村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:桜を見る会

9b95b87f5d7f0f89a53f3f9752a1b52c_m

東京オリンピック延期が3月24日に決定されたとたんに、東京での新型コロナウイルスの感染者数が急増しました。やはり誰かがコントロールしているのでしょうか。

とはいえ、まだまだ日本人の危機意識は少ないようです。
その代表格が安倍首相夫妻です。
昭恵夫人が3月末に都内で私的“桜を見る会”を楽しんでいたと「NEWSポストセブン」が報じました。

安倍昭恵氏、花見自粛要請の中で私的「桜を見る会」していた
 満開を迎えようという桜、そして笑顔の男女──その中心にいるのは、安倍首相の妻・昭恵夫人だ。森友学園問題をめぐり自殺した近畿財務局職員の手記が報じられ、疑惑が改めて注目される中、渦中の昭恵夫人は私的な“桜を見る会”を楽しんでいた。
 3月下旬の都内某所、ライトアップされた桜をバックに肩を寄せ合う13人。その中心に写っているのが昭恵夫人だ。写真を見た、参加者の知人はこう話す。
「この日の参加者は、昭恵さんと以前から交流があった人が中心だそうです。写真で昭恵夫人の隣にいるのは人気モデルの藤井リナさん。藤井さんは2014年にYouTubeで昭恵さんと対談するなど、もともと交友があったようです。他にもアイドルグループ・NEWSの手越祐也さんや音楽プロデューサーなど芸能関係者の姿もありました」
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池百合子・東京都知事が花見の宴会などの自粛を要請する中、この写真を世論はどう受け止めるだろうか。
(後略)
https://www.news-postseven.com/archives/20200326_1550908.html/2

昭恵夫人は、森友問題から「桜を見る会」問題まで、世の中を引っかき回してきましたが、今も同じです。

昭恵夫人はそういう人だとして、問題は安倍首相です。危機意識がまったくないのです。
3月27日の参院予算委で立憲民主党の杉尾秀哉議員にこの問題を質問されると、安倍首相は「レストランで知人と会合を持った際に、レストランの敷地内の桜の下で撮っている」と主張し、「東京都が自粛を求めている公園での花見のような宴会を行なったという事実はない」「レストランに行ってはいけないのか」などと反論しました。

詭弁を弄して自己正当化をはかるのはいつものことですが、最大の問題は、安倍首相が感染のメカニズムをまったく理解していないことです。
問題は花見か否かではありません。
レストランで13人も集まって会食したら、密閉、密集、密接という三つの「密」を犯して、感染リスクを高めることになるからよくないのです。

昭恵夫人が感染したら安倍首相も感染する可能性が大です。
安倍首相としては、自分が感染するのは国家安全保障上の大問題ですから、昭恵夫人に向かって、そんな危ないことはやめろと言うのが当然です。


感染に対する危機感のなさは、安倍政権に一貫しているものです。安倍首相だけでなく、加藤厚労相や菅官房長官の言動にも危機感はありませんし、自民党議員全体もそうです。自民党の打ち出した経済対策は「お肉券」や「お魚券」といったものです。

一度だけ危機感がありそうに思えたのは、安倍首相が2月29日に全国の小中高の一斉休校を打ち出したときです。
しかし、一斉休校にするのは、学校を通じて感染が拡大するのを防止するためのはずですが、安倍首相は記者会見でまるで「子どものため」であるかのように言いました。

 学校が休みとなることで、親御さんには御負担をおかけいたします。とりわけ、小さなお子さんをお持ちの御家庭の皆さんには、本当に大変な御負担をおかけすることとなります。それでもなお、何よりも子供たちの健康、安全を第一に、多くの子供たちや教職員が日常的に長時間集まる、そして、同じ空間を共にすることによる感染リスクに備えなければならない。どうか御理解をいただきますようにお願いいたします。
 万が一にも、学校において子供たちへの集団感染のような事態を起こしてはならない。そうした思いの下に、今回の急な対応に全力を尽くしてくださっている自治体や教育現場の皆さんにも感謝申し上げます。
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0229kaiken.html
安倍首相はこのときから感染のメカニズムがわかっていませんでした。
そのため、感染者のいない県にまで一斉休校を要請し、一方で学童保育施設で子どもたちが“濃厚接触”するというおかしなことになりました。

