村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:表現の自由

monkey-236864_1920


「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」を巡る騒動が終わったところに、日本赤十字社が献血のキャンペーンに巨乳のアニメキャラを使ったのはセクハラだという騒動が起きました(献血キャンペーン騒動についてはこちらを参照)。
このふたつの騒動を見て思ったのは、「表現の自由」の裏には「見ない自由」があるのだなということです。


1993年、筒井康隆氏の短編小説「無人警察」が高校の国語教科書に収録されることになったところ、てんかんの記述が差別的であるとして日本てんかん協会が抗議し、それに対して筒井氏が断筆宣言をするということがありました。筒井氏の作品に関しては、差別問題のほかに政治的、宗教的な点でもつねに批判や抗議にさらされてきましたが、このときに限って断筆宣言に至ったのは、作品が教科書に収録されたからです。
筒井氏の作品が雑誌や本に載っている限り、読みたくない読者はスルーすることができます。つまり「見ない自由」があります。しかし、教科書に載ると、生徒に「見ない自由」はありません。そのため日本てんかん協会も強く抗議したのでしょう。

企業や団体の行うキャンペーンは、より多くの人の目に触れるように行うので、「見ない自由」が侵害されます。そのため日本赤十字社の巨乳キャラを使った献血キャンペーンは批判されました。
ただ、批判されたのはあくまで日本赤十字社のキャンペーンで、巨乳キャラの原作マンガが批判されたわけではありません。

似たようなケースとして、ホラー映画のテレビCMもあります。ホラー映画を嫌う人は多くいますが、そういう人は「見ない自由」を行使するので、問題はありません。ただ、ホラー映画のテレビCMが流されると、否応なしに目に入ってしまい、「見ない自由」が侵害されます。かつてはテレビの視聴者から批判が出たこともありました。そのため最近は、ホラー映画のテレビCMにはあまりショッキングなシーンを使わないように配慮しているようです。

そういうことを考えると、「表現の自由」の裏には「見ない自由」が必要なことがわかります。
「見ない自由」がないと、「表現の自由」が危うくなります。
逆に言えば、「見ない自由」があるときに「表現の自由」を侵害することは許されません。


そうすると、「表現の不自由展」に抗議した人たちはなんだったのかということになります。
展覧会に関しては、誰にでも「見ない自由」があります。
少女像は日本人の誇りを傷つけるとか、昭和天皇の写真を燃やすのはけしからんとかいう人は、「見ない自由」を行使して展覧会に行かなければいいだけの話です。

それなのに彼らは威力業務妨害の電凸攻撃をし、テロ予告の脅迫までして展示中止を要求しました。
これは「表現の自由」の侵害であり、「見る権利」の侵害です。作品を創作した人も作品を見たい人たちも傷つけました。
自分たちの思想に反するものを排除し、表現や言論を統制しようとしているとしか思えません。

そもそもほとんどの人は、作品を鑑賞もせずに、断片的な伝聞だけで、「作品を見て傷ついた」などと騒いでいたのです。

今の日本国民には基本的に「見ない自由」があるということを念頭に置けば、「表現の自由」に関する議論の混乱はなくなるはずです。

日本赤十字社が献血を呼びかけるポスターに巨乳のアニメキャラを使ったために、「セクハラだ」という批判が巻き起こっています。
 問題となっているのは、漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』と日本赤十字社がコラボしたポスタービジュアル。巨乳キャラのヒロイン・宇崎花が「センパイ! まだ献血未経験なんスか? ひょっとして……注射が怖いんスか~?」というセリフで献血を呼び掛けるもの。コラボ期間中、一都六県の献血ルームで献血協力者に特製クリアファイルをプレゼントすると告知しており、漫画家のオカヤド氏もこのクリアファイルを手に入れたことを報告している。

 しかし、これに対し外国人ツイッターユーザーが「赤十字にがっかりした。過度に性的な宇崎ちゃんを使ってキャンペーンをしている」と困惑した様子でツイートすると、弁護士の太田啓子氏がこれを取り上げ、「本当に無神経だと思います」と糾弾。「なんであえてこういうイラストなのか、もう麻痺してるんでしょうけど公共空間で環境型セクハラしてるようなものですよ」とピシャリ。その後、「とりあえず、日本赤十字社のお問い合わせ に意見を送りました、、、」と問い合わせもしたことを明かした。
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-51397/
私はこれを読んだとき、どうせたいしたことでもないのに騒いでいるのだろうと思いましたが、問題のアニメキャラを見ると考えが変わりました。

