村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:生物学

STAP細胞を巡る騒動を見ていると、日本がどんどん劣化して、韓国並みの国になりつつあることを改めて感じます。
 
理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーによるSTAP細胞の論文に疑義が噴出して、大きな騒ぎになっています。ただ、今の段階ではSTAP細胞がつくれたことまで否定されてはいないようですが。
 
考えてみれば、最初から騒ぎすぎでした。確かにSTAP細胞がつくれたとすれば画期的なことのようですし、権威ある雑誌「ネイチャー」に論文が掲載されたことで、その論文の信頼性はかなり高くなりましたが、まだ論文が正しいと確認されていない段階で大騒ぎになってしまいました。
なぜそうなったかについてはいろいろな理由が挙げられます。
 
まず小保方晴子さんが30歳の“リケジョ”で、あまり科学者らしくないイメージの人であったたことで、マスコミが飛びついたということがあります。
それから、理化学研究所がみずからの存在価値をアピールするための広報戦略として、割烹着や研究室のピンクの壁などを演出したということがあったようです。
 
しかし、最大の理由は、小保方さんが日本人だったことでしょう。
つまりオリンピックで日本人が金メダルを取るとマスコミが騒ぐのと同じです。
 
もしこの論文がどこかアメリカの大学のアメリカ人が書いたものだったら、新聞の一面に載るかどうかもあやしいですし、一報はあっても、そのあと論文提出者のキャラクターなどを報道するということは絶対にないでしょう。
 
そもそも科学の成果というのは人類共通の財産であって、たとえばコペルニクスがポーランド人であることなどほとんど意味がありません。日本人にこだわるのはおかしなことです。
 
2012年、森口尚史という人がiPS細胞 を使って世界初の心筋移植手術を実施したと主張し、それを信じたマスコミが大々的に報道して大騒ぎになったことがありましたが、これなどいかにもあやしいにも関わらずマスコミが信じてしまいました。これも森口尚史という日本人だったからです。また、iPS細胞の発見者が日本人の山中伸弥教授であることももちろん関係しているでしょう。
 
つまり、日本人が科学的発見をしたとなると、マスコミはとたんに審査が甘くなり、大騒ぎしてしまうのです。
なぜそうなるかというと、日本人はこのところ自信を失って、自信を回復させてくれる情報に飢えているからでしょう。
 
これは“日本人の韓国人化”ととらえることができると思います。
もちろんこの表現は、週刊誌の嫌韓記事を読んで喜んでいる日本人に対するイヤミでもあります。
 
韓国では、当時ソウル大学獣医学部長であった黄禹錫(ファン・ウソク)がヒトの胚性幹細胞(ES細胞)の研究を世界に先駆け成功させたということでノーベル賞の有力候補として国民的英雄となっていましたが、2005年、論文の捏造発覚によりその権威は地に落ちました。これは日本でも大々的に報道されましたから、多くの人が知っているはずです。
今回の小保方さんの論文の騒動とひじょうに似ています。
 
韓国人は韓国人の科学的業績を無批判に信じてしまい、日本人は日本人の科学的業績を無批判に信じてしまう。似た者同士です。
いや、韓国はまだノーベル賞受賞者を出していない国ですから、日本が似ているとすれば、よほど日本が劣化したことになります。
 
慰安婦問題で日韓がやり合っているのも、同じレベルの国になったからに違いありません。
右傾化する日本がどんどん韓国に似ていくのは皮肉なことです。

ダーウィンの進化論によって、人間は初めて自然界の中に正しく位置づけられました。日本人にすれば、「生きとし生けるものいずれか歌を詠まざりける」という歌があるように、人間と動物を同一視する発想がありますから、人間はサルの仲間だといわれてもたいした抵抗感はありません。しかし、欧米人にすれば相当ショックだったようです。今でもアメリカには進化論を認めない人がいっぱいいます。
もちろん聖書に人間や動物は神によって創造されたと書いてあるからですが、それだけではありません。動物は獰猛で貪欲な存在ですが、人間は神に似せてつくられたゆえに道徳的な存在で、人間と動物は根本的に違うものだと考えられていたからです。
 