これはまずいやり方だったので、安倍首相は3月20日に休校要請は延長しないことを表明し、4月の新学期は平常通りになる見通しですが、感染者が急増して東京都が週末の外出自粛要請しているのとちぐはぐな動きになりました。


ところで、ドイツのメルケル首相は3月18日、きびしいウイルス対策をとることについて国民の理解を求めるための演説をしましたが、こちらは安倍首相とは対照的です。
その演説から一部だけ引用します。

ウィルス学者の助言は明確です。握手はもうしない、頻繁によく手を洗う、最低でも1.5メートル人との距離を取る、特にお年寄りは感染の危険性が高いのでほとんど接触しないのがベスト、ということです。
こうした要求がどれだけ難しいことか私は承知しています。緊急事態の時こそお互いに近くにいたいと思うものです。私たちは好意を身体的な近さやスキンシップとして理解しています。けれども、残念ながら現在はその逆が正しいのです。これはみんなが本当に理解しなければなりません。今は、距離だけが思いやりの表現なのです。
よかれと思ってする訪問や、不必要な旅行、こうしたことすべてが感染拡大を意味することがあるため、現在は本当に控えるべきです。専門家がこう言うのには理由があります。おじいちゃんおばあちゃんと孫は今一緒にいてはいけない、と。
不必要な接触を避けることで、病院で日々増え続ける感染者の世話をしているすべての方々を助けることになります。こうして命を救うのです。
https://www.mikako-deutschservice.com/post/コロナウイルス対策についてのメルケル独首相の演説全文

メルケル首相は感染のメカニズムを理解した上で、危機感を持って国民に呼びかけています。
比較すると、安倍首相の認識がまったくだめなことがわかります。

なお、日本では若者の行動抑制を求めていますが、ドイツでは年寄りと接触しないよう求めていて、目的が明快です。


今はウイルスが相手の戦いですから、科学的で合理的なやり方をしなければなりませんが、安倍首相の頭には精神主義ばかりが詰まっていて、科学的とか合理的ということを理解できないのかもしれません。

angry-35446_1280

沢尻エリカ容疑者が合成麻薬MDMAを所持していたとして11月16日に逮捕されたとき、安倍首相の「桜を見る会」私物化問題がマスコミに騒がれていたタイミングだっただけに、世間の関心をそらすための逮捕ではないかという憶測を呼びました。

私が最初にネットで目にしたのは、東ちづるさんが「法を犯した芸能人の逮捕に、必要以上に大騒ぎしなくていいです」「騒ぐべきは、政治家や特権階級の人たちが法を犯しても逮捕されてない現実にです」とツイートしたという記事です。
それから、ラサール石井さんが「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ」とツイートしたという記事もありました。

そして、堀江貴文氏がこの件に関して、「こいつあたまが腐ってる」と非難したというニュースを目にしました。
「あたまが腐ってる」とは尋常な言葉づかいではありません。いったい誰を非難したのかが気になって、記事を見てみました。

堀江貴文氏「まじ狂ってる」沢尻政権陰謀説に反論
ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が、女優の沢尻エリカ容疑者(33)の逮捕をめぐりネット上でささやかれている“政権陰謀説”についての鳩山由紀夫元首相(72)のコメントに反論した。
鳩山氏は18日、ツイッターを更新し、「沢尻エリカさんが麻薬で逮捕されたが、みなさんが指摘するように、政府がスキャンダルを犯したとき、それ以上に国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である」とコメントした。
堀江氏は鳩山氏の発言に、「まじで、ほんとにこいつあたまが腐ってる。こんな奴が総理大臣やってたとかまじ狂ってる」とツイート。「つかよ、お前よ、政権の中枢にいたろ?芸能人の麻薬逮捕ネタで覆い隠そうとか事実上できないのとかよくわかってるよな?」と反論した。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911190000183.html

ホリエモンが非難したのは鳩山由紀夫氏でした。

ホリエモンのツイートに対して、「鳩山氏のことよりも安倍首相のほうを批判するべきだ」などの反論もありましたが、それよりも「あたまが腐ってる」とか「こいつ」とか「まじ狂ってる」とかの言葉づかいの悪さに対する反響のほうが大きかったようです。