日本赤十字の巨乳
プレゼントとしてもらえるクリアファイルのデザイン(日本赤十字社側のウェブサイトより)


巨乳といっても、これは極端です。この絵の発想には「女性の体をおもちゃにする」というものがあると思います。

それと、私が気になったのは、このキャラは、大口を開けていることや目つきからして、おバカではないかということです。
調べてみると、ウィキペディアの「宇崎ちゃんは遊びたい!」の項目では、このようにキャラクター紹介がされています。

宇崎 花(うざき はな)
声 - 大空直美
ヒロイン。年齢19歳→20歳(2巻22話)。大学2年生。桜井を「先輩」と呼ぶ。常にテンションが高く桜井とは正反対の性質。ショートカット、巨乳、八重歯、~ッス口調、アホの子というキャラクター性を持つ。ただし他の女友達と過ごす時や独白では標準語で話す。実は回が進むに連れ、胸のサイズが大きくなっている。
身長150センチ、小柄の割にかなりの巨乳でウエストも細いためバストサイズは96センチのJカップ。亜実からは「兵器」と例えられる。胸を強調するシーンが多く、マッサージチェアに座った時は喘ぎ声(のような声)を上げるほど敏感。
やはり「アホの子というキャラクター」でした。

アホの子から献血を呼びかけられて、献血する気になるでしょうか。
どんなCMでも、好感度の高い人物やキャラクターを起用するものです。
献血の呼びかけであれば、尊敬できる人物であることも必要でしょう。
それに、献血の呼びかけは男だけが対象ではありません。
アホの女の子を起用した日本赤十字社の見識が疑われます。


ですから、このキャラを使ったキャンペーンが批判されたのは当然ですが、「肌を露出していないから問題ない」とか「若い男に呼びかけるにはいい」とか「巨乳差別だ」とか「フェミのセクハラ狩りがウザい」といった反論もあります。
とりわけ、「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が一時展示中止になるということがあったので、「表現の自由の侵害だ」という声が多数ありました。

しかし、このキャラが登場する「宇崎ちゃんは遊びたい!」というマンガは電子版が公開され、誰でも読めますし、作者は自由に創作活動をしていますから、表現の自由は侵害されていません。
日本赤十字社がそのキャラを使ってキャンペーンをしたことが批判されているのです(表現の自由は個人に属するもので、団体に表現の自由はありません)。
キャンペーンだと誰の目にも触れますし、人を不快にするキャンペーンが批判されるのは当然ですし、公的な団体がそれをやっているとなればなおさらです。

なお、このキャラは、ウザくてかわいい「ウザカワ」系というのだそうです。
主人公の男は人間関係に積極的になれないオタクで、そこに巨乳の女の子がウザいくらいに積極的にからんできます。オタクにはうれしい設定です。
「巨乳でおバカ」というキャラも、男にとって遊び相手やセックスの相手として好都合な設定です。真剣な恋愛相手にはなりません。

もちろんそういう物語を好む男がいて、そうした男のために物語が供給されることは、自由になされるべきです。
昔はエロ劇画ブームというのがあって、三流エロ劇画雑誌には過激なレイプシーンなどがいっぱい載っていました。


日本赤十字社は「今回のキャンペーンはあくまでも献血にご協力いただける方へのノベルティとし実施したもので、セクシャルハラスメントという認識は持っておりません」と回答しており、今のところキャンペーンを中止するつもりはないようです。
しかし、かつての三流エロ劇画誌と同じような狭い世界に存在しているものを、キャンペーンで広い世界に引き出したのは間違いです。
身勝手な男の願望に合わせてつくられた「巨乳でおバカ」キャラは、目にした女性を不快にさせます。

