村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

タグ:風俗嬢

オールナイトニッポン
『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』HPより

岡村隆史氏の「コロナが収束したら絶対おもしろいことあるんです。美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」という発言は、女性差別発言の中でも最悪レベルのものです。
あまりにも“闇が深い”ので、安易に批判するとこちらまで暗黒面に落ちかねません。

しかし、世の中には岡村発言を擁護する人がいました。
高須クリニックの高須克弥院長はツイッターに「攻撃がくどいよ。もうやめなよ」などと投稿しました。こういう擁護はまだ罪が軽いといえます。
問題は松本人志氏です。
松本氏はフジテレビ系『ワイドナショー』で「そこまで悪いやつじゃないやん。悪いこと言うやつがすべて悪者じゃないから、そこは許したってほしいなーって、オレは思いますね」と言いました。

「悪いこと言うやつがすべて悪者じゃない」というのは、その通りです。
問題発言をしたからといって、その人の人格攻撃をするのはよくありません。
しかし、それは一般論です。
岡村氏の発言については、人格を問題にせざるをえません。


岡村氏の発言の正確な内容を把握する必要がありますが、岡村氏の「オールナイトニッポン」での発言全文を書き起こしたサイトがあったので、そこから私なりに要約したものを示しておきます。

リスナーからの「コロナの影響で今後しばらくは風俗に行けないし、女の子とエッチなこともできないと思う」という投稿に対して、岡村氏は次のように語りました。

今おもしろくなかったとしても、コロナが収束したら、もの凄く絶対おもしろいことあるんです。
コロナ明けたら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、美人さんがお嬢やります。何故かと言うと、短時間でお金を稼がないと苦しいですから、そうなった時に今までのお仕事よりかは。
これ、僕3カ月やと思っています。3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働きます。で、パッとやめます。それなりの生活に戻ったら。
その3カ月は今まで『えっ?こんな子、入ってた?』っていうような人たちが絶対、入ってきますから。だから今、我慢しましょう。われわれ風俗野郎Aチームみたいなもんは、風俗に行くお金を貯めておき、そして、いろいろ仕事ない人もアレですけども、切り詰めて切り詰めて、今、歯食いしばって踏ん張りましょう。
そうしたら、コロナ明けた時に、見てみ?行ってみ?『えっ?こんな子、入ってた?マジっすか』。僕はそれを信じて今、頑張っています。

岡村氏は、現在の社会情勢を正しくとらえて、コロナ禍が明けたあとのことまで見通しています。
私などは、コロナ禍がどういう形で収束するだろうとは考えますが、収束したあとのことまではなかなか考えが及ばないので、素直に感心してしまいました。

岡村氏は、経済的に苦しい若い女性が多いので、コロナ禍が明けると風俗嬢になる人がふえると予想します。そういう人は、お金のためにやむをえずなるのですから、必要なお金を稼げばすぐに辞めるとも予想します。
その期間が3か月だというのは、正しいかどうかわかりませんが、若い女性の立場や心理を考えて予想しているのは間違いありません。


普通、男が女性差別発言をする場合、自己中心的で、女性の気持ちを考えずに、思いつきで発言するものです。
こうした発言をする男性は、要するに思慮が浅いわけですから、批判されて認識を改めることもありえます。
たとえば昔、セクハラが問題になりだしたころ、「自分の妻や娘が職場でひわいなことを言われたり、お尻を触られたりしてもいいのか」と言われることでセクハラの問題に気づいたという男性もいました。

しかし、岡村氏は経済的に苦しい女性のことを正しく理解した上で発言しています。つまり現状認識に間違いはないので、そこは批判できません。
では、なにを批判すればいいのかというと、岡村氏の人格です。
「お前は若い女性が経済的に苦しくて風俗嬢になることがそんなにうれしいのか。ゲス野郎!」ということです。

一般的に人の人格をあげつらうのはよいこととはされません。
「そう言うお前の人格はどうなのだ」という反論もありえます。
しかし、岡村氏の発言について考えると、どうしても人格批判に行き着きます。

松本人志氏は「そこまで悪いやつじゃないやん」と言って、人格を擁護しましたが、根本的な間違いです。
松本氏の人格も疑われます。



岡村氏の問題発言の1週間後、相方である矢部浩之氏が「岡村隆史のオールナイトニッポン」に出演し、公開説教みたいなことをしました。

『岡村隆史、矢部浩之が説いた「結婚」以外の方法で“変わる”にはどうするべきか』という記事に、その内容が紹介されていたので、そこから一部を紹介したいと思います。

矢部サンも、岡村サンの女性に対する意見にドン引きすることはあったらしく、こんなエピソードを挙げていました。
■矢部サンが「結婚して、うまくいくコツは何か?」と聞かれ、「ありがとうとごめんなさいを言うこと」と答えたら、岡村サンが「白旗あげたんか」と答えた。女性を敵として見ている。

矢部サンが、岡村サンに指摘したことを箇条書きにしてみます。
■岡村サンは本番中や人がいるところでしか謝らない(オフでは矢部サンに謝らない)。
■プロデューサーやマネージャーにコーヒーをいれてもらっても、「ありがとう」と言わない。
■目上の人に食事に誘われると「ぜひ行かせてください」と表では言うが、マネージャーに「仕事だったことにして」と断らせる。

