村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:道徳

lotus-1205631_1920

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、自粛警察、感染者差別など、社会から寛容さが失われていると感じる人は多いでしょう。
では、寛容さを取り戻すにはどうすればいいかというと、誰もその方法を示すことができません。

ヘイトスピーチをする人に対して、「マイノリティに対して寛容になるべきだ」と主張すると、「その主張はヘイトスピーチをする人に対して寛容ではない」という反論がしばしばなされます。
これは「寛容のパラドックス」と言い、カール・ポパーが名づけました。
ポパーは「寛容な社会を維持するためには、社会は不寛容に不寛容であらねばならない」という結論に達しましたが、見た目が矛盾しているので、この論理で社会を寛容にするのは困難です。

しょっちゅう夫婦喧嘩をしている人は寛容さが足りないといえるでしょう。
本人が寛容さが足りないことを自覚して、寛容になろうとしても、具体的にどうやればいいかわからないので、なかなか夫婦喧嘩も止められません。

「寛容」を国語辞典で引くと、「心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと」とありますが、漠然としています。

ウィキペディアによると、「寛容」という概念は、ヨーロッパで宗教改革が起きて宗教対立が激化したために重要視されるようになったということです。
その後、宗教対立以外にも広く寛容のたいせつさが説かれるようになり、宗教的寛容と道徳的寛容として区別する考え方もあります。
日本では宗教対立はそれほど深刻でなかったので、もっぱら道徳的寛容という意味で「寛容」という言葉が用いられていることになります。


道徳的寛容の典型的な物語は「レ・ミゼラブル」(ヴィクトル・ユーゴー著)です。
主人公のジャン・ヴァルジャンはたった1個のパンを盗んだために19年間も服役し、すっかり心がすさんでいました。あるとき泊まった教会の司教は彼を暖かく迎えてくれましたが、彼は教会の銀の食器を盗んで逃げ出し、憲兵に捕まります。しかし、司教は「食器は私が与えた」と言って彼をかばい、さらに2本の銀の燭台も与えます。司教の寛容さに触れたジャン・ヴァルジャンは回心し、ここから長い物語が始まります。これは寛容の連鎖の物語です。

身近なことでよくあるのは、学生のカンニングが発覚して、規定によると単位取り消しで留年になるが、その学生は就職も内定していて、留年させても誰も得しないという場合、担当の教授がカンニングを不問にするというようなことです。
あるいは、商店で万引きした子どもが常習でもなさそうな場合、警察に通報しないで許してやるということもよくあります。

これらが典型的な寛容の例ですが、その特徴を一言でいうと「悪を許す」ということになります。
これは道徳や法律に反するので、社会的に許されません。

教授が学生のカンニングを見逃したことが公になれば、教授も学生もバッシングを受けます。誰も損していないといっても、カンニングをしないまじめな学生に対して不公平だということはあります。
万引きの子どもを見逃したことが知られると、「盗みはいけないことだとわからせるべきだ」といった批判が起きます。

つまり寛容というのは道徳と正面衝突するのです。
「寛容の美徳」という言葉があるので、寛容は道徳の一部と理解されているかもしれませんが、それは誤解です。

道徳というより勧善懲悪と言ったほうがいいかもしれませんが、どちらでもたいした違いはありません。

勧善懲悪は一般に物語の中の原理として理解されています。
有効に機能するのは物語の中だけだからです(もちろん有効に機能するように物語がつくられているのです)。

司法も勧善懲悪を採用しています。悪に対する対症療法として一時的には有効だからです。

マスコミも勧善懲悪を採用しています。読者や視聴者を満足させるからです。

しかし、対症療法だけでは病気が進行してしまうかもしれません。
根本療法(原因療法)が必要ですが、それに当たるのが寛容です。

寛容は心理カウンセリングに似ています。
悪から立ち直るのは本人の力によるという考え方です。
このやり方は、時間はかかっても事態を改善させます。
勧善懲悪は力でその人間を変えようとすることで、目先はうまくいっても、事態をさらに悪化させる可能性があります。

現在、少年法改正による厳罰化が進められようとしていますが、一方で少年の更生に厳罰化はよくないという声もあります。
これは勧善懲悪対寛容の構図と見なすと、よくわかるでしょう。