人間がサルから進化したものだとすれば、道徳は神から与えられたものではなく、人間がみずからつくりだしたものだということになります。人間はどのようにして道徳をつくりだしたのでしょうか。
ダーウィンはそのこともいち早く考えました。
ダーウィンは、社会性動物には親が子の世話をしたり、仲間を助けたりする利他的性質があり、当然人間にもより進化した利他的性質があり、人間はその利他的性質をもとに道徳をつくりだしたと考えたのです。
このダーウィンの道徳起源説は、とくに批判されることもなく現在にいたっています。「利己的な遺伝子」のリチャード・ドーキンスもダーウィンの道徳起源説を採用しています。
 
ダーウィンは確かに真実の扉を開きました。しかし、観音開きの片方を開けただけで、もう片方を開けるのを失敗してしまいました。道徳の起源を間違ってしまったからです。
そのため、人文科学や社会科学はダーウィン以降も旧態依然で、根本的にデタラメなままです。
 
私はダーウィンとは別の道徳起源説を思いつきました。
ダーウィンがいうように社会性動物や人間に利他的性質があるのは事実ですが、利己的性質もあり、どちらかといえば利己的性質のほうが根底にあります。
ですから私は、人間は利己的性質をもとに道徳をつくりだしたと考えたのです。
 
私が思いついたのはたったこれだけです。
思想や哲学というのはやたらむずかしいものですが、私の思想はあまりにも単純です。小学生でもわかるでしょう。
 
問題は、私の説が正しいか、ダーウィンの説が正しいか(それとも第三の説があるか)です。
 
私の説では、人間は道徳をつくりだしたために動物よりも利己的になり、単になわ張り争いをするだけでなく帝国をつくったり、奴隷制度をつくったり格差社会をつくったりしています。
 
もっとも、道徳観を転換するということは、生き方を転換するということでもあります。人間は急に生き方を変えられるものではありませんから、道徳観の転換も容易ではないということになります。
 
しかし、ダーウィン説が正しいか私の説が正しいかは、どちらが論理的でかつ現実に適合しているかで判断できますから、最終的に決着するのは時間の問題です。
 
 
私の道徳起源説については、私のホームページでより詳しく説明しています。
「思想から科学へ」村田基(作家)のホームページ

社会生物学者のエドワード・O・ウィルソンは、社会科学や人文科学はやがて生物学によって統合されるだろうと述べ、猛烈な反発を買いました。現実にも生物学が社会科学や人文科学を統合するような流れにはなっていません。ウィルソンの野望はなぜ達成されないのでしょうか。
それを考えるためにも今日はこの本をとりあげました。2009年出版の本ですが、昨日のエントリーで小田亮著「利他学」をとりあげた流れです。
 
イメージ 1
 
内藤淳著「進化倫理学入門」光文社新書
 
内藤淳さんはもともと法学畑の人ですが、生物学的な観点から人間をとらえて研究を行っているということで、この本もきわめて意欲的ものといえます。
新書らしく平明な文章で書かれていて、一見わかりやすく、おもしろそうですが、実際のところはそうではありません。インターネットで本書の書評や感想を調べてみると、はっきりいって悪評サクサクです。私自身も同じ感想です。
とはいっても、倫理学の本といえばつまらないものと決まっています。図書館や大型書店で倫理学の棚を見てみると、どれもこれもつまらなさそうな本ばかりです。本書も例外ではなかったということです。
しかし、本書は進化倫理学を名乗っています。進化倫理学も普通の倫理学と同じなのかと思われると困ったことですし、その意味で本書は罪つくりでもあります。
 
もっとも、内藤淳さん自身は、進化倫理学を名乗るのは当然だと思っているでしょう。というのは、内藤さんはダーウィンの説を踏襲して本書を書いたからです。
しかし、ダーウィンの説だからといって、すべてが正しいわけではありません。そこのところを検証してみましょう。
 
ダーウィンは「種の起源」を出版した12年後に「人間の進化と性淘汰」を出版し、そこで道徳の起源について述べました。
ダーウィンによると、社会性動物には親が子の世話をしたり、仲間を助けたりという利他的性質があり、人間はその利他的性質をもとに道徳をつくりだしたということです。
人間は道徳をつくりだしたことでさらに利他的行動をするようになり、そうして人間は道徳的な存在になったというわけです。
ダーウィンの進化論は、当時の人々の人間観をくつがえす革命的なもので、そのため大きな反発を招きました。今でもアメリカには進化論を否定する人がたくさんいます。しかし、ダーウィンの道徳起源説にはなんの反発も起きませんでした。なぜなら、それは革命的なものではなく、当時の人々の価値観と基本的に同じだったからです。
ダーウィンは道徳の起源を考えるときに、世の中に妥協してしまったのです。
ですから、法学畑の内藤さんもダーウィンの道徳起源説を抵抗なく受け入れ、“進化倫理学”の本を書くことができたというわけです。そして、それは当然ながら、従来の倫理学の本と同じものになってしまいました。
 