そのことが理解できない男性は、「巨根でおバカ」キャラを考えればいいのです。
ズボンの上からもそれとわかるすごい巨根の持ち主で、おバカな表情をした若い男が、巨根を誇示しながら女性に献血の呼びかけをしている図を脳裏に思い描いたらわかるはずです。

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像
S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像


バンクシーの「退化した議会」という絵画が13億円で落札されたというニュースがありました。
イギリス議会とおぼしいところに人間の議員ではなくチンパンジーがずらりといるという絵画です。
政治風刺の意図がわかりやすすぎてどうかという気もしますが、チンパンジーの姿がリアルでおもしろいので、高額で落札されたのは納得です。

その絵をこのブログに張るわけにはいかないので、代わりにバンクシーのストリートアートの写真を張っておきました。
「退化した議会」を見たい人は次で見てください。

バンクシー 退化した議会の画像

この絵を見て、不愉快に思う人もいるでしょう。バンクシーは政治や社会を批判する意図で芸術活動をしているので、当然です。
しかし、「バンクシーの絵は不愉快だから公開するな」と主張する人がいても、そんな人を相手にする必要がないのも当然です。


ピカソというと、「あんな絵のどこがいいかわからない」という人がいます。
今はピカソの評価が定着したので、そういう人は少なくなりましたが、昔はいっぱいいました。
抽象画についても、「わからない」という人がいっぱいいます。

「わからない」という人をわからせようと説得するのは無意味です。
芸術は、理屈で理解するものではないからです。

「ピカソの絵はわけがわからんから、ピカソの展覧会なんかやめろ」と主張する人はまずいないでしょうが、「バンクシーの『退化した議会』は英国議会への冒涜だから、公開するな」と主張する人は、もしかしているかもしれません。
そんな人を説得しようとするのもむだというものです。


展示中止になっていた「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が10月8日にも再開されそうですが、それについて「コールセンター」がつくられるそうです。

【あいちトリエンナーレ】アーティストの「コールセンター」が誕生。電凸抗議を作家が直接聞く。

コールセンターをつくる高山明氏は、演劇とパフォーマンスのアーチストなので、コールセンター自体がアーチストとしての活動になるのかもしれませんが、基本的にこういうことで話し合っても無意味ではないかと思います。

「表現の不自由展」に文句をつけてきた人は、芸術に意見が言いたいということではなく、単に政治的主張をぶつけてきただけでしょう。
これに対応すると政治論議になってしまいます。
また、芸術作品として、「作者の意図はこうです」などと説明しても説得できないでしょうし、鑑賞の自由を制限して、芸術のあり方に反します。


そんなむだなことをしなくてもいいように、「表現の自由」があります。「表現の自由」を盾にすれば、議論する必要はありません。

そもそも「表現の不自由展」開催に反対する人の論理はあまりにもお粗末です。

たとえば、ヤフーニュースにも載った『「表現の不自由展」は税金を使った“日本ヘイト” 「昭和天皇の写真が焼かれる動画に国民は傷付いた」竹田恒泰氏が緊急寄稿』という記事で、竹田氏は「国民は傷ついた」と言いますが、国民の心はひとつではありませんし、見て傷つくような人は展覧会に行きません。
竹田氏は「昭和天皇の写真が焼かれる動画は『日本ヘイト』だ」とも言っていますが、勝手な決めつけです。それに、「ヘイト」という言葉を「ヘイトスピーチ」と混同させる形で使うのも不適切です。

「あいちトリエンナーレ2019」に国の補助金が出ていることから、「公金をもらう以上制限を受けるのは当然だ」という意見もありますが、公金というのは恩恵として下されるものではありません。文化芸術基本法と文化芸術推進基本計画には、「文化芸術の多様な価値」を発展させ、「文化芸術立国」を目指すことがうたわれていて、それを実現するための補助金です。自由な環境がないと文化芸術は発展しません。

「表現の不自由展」開催に反対する人は、政治を芸術の上に置いている人です。
政治が芸術を支配すると、社会主義リアリズムやプロレタリア文学やナチスの退廃芸術批判や日本の戦意高揚芸術のように、ろくなことになりません。