岡村氏は大物芸能人になったことで、弱者や女性に配慮しない人間になったのでしょうか。

岡村氏は発言について謝罪しましたが、問題は発言ではなく人格にあるので、今後テレビで岡村氏を見ると、悪印象がつきまとう気がします。

ただ、人格といっても変わることはあります。
岡村氏は結婚願望はあるようですから、幸せな結婚をするにはどうすればいいかと真剣に考えることが変わるきっかけになるでしょう。

girl-535251_1920
Rudy and Peter SkitteriansによるPixabayからの画像 

悲惨な幼児虐待事件が起こると、「児童相談所や学校や警察はなにをしていたのか」という怒りの声が上がります。
確かに多くの幼児虐待事件では、子どもの体にアザがあるとか、家から叫び声がするとか、学校に出てこないとかの徴候があるもので、関係機関が連絡を密にして対応していれば防げたのにと感じられることが多いものです。
しかし、人間はいざ幼児虐待のような悲惨なことに直面すると、現実を認めたくないという心理に陥りがちです。というか、人類の歴史において、人間はずっとそうして否認してきました。
ですから私は、「児童相談所や学校や警察はなにをしていたのか」と怒る人もいざ自分がそうした場に直面するとうまく対応できないのではないかと疑っています。

次の記事を読んだとき、改めて私の疑いは間違っていなかったと思いました。

懲りない坂口杏里…何がしたいのか? “母親エピソード”で大炎上
 元カレのホストの自宅マンション内に侵入したとして、住居侵入容疑で逮捕(不起訴処分)された元タレントの坂口杏里(28)。現在はYouTubeで赤裸々告白の投稿を続けているが、ネット上で批判が絶えないのだ。
 今月に入って、YouTubeに「坂口杏里チャンネル」を開設した杏里。7日には2013年に死去した母、坂口良子さんの思い出を語ったのだが「あまりの内容に、“お母さんがかわいそう”などの批判の書き込みが相次ぎました」と芸能サイト編集者。
 幼いころ、机の中に隠していた0点のテストが良子さんに見つかり、こっぴどく叱られたというエピソードを明かした杏里。本来なら、そこからお母さんの優しさに触れるはずが、「柔軟剤をボトルごと、頭にブワーってかけられて」「頭ギトギトのまま、学校に一緒に行って謝罪をした」と一転“ホラー”な話題となったのだ。
 さすがにこれには「ただの悪口」「坂口良子さんのこと悪く言うな」「お母様の名前を出すのはやめましょう」などと書き込みが相次ぐことに。その後も遺産の話などを投稿したが、批判は後を絶たず。チャンネルを閉鎖し、新たに「ANRIちゃんねる」を立ち上げた。
 「ユーチューバーへの転身を宣言しましたが、芸能界復帰への足がかりにしようと思っているならマイナス効果しかない」と先の芸能サイト編集者。
https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190914/enn1909140009-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

柔軟剤を頭からかけられたというのは、十分に虐待といえます。
これは嘘ではないでしょう。嘘を書く理由がありません。
非難する人も嘘だとして非難しているのではありません。

では、なにを非難しているかというと、事実そのもの、あるいは事実を表現したことを非難しているのです。
つまり幼児虐待の否認です。

この記事を書いた人も、「本来なら、そこからお母さんの優しさに触れるはずが」と、自分自身の虐待否認の考えを杏里さんに押しつけています。

こういう心理があるので、児童相談所の職員などでも幼児虐待に適切に対応できなかったりします。
これは職員を一方的に非難しても解決できるものではありません。



私は、この記事を読んで杏里さんの人生が迷走する理由がわかった気がしました。

坂口杏里さんは母親の坂口良子さんといっしょにテレビのバラエティ番組に出るなどして人気になりましたが、良子さんは2013年に死去。杏里さんは2016年ごろに芸能活動をほとんどやめて、キャバクラ嬢になり、AV出演やヘアヌード写真集を出し、デリヘル嬢にもなりました。ホストクラブ通いでできた借金を返すためだと言われていますが、本人は借金のことは否定しています。

ウィキペディアの「坂口杏里」の項目によると、2017年4月に知人のホスト男性から現金3万円を脅しとろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕され(不起訴)、今年8月には同じ男性の自宅マンション内に侵入したとして逮捕されました。

もともと人気あるタレントだったのに、キャバ嬢、AV嬢、風俗嬢、二度の逮捕とみずから“転落”していったのが不可解でしたが、母親から虐待されていたとすれば納得がいきます。
AV嬢には親から虐待されていた女性が多いとされます。自己評価が低いために社会的評価の低い職業に抵抗がないことと、親のいやがることをして親に復讐する心理があるからです。
AV嬢からタレントになった飯島愛さんは「プラトニック・セックス」という自伝で父親から虐待されて家出したことを書いています。
スノーボード選手としてトリノ・オリンピックに出た今井メロ(成田夢露)さんも「泣いて、病んで、でも笑って」という本で、父親から虐待といえる壮絶なスパルタ教育を受けたことを書いていますが、キャバ嬢、風俗嬢、AV嬢になっています(私はこのブログで今井メロさんのことを「スパルタ教育を受ける不幸」という記事で書いたことがあります)。

杏里さんがテレビタレントをやめたのも、それは母親が敷いたレールだったからかもしれません。

母親の坂口良子さんはすばらしい女優でしたが、そのことと母親としてのあり方とはまったく別です。

ほとんどの人は迷走する杏里さんに批判的ですが、そういう人は同時に虐待の事実も否認します(引用した記事もそのスタンスで書かれています)。
虐待の事実を受け入れれば、迷走する杏里さんが理解でき、同情心もわいてくるはずです。

このページのトップヘ