道徳の起源については、ダーウィン説のほかにもうひとつ考えられます。
動物は基本的に利己的なものであり、人間はその利己的性質をもとに道徳をつくりだしたというものです。
人間は道徳をつくりだしたことでさらに利己的になり、互いに激しく争ったり、支配したり、抑圧したりするようになったというわけです。
こちらのほうが本物の進化倫理学だと思います(内藤さんの“進化倫理学”と混同されては困るので、私は「科学的倫理学」と呼ぶようにしているのですが)
 
本書では、「嘘をついてはいけない」と子どもに教える理由について、嘘をつくと損をするからだというふうに説明されています。
道徳を損得のレベルで理解しようとするのは進化倫理学的に正しいのですが、正しいのはそこだけです。あとは全面的に間違っています。嘘をつくと得する場合はいっぱいあります。
では、正しい説明とはなんでしょうか。私はこんなふうにいいます。
「嘘をついてはいけない」と子ども教えるのは、嘘をつかれるとこちらが損をするからです。
「人に迷惑をかけてはいけません」と教えるのは、こちらに迷惑をかけられると損をするからです。
「人に親切にしなさい」と教えるのは、こちらに親切にしてもらうと得をするからです。
このように考えると、道徳がすべて損得のレベルで理解できます。
これこそが本物の進化倫理学です。
 
 
ウィルソンはダーウィンの間違いを訂正していません。そのためウィルソンの野望は達成されないのです。 
内藤さんには、人間は利己的性質から道徳をつくりだしたという考えのもとに、本書を書き直していただきたいと思います。

人間はあくまで動物ですから、人間の行動の基本的な部分が生物学的に規定されるのは当然のことです。たとえば、ホッブスは人間の自然状態を「万人の万人に対する戦争」であるといいましたが、進化論からすればそんな動物はすぐに絶滅してしまうはずで、ありえないことです。これからは進化生物学と整合性を持たない思想は淘汰されていかねばなりません。
というわけで、大震災後という、ある意味よいタイミングで出版されたこの本の書評を書いてみます。
 
イメージ 1
 
小田亮著「利他学」新潮選書
 
小田亮さんはもともとサル学の人で、本書は社会生物学、進化心理学、人間行動進化学といった分野の本になります。
 
大震災後、被災者たちの互いに助け合う姿が報道されて世界の感動を呼び、また世界中の人々から被災者への援助が寄せられました。人間はなぜこのような利他行動をするのかということを、主に進化生物学を使って科学的に説明したのが本書です。「利他学」というタイトルそのままです。
つねに科学的データに基づいて書かれ、文章も平明です。科学的データから離れて著者の推測を述べる部分は、ちゃんとそれとわかるように書かれています。
 
ただ、私には決定的な不満があります。それは、本書が利他学の本であるということです。
利他学の本に利他学の本であるからけしからんなどというのはいいがかりとしか思えませんが、たとえていえば、高血圧の予防法とか、ガンになりにくい食事とか、そんなことが知りたくて「健康本」なるものを手にとってみれば、もっぱら健康のすばらしさばっかりが書かれていたみたいなことです。健康のすばらしさを知ったからといって、それがなにかプラスになるということはありません。
 
利他学はあっていいのですが、もうひとつ利己学も必要です。利他学と利己学は車の両輪のようなもので、利他学だけではほとんど意味がないのではないでしょうか(もちろん第一歩としての意味はあります)。
 
大震災で被災者はすばらしい利他行動を示しました。その一方で、原発事故を招いたのは、政府、電力会社、原子力の専門家たちの利己的なふるまいでした。彼らはみずからの利益のために“安全神話”をつくりだし、原発建設予定地にお金をばらまき、その地域の人たちも利己的な行動として原発を受け入れました。
また、戦争は人々を不幸にする最大のものですが、人類がこれまで限りなく戦争を繰り返してきたのは、互いの利己行動がぶつかりあったからでしょう。
私たちの幸不幸はほとんど利己行動によって決定されているといっても過言ではありません。お金を手にしたり恋人を得たりすることで私たちは幸福になり、他人の利己行動によって幸福を奪われ、また自分の利己行動によってみずから不幸を招いてしまいます。
こうした利己行動も当然進化してきたはずです。
 