現在は勧善懲悪の原理が社会をおおっています。
寛容もたいせつなこととされますが、具体的に悪を許すことをすると、社会から非難されます。つまり総論賛成各論反対なのです。
ですから、カンニングや万引きを見逃すといったことは、あくまで隠れて行われています。

最近はマスコミやネットの議論が勧善懲悪の傾向を強めていて、寛容の実行がますます困難になっています。
寛容の復権を目指す人は、ポパーの「寛容な社会を維持するためには、社会は不寛容に不寛容であらねばならない」というようなおかしな理屈は無視して、勧善懲悪の原理を敵と見なして戦うべきです。

杉田水脈
杉田水脈議員公式サイトより

政治家の暴言・失言は数々ありますが、この人はレベルが違います。

自民党の杉田水脈衆議院議員は9月25日の党の会議において、女性への暴力や性犯罪に関して「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したと共同通信社が報じました。
杉田議員は「そんなことは言っていない」と否定しましたが、共同通信社は複数の関係者から確認しているということで、「女性はいくらでもうそをつける」を身をもって示した格好になりました。

杉田議員の暴言でいちばん問題になったのは、LGBTについて「彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり『生産性』がないのです」と言ったものでしょう。
この発言は大炎上しましたが、杉田議員は最後まで謝罪しませんでした。

伊藤詩織さんが元TBS記者の山口敬之氏から性暴力を受けたとして訴えている事件について、「明らかに女としての落ち度がありますよね」と発言するなど、再三にわたるセカンドレイプ発言もしています。
杉田議員は伊藤詩織さんへの誹謗中傷のツイートに多数の「いいね」を押したことで伊藤詩織さんから損害賠償を求めて訴えられてもいます。

杉田議員の問題発言はほかにもあります。
「世の中に『待機児童』なんて一人もいない。子どもはみんなお母さんといたいもの。保育所なんか待ってない。待機してるのは預けたい親でしょ」(本人Twitter、2018年1月)
「実際シングルマザーはそんなに苦しい境遇にあるのでしょうか?(中略)離別の場合、シングルマザーになるというのはある程度は自己責任であると思うのです。前述のようにDVなんて場合もあるかもしれませんが、厳しいことを言うと『そんな男性を選んだのはあなたでしょ!』ということに終始します」(『新潮45』2017年9月号「シングルマザーをウリにするな」)
「選択的夫婦別姓はまさしく夫婦解体につながる」(2014年10月15日、内閣委員会)
杉田議員はこれらの発言のたびに批判されていますが、謝罪や撤回はせず、少しもめげていないようです。その強さの秘密はなんでしょうか。

「性差別を積極的に肯定する女性」という珍獣は、性差別主義者の男性に重宝されます。
「LGBTは生産性がない」発言が批判されているとき、杉田議員は次のようにツイートしたことがあります(のちに削除)。
「自民党に入って良かったなぁと思うこと。『ネットで叩かれてるけど、大丈夫?』とか『間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ』とか『杉田さんはそのままでいいからね』とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださること」
「LGBTの理解促進を担当している先輩議員が『雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉も選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ないから』と、仰ってくれました。自民党の懐の深さを感じます」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw3696000
このように周囲の性差別主義者の男性に支持されるだけでなく、本人も強い信念を持っています。
杉田議員は「男女平等は、絶対に実現し得ない反道徳の妄想です」と言ったことがあります。つまり自分の主張は道徳的だと思っているのです。

この発言はどういう文脈の中で出てきたのかを調べると、次のようなものでした。
「日本は、男女の役割分担をきちんとした上で女性が大切にされ、世界で一番女性が輝いていた国です。女性が輝けなくなったのは、冷戦後、男女共同参画の名のもと、伝統や慣習を破壊するナンセンスな男女平等を目指してきたことに起因します。男女平等は、絶対に実現し得ない、反道徳の妄想です。 男女共同参画基本法という悪法を廃止し、それに係る役職、部署を全廃することが、女性が輝く日本を取り戻す第一歩だと考えます」 (2014年10月31日、本会議)
https://www.businessinsider.jp/post-172378

男女共同参画基本法を廃止し、昔風の男女の役割分担に戻すべきだと主張しています。
昔風の男女の役割分担は、「良妻賢母」や「女性は男性を立てるべき」といった道徳でもあると杉田議員は考えているのでしょう。ですから、男女平等は反道徳だという理屈になります。