政治を芸術の上に置いている人も、広い意味で「芸術のわからない人」です。

私もすべての芸術がわかるわけではありませんが、自分のわからないものを否定したり公開するなと主張したりはしません。

バンクシーの「退化した議会」を見て「これは英国議会への冒涜だ」という人や、ピカソの「泣く女」を見て「こんなものは芸術ではない」という人や、「『表現の不自由展』は日本ヘイトだ」という人の声が世の中を支配するようになると、芸術の進歩もなくなるので、そんな声は無視するしかありません。

bdd6eb15d13562b435a1a920e0eb9f70_s
韓国 ソウル 日本大使館前の少女像 (源五郎さんによる写真ACからの写真) 

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の中の企画「表現の不自由展・その後」が、電話やメールによる抗議や脅迫が殺到したことで中止に追い込まれました。

過去に美術館や展覧会などから撤去されたり、内容の変更を求められたりした作品を集めるという企画ですから、ある程度の抗議は想定していたはずですが、朝日新聞によると、開幕した8月1日だけで抗議は電話200件、メール500件、事務局は抗議電話に対しては意見を聞く姿勢で、職員も増強しましたが、電話やメールは愛知県庁にも寄せられ、対応に忙殺され、芸術祭の運営そのものに支障をきたしかねないところまで追い込まれたということです。抗議の内訳は、慰安婦像に関するものが半数で、昭和天皇を想起させる作品に関するものが4割程度でした。

「抗議電話には意見を聞く姿勢」というのがどうだったのでしょうか。

こういう“電凸”をする人は、いわゆるネトウヨで、ネットで情報を共有して集中的に抗議のメールや電話をしてきます。企業に消費者がクレームをつけてくる場合は、いくら理不尽な主張であっても、企業は対応しなければなりませんが、こういう「抗議のための抗議」にまともに対応するのは戦略の誤りです。

こういう抗議をしてくる人は、匿名だから卑劣なことができるのです。「撤去しなければガソリン携行缶を持ってお邪魔する」というファックスもあったということです。

メールやファックスは放っておけばいいことですが、電話はそうはいきません。
電話の抗議に対しては、「匿名の電話には対応しません」と言って、向こうの名前と電話番号を聞いて、こちらから電話をかけ直すというやり方をすればいいのです。そのときの会話は、相手の了承を得て録音します。
もちろん名乗らない相手には、すぐに電話を切ります。

「余命三年時事日記」というブログに扇動されて、多数のネトウヨが特定の弁護士に懲戒請求をするという出来事がありましたが、懲戒請求は実名で行われたため、弁護士から逆に慰謝料請求の訴訟を起こされ、次々と慰謝料支払いを命じる判決が出て、ネトウヨがあわてるという事態が現在進行中です。

匿名だから卑劣な行為ができます。
「実名の抗議電話には意見を聞く姿勢」がよかったのではないでしょうか。


匿名で脅迫する人間も卑劣ですが、それに便乗して表現の自由を冒そうとする人間はもっと卑劣です。
河村たかし名古屋市長は、「日本国民の心を踏みにじる行為で、行政の立場を超えた展示」として、展示中止を求める抗議文を出しました。松井一郎大阪市長も、「われわれの先祖があまりにも人としての失格者というか、けだもの的に取り扱われるような展示」として批判しました。
個人としてどんな思想を持つのも自由ですが、展示をやめろと主張することは表現の自由を冒すこと以外のなにものでもありません。

なお、河村市長と松井市長が言っているのは、慰安婦像(正しくは「平和の少女像」)のことと思われますが、この像にはなんの悪意も込められていません。
つけ加えると、安倍首相も2015年の日韓合意において「日本国の内閣総理大臣として改めて、慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明」しているので、慰安婦像に文句をつける意味がわかりません。


かつての日本で表現の自由が制限されたのは、わいせつなどを別にすれば、社会主義思想を弾圧するためであり、戦争遂行のために反戦思想や厭戦表現を抑えるためでした。つまり一応、国家の存続に関わることでした。
ところが、今回の表現の自由の問題は、主に慰安婦像のことです。

「慰安婦像」と「表現の自由」では、重さが違いすぎて、天秤にかけることもできません。

いまだに慰安婦像にこだわって電凸などする人間は、日本の国益を損なうだけです。

このページのトップヘ