いというのが彼らの認識です。
さらに、感染しても高齢者や持病のある人以外はそれほど重症化せず、個人の免疫力で十分に治癒するという認識もあるでしょう。
厚労省全体がそういう認識だとすると、これまで厚労省のやってきたことが全部理解できます。


ダイヤモンド・プリンセス号内がレッドゾーン、グリーンゾーンの区分けができておらず、隔離がでたらめだということが岩田健太郎教授によって指摘されましたが、新型コロナウイルスの感染力が弱いという認識であれば、それでもいいわけです。
多くの乗客を下船させて、公共交通機関を使って帰宅していいという指示を出したのも、新型コロナウイルスの感染力を軽視しているからです。

ダイヤモンド・プリンセス号に乗り込んで作業していた厚労省職員が、ウイルス検査を受けずに職場復帰していたという事実も明らかになりました。なぜ検査しないかというと、「検査して陽性者が出ると業務に影響するから」という理由です。
こんなおかしな理由はないということで批判が高まり、結局、加藤厚労相は22日、作業に当たった41人を対象に検査を実施すると発表しました。
検査をしなかったのも、感染力が弱いという認識だからです。それに、職員は壮年で健康体ですから、肺炎が発症しても大したことはないという認識もあったでしょう。
検査して一人でも陽性者が出ると、その濃厚接触者も隔離しなければならないので、確かに業務に影響します。

ダイヤモンド・プリンセス号に乗り込んだ医師や看護師については、検査せずに職場復帰するという方針のままです。これも感染力や肺炎の症状を軽く見ているからでしょう。

検査しないのは、国内での感染者の数を少なく見せかけるためだという説もあります。確かにそういう面もあるかもしれませんが、厚労省職員の検査もしないというのは、やはり新型コロナウイルスを軽視しているからでしょう。

また、中国から国立感染症研究所に対して1万2500人分のPCR検査キットが無償提供され、性能的にも問題ないと同研究所から厚労省に報告されているのに、いまだに活用されていません。加藤厚労相は25日の答弁で「もともとある供給力と調整していきたい」などと意味不明のことを言っています。
https://lite-ra.com/2020/02/post-5276_2.html



こうしたおかしな対応について、私は「新型コロナウイルスより怖い“嘘ウイルス”」という記事を書いて、安倍政権は「ダイヤモンド・プリンセス号の隔離はうまくいった」という“大本営発表”をしたために、自分のついた嘘を信じ込んでしまったのではないかという考えを述べました。
この考えは、事態が政治主導で動いているという前提でした。
しかし、現場を動かしているのは厚労省です。
今の事態は政治家と官僚の合作と見るべきでしょう。

厚労省の官僚は専門家集団としてのドグマにとらわれて、新型コロナウイルスの脅威が認識できていないのでしょう。
ここで思い出されるのが、東日本大震災における原発事故です。あのとき経産省、原子力安全・保安院、東京電力は“原発安全神話”に縛られていて、まったくまともな対応ができませんでした。
今の厚労省の官僚は“感染症安全神話”に縛られているのです。

なお、原発事故のときの菅直人首相は、原子力安全・保安院や東京電力がまったく無能なことをすぐに見抜き、個人的なつてで専門家の意見を聞いて、独自の判断で対応しました。もしこれが民主党政権でなく自民党政権だったとしたら、経産省、原子力安全・保安院、東京電力は自民党が育てた組織ですから、彼らの判断を疑うことができなくて、悲惨な結果を招いていたのではないかと私は思っています。

今、安倍政権は“感染症安全神話”に縛られた厚労省の判断を疑うことなく、それに丸乗っかりしています。
安倍政権がまともな新型コロナウイルス対策を出せないのは当然です。