しかし、杉田議員の考える道徳は時代遅れです。

では、時代に合った道徳とはなにかというと、そんなものはありません。
道徳はつねに時代遅れなのです。
時代の変化に人の意識が追いつかないからです。
とりわけ近代になって時代の変化が速くなると、その傾向が強くなります。

このことを芥川龍之介は『侏儒の言葉』でこのように言っています。

我我を支配する道徳は資本主義に毒された封建時代の道徳である。我我は殆ど損害の外に、何の恩恵にも浴していない。

   *

道徳は常に古着である。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/158_15132.html


夏目漱石はとことん思想を深めて「個人主義」や「自分本位」というところに行き着きましたが、その過程で道徳を批判的に見るようになりました。
「文芸と道徳」と題した講演で次のように語っています。

昔の道徳すなわち忠とか孝とか貞とかいう字を吟味してみると、当時の社会制度にあって絶対の権利を有しておった片方にのみ非常に都合の好いような義務の負担に過ぎないのであります。親の勢が非常に強いとどうしても孝を強いられる。強いられるとは常人として無理をせずに自己本来の情愛だけでは堪えられない過重の分量を要求されるという意味であります。独り孝ばかりではない、忠でも貞でもまた同様の観があります。何しろ人間一生のうちで数えるほどしかない僅少の場合に道義の情火がパッと燃焼した刹那を捉えて、その熱烈純厚の気象を前後に長く引き延ばして、二六時中すべてあのごとくせよと命ずるのは事実上有り得べからざる事を無理に注文するのだから、冷静な科学的観察が進んでその偽りに気がつくと同時に、権威ある道徳律として存在できなくなるのはやむをえない上に、社会組織がだんだん変化して余儀なく個人主義が発展の歩武を進めてくるならばなおさら打撃を蒙るのは明かであります。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/756_14962.html


  

大杉栄は、「法律と道徳」と題した文章で、法律と対比させることで道徳を批判しています。
法律は随分女を侮蔑してもゐるが、それでも兎も角小供扱ひだけはして呉れる。道徳は女を奴隷扱にする。
法律は、少なくとも直接には、女の知識的発達を碍(さまた)げはしない。処が道徳は女を無知でゐるやうに、然らざればそう装うやうに無理強いする。
法律は父なし児を認める。道徳は父なし児を生んだ女を排斥し、罵詈し、讒訴する。
法律は折々圧制をやる。けれども道徳はのべつ幕なしだ。(「大杉栄全集」第二巻)

大正期の知識人がこのように古い道徳を批判しているのに、杉田議員はいまだにその古い道徳にしがみついているわけです。

いや、杉田議員だけではありません。
自民党全体が古い道徳にしがみついている政党です。
道徳の教科化を進めたり、教育勅語の復活を夢見たり、国民に「自助・共助」を説いたりすることだけではありません。
党の体質が古い道徳に冒されているため、若者と女性が活躍できず、老人が支配する党になっています。

私は、この自民党の体質が日本の元気を奪っているのではないかという気がしています。


ところで、杉田議員が「男女平等は反道徳の妄想です」と言ったときに、道徳についての考え違いを指摘する意見は見かけませんでした。
菅首相の「自助・共助・公助」も道徳の問題として批判できるのに、そういう意見も見ません。
現代日本の知識人には、大正期の知識人のように道徳批判ができないのでしょうか。

菅ブログ
すが義偉オフィシャルブログより

次期総理大臣として本命視される菅義偉官房長官は、これまでの言動を見ていると、これといった政治理念のない人のようでした。
しかし、菅氏は総裁選出馬表明の記者会見とそのあとのテレビ出演で、何度も「自助・共助・公助の国づくりをしていきたい」と語りました。
「自助・共助・公助」というのが菅氏の政治理念のようです。

菅氏は9月5日、自身の公式ブログで総裁選の政策発表を行い、その見出しも「自助・共助・公助、そして絆 〜地方から活力あふれる日本に!〜」となっています。

「自助・共助・公助」というのはよくできたキャッチフレーズだと思ったら、防災対策の基本理念にある言葉でした。
それを丸パクリしたようです(防災の基本理念をつくるのに菅氏がアイデアを出したという可能性もないではありませんが)。