鳩山氏を批判しても世の中がよくなるわけではないので、ホリエモンの言葉づかいの悪さだけが浮き上がります。
沢尻エリカ容疑者逮捕で政府の陰謀論を述べた人はほかにもいるのに、ホリエモンはなぜ鳩山氏だけ、しかも言葉をきわめて非難したのでしょうか。

キーワードは「首相」と「逮捕」です。


2005年、いわゆる郵政解散による総選挙のとき、ホリエモンは小泉純一郎首相にとくに請われて、自民党の公認や推薦はありませんでしたが、実質的に自民党候補として出馬したことがあります。つまり「首相のお友だち」だったわけです。
ところが翌年、ホリエモンは東京地検特捜部に逮捕され、最終的に実刑判決を受けます。
これがなんの罪であるのか、私は当時から何回説明を聞いてもよくわかりません。
ホリエモンも最高裁まで争ったのですから、判決には納得していないはずです。

当時、ホリエモンはプロ野球の球団買収やTBS買収に動いて、世の中をかき回していましたから、検察に目をつけられたのでしょう。
検察は独立性があって、小泉政権でもコントロールできませんでした。ですから、首相のお友だちでも逮捕されます。
というか、検察によるホリエモン逮捕は、小泉改革が進んで官僚組織の利権に及びそうになっていたことへの警告の意味があったでしょう。
私の個人的な推測ですが、小泉首相がまだ人気があったのに引退したのは、検察にスキャンダルを握られるなどして引退に追い込まれたのではないかと思っています。


ところが、安倍政権においては、検察も警察も完全にコントロールするようになりました。そのため首相のお友だちは絶対に逮捕されません。その典型は、安倍総理を持ち上げた「総理」という著書のある元TBS記者の山口敬之氏が伊藤詩織さんをレイプしたとして逮捕状まで出ていたのに、直前になって逮捕状が執行停止になったケースです。虚偽答弁をして公文書改ざんを指示した財務省の佐川宣寿氏も逮捕されません。一方、安倍首相と対立した籠池夫妻はたちまち逮捕され、長期に拘留されます。

ホリエモンはそれを見ていて、首相のお友だちなのに逮捕された自分と引き比べて、深い憤りを感じたでしょう。

そうしたところに鳩山元首相が沢尻容疑者逮捕について言及しているのを知り、「首相」と「逮捕」のキーワードが一致した瞬間、日ごろからたまっていた憤りに火がついて、怒りが爆発したのでしょう。
しかし、その怒りをぶちまける先が間違っていました。

本来は自分を逮捕した検察と実刑判決を下した裁判所に怒りを向けたいところですが、それは社会的に認められません。
そこで、いちばん安易なやり方として、今は権力のない鳩山元首相に向けたのでしょう(おそらくホリエモンは権力批判ができない人なのです)。

鳩山元首相らの主張する「『桜を見る会』問題からマスコミの目をそらせるための沢尻容疑者逮捕」説は証拠がなく、推測にしかすぎません。しかし、可能性はあるので、その説を唱えたからといって、「あたまが腐ってる」などと非難されるいわれはありません。

ホリエモンは、自分がなにに怒っているのかを自覚するべきです。
「小泉首相のお友だちの俺は逮捕されたのに、安倍首相のお友だちが逮捕されないのはけしからん」というのが正しい怒り方です。

桜を見る会
平成31年4月13日  総理主催「桜を見る会」の開催(官邸HPより)

安倍首相の「桜を見る会」の私物化を見ていると、スケールは小さくても、モリカケ問題と構造がまったく同じです。

①安倍首相に近い人間に不当に利益が与えられる。
②それを指摘されると「まったく問題はない」と主張する。
③さらに追及されると、嘘や証拠廃棄を重ねて逃げ切る。

そして、今回も証拠の廃棄が行われました。

桜見る会「招待は適正」 内閣府幹部、名簿を廃棄
内閣府の大塚幸寛官房長は12日の衆院地方創生特別委員会で、安倍晋三首相の地元後援会員が多数招待された疑惑が指摘されている首相主催の「桜を見る会」をめぐり、政府の招待客選定に問題はないとの認識を示した。「プロセスは適正だと考えている」と述べた。
 招待客名簿について「保存期間1年未満の文書と位置付けており、会の終了後、遅滞なく速やかに廃棄している」と語った。「事実上もう、今は調べることはできない」とも強調した。
 招待客は、内閣府と内閣官房が各省庁の意見を踏まえて決定していると説明。「取りまとめの過程はこれまでのやり方で引き続き行いたい」として、改める考えがないことを強調した。
https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/191112/plt19111213300010-n1.html

