1999053_m

菅義偉官房長官の記者会見は、記者の質問は事前通告されていて、菅長官はカンペを読むだけです。
しかし、首相になると、国会質問で野党はあの手この手で攻め立ててきますから、臨機応変の答弁能力が必要です。
自民党総裁選に立候補してから、菅氏の答弁能力について早くも各方面から疑問の声が上がっています。

9月8日、「news23」(TBS系)に自民党総裁選に立候補した岸田文雄、菅義偉、石破茂の三氏が出席し、討論会が行われましたが、改憲問題について質問された菅氏は、「自衛隊の立ち位置というのが、憲法のなかで否定をされている」「憲法改正のなかで、自衛隊の位置づけというものを盛り込むべきだ」と言いました。

私はたまたまこの場面を見ていて、「自衛隊は憲法で否定されている」というのはあまりにもお粗末な失言だなと思っていたら、翌日の記者会見で菅氏は「発言は言葉足らずだった」と釈明し、「憲法に違反するものではないというのが政府の正式な見解だ」と訂正しました。

民間の改憲派は「自衛隊は憲法違反だから改憲を」と主張できますが、政府は自衛隊合憲論ですから、政府関係者はそんなことは言えません。安倍首相も「憲法学者の多数が違憲だと言っている」などと苦心した言い回しをしてきました。

菅氏がこんなお粗末な失言をするのは、憲法九条改正によほど興味がないし、やる気もないからだろうと私は思いました。


9月9日には自民党の青年局・女性局主催の、三候補が出席しての公開討論会が行われました。
これは「討論会」と銘打っていますが、三人が互いに議論することはなく、会場からの質問に三人がそれぞれ一分以内で答えるという「三人そろっての質疑応答」というべきものでした。

質問は「代表質問」と「自由質問」に分けられ、「自由質問」は各地方の青年局・女性局の人が現地からリモートでするというものでした。
「自由質問」と言うぐらいですから、質問者が自由にするものかと思ったら、そうではなくて、やはり事前通告されていました。
なぜそれがわかったかというと、菅氏が答えながら下を見て、なにかを読んでいたからです。
ほかの二人はちゃんと前を見て答えていましたから、菅氏も同様にしていたら、次善通告があったとは気づかなかったでしょう(三人ともちょうど一分で答えをまとめていたので、その点から気づくこともできますが)。

それにしても、堂々とカンペを読まれたのでは、「自由質問」としている主催者の面目が丸つぶれです。

石破氏と岸田氏がカンペを読まずに答えられるのは、自分でカンペを書いたので、質問者が質問している間に数字や固有名詞だけ確認しておけば、あとは全部頭に入っているからでしょう。
ということは、菅氏は自分で書かずにスタッフに書いてもらっているのかもしれません。

そのせいかもしれませんが、菅氏は質問されたこととまったく違うことを答えるという場面がありました。
これは「ハフィントンポスト」の『「日本の好きなところを教えて」岸田文雄、石破茂、菅義偉の3氏の答えは?(自民党総裁選)』という記事に書かれているので、そこから引用します。

京都府連の学生部長から「日本の好きなところについて教えてください」という質問がありました。
それに対して、岸田氏は「外務大臣として国の外から日本を見てきたが、みんなで助け合う国民性は世界に誇りうるものである」ということを述べました。
石破氏は「皇室というありがたい存在は日本にしかない」と言ったあと、「歴史、地域、家族をたいせつにするところ、とりわけふるさとをたいせつにするところが日本の素晴らしいところだ」と述べました。

そして、菅氏が語ったのは次の通りです。
なんといっても私は、秋田で生まれて高校まで育ちました。まさに、人間・菅義偉を育ててくれたのは、ふるさと秋田だと思っています。
そして、横浜で政治家の人生をスタートしました。政治家として私を育ててくれたのは、この横浜であります。
私はまさにこの、世代を大切にしたい、また地方を大切にしたい、そういう思うの中で地方を原点とした政治を今行っております。

「日本の好きなところについて教えてください」という質問の答えになっていません。

なぜこんなことになったのかと考えると、おそらくカンペがなかったのでしょう。「日本の好きなところについて教えてください」という素朴な質問には、本人が思った通りに答えればいいので、スタッフもカンペを用意しなかったのだと思われます。

で、この質問に対して、岸田氏は自分の外務大臣の経験から語り始め、石破氏は最初に「私は保守主義って、イデオロギーだと思っていないんですね。それはある意味、感性だと思う」とかましてから、皇室のことを言いました。それぞれ個性の出た話でした。

菅氏はそれに対抗しなければと思ったのでしょう。自分の唯一のアピールポイントである、秋田から上京してきた話をしました。
そうすると、「日本の好きなところ」として、田舎の自然の美しさとか、田舎の人の人情とかを挙げるのが普通です。
しかし、菅氏はなにを質問されたかを忘れてしまって、「秋田から出てきたのが私の政治家としての原点だ」といういつもの話をしたのです。

話している途中で質問を忘れるというお粗末ですが、カンペがないとこんなことになります。


菅氏だけしょっちゅう下を見ながら話しているのはYouTubeで確かめられます。


(「日本の好きなところは」という質問は38分ごろから)


総理大臣は記者会見や国会などで国民に向かって語りかけることもだいじな仕事です。
菅氏は大丈夫でしょうか。