「自助・共助・公助」というのは、災害時にはこの三つがうまく機能することがたいせつだということです。とりわけ大規模災害時には、行政の「公助」が迅速には対応できないので、みずから行動する「自助」と、地域で助け合う「共助」がたいせつになります。


菅氏は災害時の理念を平時の理念に転用しています。
「絆」という言葉も、東日本大震災のときによく言われたものです。

菅氏は災害時と平時の区別がつかないのかというと、そんなはずはありません。
要するに国民は災害時のつもりで、できる限り「公助」を当てにせず「自助」と「共助」でなんとかしろと言いたいのでしょう。
為政者としてはなんとも虫のいい考えです。


菅氏を擁護する人もいるでしょう。
「自助」も「共助」もたいせつなことだから、菅氏が主張するのは当然だという具合です。

しかし、たいせつなことは国民もわきまえています。政治家に言われる筋合いはありません。
政治家の役割は、「公助」の部分です。政策として掲げるのは「公助」をどうするかということで十分です。


「自助がたいせつ」というのは要するに道徳です。
政治家が国民に道徳を説くのは自民党の伝統です。

菅氏は秋田県の農家に生まれ、高卒で集団就職で上京してきたと自身の経歴を語りましたが、新潟県出身の田中角栄首相を連想した人も多いでしょう。
田中角栄首相は首相になるとすぐ、「五つの大切、十の反省」なる道徳を国民に提示しました。
これは「人間を大切にしよう」「 自然を大切にしょう」とか「 友達と仲良くしただろうか」「 お年よりに親切だったろうか」といった、当たり前すぎるというか、あまりにくだらないものだったので、国民の総スカンを食い、たちまち葬り去られてしまいました。

田中首相は教育勅語を真似したのでしょう。
自民党はずっと教育勅語の復活を目指してきました。

西洋社会では、道徳はキリスト教と結びついていました。
明治政府はそれを真似て、天皇と結びついた教育勅語をつくりました。
現人神の権威で国民に道徳を説いたわけです。
そのため、道徳と宗教が結びつくのは普通のことですが、日本では道徳と国家が結びつくという奇妙な伝統ができました。

戦後、教育勅語は失効しましたが、自民党は為政者が国民に道徳を説いた時代が忘れられず、教育勅語の復活と道徳教育の復活を目指してきて、道徳教育の教科化までこぎつけました。

菅氏もこうした自民党の伝統にのっとっているのでしょう。
しかし、民主国家の政治家のあり方ではありません。

ですから、菅氏が「自助・共助・公助」や「絆」を説くのを見て、「立派なことを言っている」などと反応するのは愚かです。
「国民をバカにするな」とか「何様のつもりだ」というのが正しい反応です。

                klee-3845465_1920
                           creisiによるPixabayからの画像             
                                                                              

幼児虐待についての悲惨なニュースが続いています。
幼児虐待をなくしたいと思わない人はいないはずです。
しかし、どうすればいいかを考えようとしても、ほとんどの人はそこで思考停止に陥ってしまいます。
「灯台もと暗し」と言いますが、幼児虐待は自分自身の足元の問題だからです。

考えるには手がかりが必要です。
虐待のある家庭と虐待のない家庭を比較するのがひとつの手です。
虐待のない家庭というのは、要するに普通の家庭です。
そこらにあるのが普通の家庭ですから、たまたま目についた数日前の朝日新聞の投書を、一部省略して紹介します。


(ひととき)わが家の小さな花束
 若い頃の私は、庭仕事には全く関心がなく、草取りが最も嫌いな家事だった。
(中略)
 そんな私を変えたのは、幼い娘だった。ある夜、娘は「明日、保育園にお花を持っていく」と言った。突然のことに「でも家にはお花なんてないよ」と言うと娘は泣き出した。困った私は娘をつれて外に出た。近所の空き地に白いクローバーの花が咲いていた。娘は数本摘んで、小さな花束を作って言った。「これでいい」。娘がとてもいじらしく、小さな庭があるのに何もしなかった自分を恥じた。「ごめんね。そのうち花束を作ってあげる」
 心を入れ替えた私は、雑草を取り、土を耕し、花の苗を植え世話をした。失敗も多かったが、念ずれば通ずるなのか、何とか花が咲いた。バラや宿根草が根付き、庭らしくなった。娘は小中高校時代、毎年1回は花束を抱え、うれしそうに登校した。花束を作るたびにあの夜の罪ほろぼしをしているような気持ちになった。これで少しは許してもらえるかな。
 今は、孫たちに花束を作っている。喜んで持っていく姿を見るのはうれしい。
 (千葉県柏市 主婦 65歳)
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14050538.html?rm=150