文系の学者は社会の矛盾や問題点を見て、そこから発想するのが普通だと思いますが、理系の学者はあまり社会の矛盾を見ない傾向があると思います。大学の先生ともなれば生活の不安はないし、社会の矛盾など見なくても生きていけるのでしょうか。
 
私たちのたいていの行動は、利己的であると同時に利他的でもあります。
たとえば、贈り物という行為は、一般的に利他的な行動と見なされていますが、文化人類学で「贈与の一撃」という言葉があるように、贈り物によって相手に精神的な負債を与えて自分が優位に立つという利己的な面もあります。
また、商売というのは主に利己的な目的でするものですが、客に喜ばれるという利他的な要素を追求することで結果的に成功します。
かといって、商人が「お客様のもうけが第一、こちらのもうけは二の次です」と語る言葉をまに受けてもいけません。
つまり、利己的要素と利他的要素は複雑にからみあっており、それを解明することにこそ学問の醍醐味があるのではないでしょうか。
利他学だけでは物足りないのです。
 
 
ところで、利他学と利己学を車の両輪として考えたとき、道徳をどう位置づけるかという問題が出てきます。
ダーウィンは、人間は利他的性質をもとに道徳をつくりだしたと考えました。「利己的な遺伝子」で有名なリチャード・ドーキンスも同じ考えですし、小田亮さんも同じ考えのようです。
しかし、私は人間は利己的性質をもとに道徳をつくりだしたと考えました。
常識とはまったく逆なので、私はこれを道徳観のコペルニクス的転回と呼んでいます。
そして、これによって人間のすべての行動を合理的なものとしてとらえることができ、人文・社会科学における科学革命が始まると考えています。
 
小田亮さんが今後、進化生物学による人間行動の研究を進めていかれるときには、この道徳の位置づけの問題をぜひ考慮していただきたいと思いますし、進化生物学界全体でも考慮していただきたいと思います。
 
道徳観のコペルニクス的転回については、村田基のホームページでより詳しく説明しています。
 

ダーウィンは、社会性動物には親が子の世話をしたり仲間を助けたりする利他的性質があり、人間はその利他的性質をもとに道徳をつくりだしたと考えました。これがダーウィンのつまずきでした。進化論を人間に適用するのに決定的な失敗をしてしまったのです。
人間など社会性動物に利他的性質があるのは事実ですが、利己的性質のほうが利他的性質よりも強いのは明らかでしょう。そうでないと生存競争を勝ち抜けないからです。
人間は利己的性質をもとに道徳をつくりだしたと考えるのが当然の発想です。そのように考えてこそ、人間の行動と動物の行動を比較することが可能になるのです。
 
ダーウィンのつまずきは、その後も訂正されることがありませんでした。「利己的な遺伝子」という概念を世の中に広めたリチャード・ドーキンスもダーウィン説を踏襲しています。そのため、せっかくの「利己的な遺伝子」もほとんど人間性や人間社会を解明する道具になっていません。
社会生物学、進化心理学はまったくマイナーな学問になっています。これもダーウィン説を訂正していないからです。進化ゲーム理論も道徳の位置づけを間違っていては、人間社会の限られた場面にしか適用できません。
 
私は、人間は利己的性質をもとに道徳をつくりだしたという説を提唱し、これを「科学的倫理学」と名づけています。「科学的」というのは「生物学的根拠がある」というぐらいの意味です。
社会生物学や進化心理学や進化ゲーム理論において「科学的倫理学」が採用されれば、これらの学問は爆発的に発展すると考えています。
当然、「科学的倫理学」を世に広めることが私の使命だと思っていますが、私は生物学者でもなく、浅学非才の身ですし、なかなか説得力を持たせられません。天動説が支配する世の中で地動説を唱えるのに似た困難もあります。
ということで、今はブログやホームページを通して世の中の反応を見ている段階ですが、いずれ「科学的倫理学」は世の中を激変させることになるでしょう。
 
より詳しい説明はホームページで。
 
「思想から科学へ」村田基(作家)のホームページ
(現在このホームページは休止中です)

このページのトップヘ