「保存期間1年未満」というのは、ありえない日本語です。
森友問題のときにもこの言葉が出てきて、頭が痛くなったのを覚えています。

「保存期間1年未満」という言葉は、正しくは「即日廃棄可」ないしは「保存不要」と言わなければなりません。
つまり「1年」という言葉に意味はないのです。
もし「1年」という言葉に意味を持たせようとしたら、「廃棄期限1年未満」ないし「1年以上の保存不可」と言わねばなりませんが、これは意味が変わってきます。
頭のいい官僚が「保存期間1年未満」というおかしな言葉を使っているのはきわめて不可解です。

ちなみに各省庁が「桜を見る会」出席者の推薦名簿を作成しますが、文科省と総務省は推薦名簿の保存期間を10年としているそうです。
この「10年」はもちろん「10年以上」ないし「最低10年」という意味です。
「保存期間10年未満」という規定などあるわけがありません。


そうしたところ、今日の朝日新聞の『桜を見る会名簿破棄、石破氏も批判「残しておかなきゃ」』という記事の中にこう書かれていました。

管理が問題になっている名簿には、各省庁がつくった「推薦名簿」と、内閣官房と内閣府が推薦名簿から取りまとめた「招待名簿」がある。いずれの名簿も保存期間は各省庁が文書管理規則を定めて管理。内閣府の場合は、2018年4月から保存期間を「1年」から「1年未満」に変えた。
https://www.asahi.com/articles/ASMCG52YYMCGUTFK00W.html

「保存期間1年以上」を「保存期間1年未満」に書き換えていたのです。
官僚による規則改ざんです。
森友問題で佐川氏が文書の保存期間を「1年未満」としていたのも「1年以上」を書き換えたのでしょう(佐川氏のやり方を内閣府の官僚が真似たわけです)。
「保存不要」とするのが“正しい改ざん”の文章ですが、それでは目立つからやめたのでしょう。

「保存期間1年未満」という不可解な日本語の秘密がやっと解けました。



内閣府の大塚幸寛官房長は「会の終了後、遅滞なく速やかに廃棄している」と答弁しましたが、これは明らかな虚偽です。
「桜を見る会」は毎年開かれるのですから、前年の名簿を元に新しい名簿を作成するはずです。前年の名簿を捨ててしまったら、一から名前を積み上げていかなければなりません。

さらに、内閣府は名簿の廃棄について「紙媒体は5月9日、電子媒体はその前後に破棄した」と発表しましたが、5月9日は共産党の宮本徹衆院議員が内閣府などに資料要求をした日でした。
つまり意図的な証拠隠滅です。

もちろん大塚幸寛官房長が自分の判断で証拠隠滅をしたのではなく、もっと上の人間、政治家が指示をしたということはありえますが、そのへんの事情はわかりません。
今わかっているのは、明らかに大塚幸寛官房長が虚偽答弁をしているということです。

大塚官房長
11月14日の参院内閣委員会で虚偽答弁をする大塚幸寛官房長

森友学園問題では財務省の佐川宣寿氏が文書廃棄を指示し、国会で虚偽答弁をし、問題の隠蔽をはかりました。森友問題がうやむやになった最大の原因は佐川氏の“活躍”です。
しかし、佐川氏は刑事責任を問われることはなく、退職金をわずかに減額されただけでした。
マスコミは官僚から情報をもらうので、官僚批判はほとんどしません。そのことが佐川氏の逃げ切りを許したといえます。

今回の大塚幸寛官房長の名簿を廃棄したという答弁についても、マスコミは「内閣府の担当者」という書き方をして、大塚幸寛官房長の名前を出さないところもあります。
マスコミが官僚批判をしないので、安倍政権は官僚を前面に立てて証拠隠滅をはかれば逃げ切れるという計算でしょう。

政治家の手足となって虚偽や不正を行う官僚は当然批判されるべきです。


ともかく、「保存期間1年未満」というおかしな日本語から、文書管理という国の根幹が恣意的にゆがめられている実態が見えてきました。

このページのトップヘ