いい話です。愛情が感じられます。
ただ、この話だけだと、なんの教訓も得られません。
そこで、虐待のある家庭だとどうなるかを想像してみます。

娘が「明日、保育園にお花を持っていく」と言い、「家にはお花なんてないよ」と言うと、娘は泣き出しました。夜なので花を買いにいくこともできません。ここで、「わがままを言ってはいけません」と叱る母親も多いのではないでしょうか。叱られた娘はますます泣いて、母親もますます叱ってと、負のスパイラルに入ると、虐待が生じてしまいます。

しかし、この母親は娘といっょに家を出ます。「どこにも花はない」と言葉で説得しても娘は納得しないので、いっしょに花を探して、ないことがわかれば納得してくれると思ったのでしょう。
ここがこの母親の偉いところです。言葉で説得するのはおとなの論理です。

娘はクローバーの花を見つけ、「これでいい」と言います。小さい花ですが、ほかにないことがわかったので、それで自分を納得させたのでしょう。子どもでも現実と向き合えば、最善の判断ができるということです。
母親は、娘が小さな花でがまんしたことがわかり、いじらしく思い、庭仕事をしなかった自分のせいだとも思い、それから庭仕事に精を出します。

ここでもほかの母親なら、「そんな小さな花はやめなさい」とか「そんなのを持っていったらお母さんが恥をかくからだめ」とか「昼間自分で摘んだらいいじゃない」とかと、おとなの論理を振り回して、娘とバトルを演じたかもしれません。


この母親は娘の気持ちに寄り添っているので、虐待などは起こりようがありません。
しかし、このように娘の気持ちに寄り添えたのは、母親に気持ちの余裕があったからです。
たとえば家計が苦しくて、借金のことで頭がいっぱいだったとすれば、いくら娘が泣いても、母親は家を出て花を探しにいこうという気にはならず、娘を叱ることで対応していたでしょう。
虐待の起こる家庭というのは、たいてい貧困層で、夫が無職というケースが多いことを見てわかります。

しかし、母親に気持ちの余裕がなくても、夫や親族や近所の人などのささえる人がいれば、やはり虐待は起こらないでしょう。

ですから、生活の余裕と周りのささえが虐待防止にはたいせつなことですが、これは今さら言うまでもないことかもしれません。
あと、もうひとつ、誰も言わない重要なことがあります。
それは「道徳」を持ち込まないということです。

娘が「明日、保育園にお花を持っていく」と言ったとき、それを「わがまま」ととらえる親がいます。
そして、娘が泣き出すと、「わがまま」がさらにエスカレートしたと見なし、こうしたことを放置すると限りなくわがままになると考えて、叱ってわがままを言わさないようにします。
こうしたやり方が虐待の第一歩です。

子どもがかたづけをしない、食べ物をこぼす、言いつけを守らないなどのことを「わがまま」や「悪」と見なし、しつけをして矯正しなければならないというのが虐待親の認識です。
ですから、事件を起こして逮捕された親は決まって「しつけたのためにやった」と言います。

今の世の中は、親が子どもをしつけるのはよいこととされているので、逮捕された親が「しつけのためにやった」と言うと、誰も反論できません。

道徳は言葉でできています。おとなは言葉を自由にあやつれますが、子どもは言葉が十分に使えません。そのため、道徳はおとなに有利にできています。その道徳に従ってしつけをすると、むしろ親がわがままになり、どうしても虐待につながっていくのです。

愛情のある親は直感的にそのことがわかっているので、子どもにしつけをするにしても、ほどほどにするので、虐待には至りません。

道徳やしつけを根本的に見直すことが幼児虐待防止にはなによりたいせつです。


昔、「欽ちゃんのドンとやってみよう!」という番組に「良い子・悪い子・普通の子」というコーナーがありました。
娘が「明日、保育園にお花を持っていく」と言って泣いたときの母親の対応をそれにならって言うと、

「悪い母親」は、娘を叱る。
「普通の母親」は、娘の前でおろおろする。
「良い母親」は、娘といっしょに花を探しに出かける。

ということになります。

娘といっしょに花を探しに出かけたら、いろんなたいせつなものを見つけたというお話です。

ハタコトレイン・給料


ハタコトレイン


阪急電鉄が6月1日から運行を始めた「ハタコトレイン」が大炎上して、運行中止になりました。
ハタコトレインというのは、企業ブランディングを手がけるパラドックスという会社と阪急電鉄とのコラボ企画で、働くことに関する経営者などの名言を車内に掲示するというものです。

炎上のきっかけになったのは、次の言葉です。

毎月50万円もらって
毎日生き甲斐のない生活を送るか、
30万円だけど仕事に
行くのが楽しみで
仕方がないという生活と、
どっちがいいか。
研究機関/研究者・80代


月30万円ももらえない人も多いという労働環境のきびしさがわかっていないということで炎上したのかと思いました。
しかし、そういう単純なことではありませんでした。

私たちの目的は、
お金を集めることじゃない。地球上で、いちばん
たくさんのありがとうを集めることだ。
外食チェーン/経営者・40代


この言葉は、ワタミ創業者の渡邉美樹氏の言葉と同じだと言われていますが、ブラックに通じる精神主義がうかがえます。
成功者の上から目線、説教くささ、それが炎上の原因のようです。

おもしろいので、ほかの言葉も集めてみました。

甲子園に行きたかったら、
朝から晩まで、土日だって練習するでしょう。
でも、社会に出たとたんに、
それは「ブラック企業」になってしまう。
人材サービス/経営者・50代

転職や再就職も恐れることなんてないんですよ。
日本の中で、ちょっと人事異動しただけなんです。
人材サービス/営業・30代

格差社会だ。
でも、ある意味実力社会だ。
広告/コピーライター・30代


どれもブラックを推進するような言葉です。
教訓の言葉もありますが、教えられるというよりもいやみのほうが強い感じです。

お金持ちになって、銀剤の高級ブランド店で、
「ここからここまで全部くれ」って本当に
やってみた。その時、やっぱりわかったんだ。
お金は安定はくれるけど、幸せはくれないって。
情報処理/経営者・40代

人のために、という使命感のある人は、
どんどん成長していく。
建設業/役員・20代

部下の役目は、上司を育てること。
人材派遣/営業・20代

お客様は怒ってるんじゃない。
困ってるんです。
インターネット事業/コールセンター主任・30代

まずは、おおまかなものでいい。
人生の設計図を描いてみてほしい。
建設・土木業/経営者・50代


中にはこれらの言葉に感動したとか教えられたという声もありますが、批判のほうが圧倒的に多かったようです。「ブラック企業の朝礼みたいだ」という言葉が的確です。

こうした言葉は企業の中で、つまり上司が部下に言っている限り問題になりません。言われるほうは不愉快でも、力関係で受け入れざるをえないからです。

ところが、阪急電鉄が車内に掲げたのは問題でした。鉄道会社と乗客は、むしろ客のほうが上の立場だからです。
「なんで鉄道会社にまで説教されなきゃならないんだ」という反応が出たのは当然です。

これら説教や教訓などの大もとにあるのは「道徳」です。
道徳は上下関係の中で成立します。部下が上司に道徳を説くとか、子どもが親に道徳を説くということがありえないことを考えればわかるはずです。

ところが、タテマエでは道徳は普遍的な人間の生き方を示す指針とされるので、ときどき勘違いする人が出てきます。
たとえば、田中角栄首相は、前の佐藤栄作首相が不人気だったこともあって、首相に就任すると庶民宰相として大人気になりました。それで調子に乗ったのか、「五つの大切、十の反省」という道徳をつくって、国民に教えようとしたので、国民の大反発を受けました。総理大臣は国民の上に君臨していると勘違いしたのでしょう。民主主義国では政治家より有権者のほうが上です。

自民党は今でも勘違いしていて、改憲草案などに道徳を盛り込んで、国民の不興を買っています。
学校での道徳の教科化など道徳教育の推進は実現しましたが、これはおとなの有権者には関係ないからでしょう。

道徳はあくまで上下関係、権力関係の中で成立するものです。
これを忘れるとハタコトレインみたいに炎上します。

このページのトップヘ